お客様にとってベストプラクティスな相続対策をご提案

相続対策には様々な選択肢があります。たとえば、相続対策を、建築会社に相談に行った場合は、通常他の選択肢を検討せずに、建物を建てましょうという提案になり、またリフォーム会社に相談にいけば、通常リフォームの提案となります。しかし当社では、そういった単一的な提案はせず、お客様にとってベストな選択をして頂けるよう様々な角度から多面的にご提案をさせて頂きます。これもグループの税理士事務所と連携しているからこそできるサービスとなります。

相続対策には多くの選択肢があります…

不動産による
相続対策

アパート・
マンション建築

駐車場として活用

遊休地を売却して投資用マンションを購入

何もしない方が良い

一括借り上げ?

木造?鉄筋コンクリート?

どのハウスメーカーにする?

ジャリ敷き?アスファルト?

ガレージにする?

いくらで売れる?

一括借り上げ?

ワンルーム?高級マンション?

私たちのご紹介(会社案内)

相続税を専門に取り扱う「税理士法人チェスター」のグループ会社です。税理士法人チェスターは、税理士業界トップクラスの相続税案件の取り扱い実績(累計3,000件以上)があり、各種メディアやマスコミでも紹介されている大手の税理士法人です(職員80名以上)。

そして私たち、株式会社チェスターは、税理士事務所のお客様の相続不動産の売却のお手伝いや、相続税対策としての不動産購入・組み替えのお手伝いを専門に取り扱う不動産会社です。税理士事務所系列の不動産会社であるため、安心してご相談頂けます。

株式会社チェスターグループ総勢40名以上 <グループ会社>・税理士法人チェスター・行政書士法人チェスター・チェスター司法書士法人・チェスター公認会計士事務所

相続関連業務

売上に占める相続関連業務

90%以上

不動産業者の中では珍しく、相続関係の不動産業務に特化しています。実際、当社の売上に占める9割以上は相続関連業務となっております。

株式会社チェスターが選ばれる3つの理由

相続税専門の税理士法人系列で、 相続不動産の取り扱いが専門

税理士業界トップクラスの 相続税案件の取り扱い 実績と組織力でご対応 (チェスターグループ全体職員40名以上)

不動産売却時に生じる 税金についての「節税対策」の 提案が可能!詳しく見る

相続不動産の売却は、「手取り額の最大化」がポイント!

売却金額-税金=最大にする

相続不動産を売却する際には2点のポイントがあります。

  • 1.売却金額をできるだけ高くする
  • 2.支払う税金をできるだけ低くする

一般的な不動産会社では、2の税務の視点がないため、自社利益を優先し、お客様が価格に納得いかない状態で売却が進んでしまうことや、税金特例を意識せずに売却を進めてしまうことで、支払う税金が大きくなってしまうこと等が考えられます。

この点、弊社は相続税や資産税を専門に取り扱う税理士法人チェスターの系列の不動産会社であり、不動産譲渡時にかかる税金面も考慮して、売却活動を進めていくことが可能ですので、安心してご相談頂けます。

手取り額の最大化

相続対策に関する6つの事例のご紹介

相続税増税対策としての不動産の有効活用方法


不動産を税金対策として活用するメリット・デメリット


相続税対策としての土地の有効活用方法


相続税対策としてのアパート建築の有効性


高層マンションによる相続対策


ワンルームマンションによる相続対策

ご相談はお気軽に無料

今すぐお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6262-3769

メールでのお問い合わせ

WEB専用フォームはこちら