【業者が教える】おすすめ不動産一括査定サイト徹底比較!2020年版

不動産一括査定サイトのおすすめは?

マンションや一戸建てを売りたいとき、不動産一括査定サイトを利用すれば手間なく同時に複数の不動産会社に査定を依頼することができます

しかし一口に不動産一括査定サイトといってもたくさんあって、

「どれを利用するべきかわからない……」

という方も多いのではないでしょうか。

「営業電話が鳴り止まなくなるのでは……」

といった不安もあるかと思います。

この記事では、数多ある一括査定サイトのどれを使うべきなのか迷われている方に向けて、不動産一括査定サイトを徹底的に比較して分かったおすすめのサイトと、自分に適したサイトの選び方を伝授いたします。

弊社は不動産会社ですが、どの不動産一括査定サイトにも登録していないので、中立の立場から解説していきますよ。

おすすめのサイトを知りたい方
既に不動産一括査定サイトの仕組みについてご存じで、お勧めの不動産一括査定サイトを知りたい方は

3.おすすめの不動産一括査定サイトと活用術

から読み進めてください。

このページで解決します!
Q&A 良くある疑問
一括査定サイトって何?使うべき?
複数の不動産会社に査定を一括で依頼できます。高く売るには不動産会社選びが最重要ですから、一括査定サイトは有効に活用すべきです。
>>もっと詳細を知る
一括査定サイトのデメリットは?
考えなしにたくさんの不動産会社から査定を貰うと、選定段階で余計な手間暇がかかってしまいます。考えておけば回避できます。
>>もっと詳細を知る
不動産一括査定サイトの選び方は?
査定を依頼できる不動産会社の特徴を把握して選びましょう。
>>もっと詳細を知る
おすすめの不動産一括査定サイトは?
物件の種類や条件によって利用すべき一括サイトは変わります。
>>もっと詳細を知る

この記事の監修税理士
監修税理士の税理士法人チェスター代表 福留正明
税理士法人チェスター代表
福留 正明
公認会計士・税理士・行政書士。相続税対策に強みを持つ税理士法人チェスターの代表社員。株式会社チェスターでは、年間100億円以上の売却案件を豊富に取り扱っている。 TV/雑誌など各種メディアからの取材歴多数。また、土地や相続についての書籍も多数出版している。
株式会社チェスターは、総勢190名以上の税理士法人グループの不動産会社です

以下のサイトならスマホからでも
1分で無料査定を依頼できます
おすすめ不動産一括査定サイト3選
HOME4U
HOME4U
まずはここから!一括査定の王道サイト
バランスよく査定が欲しい方向け
イエウール
イエウール
1,600社以上の不動産会社が参加中
幅広い不動産会社から査定が欲しい方向け
おうちダイレクト
おうちダイレクト
ヤフーとソニーが運営。マンションの売却に強い!
マンションを売却したい人向けです。
不動産一括査定サイトについて詳しくはこちら>>

1.不動産一括査定サイトとは?メリット・デメリット紹介

1-1.一括査定サイトは不動産会社選びの救世主

そもそも不動産一括査定サイトとは、不動産の予想売却額を、複数の不動産会社から一括して取り寄せることができるサイトのことです。

不動産一括査定サイトの概念


NTTグループが運営する「HOME4U」や、HOME’Sが運営する「HOME’S一括査定」、Yahoo!などが運営する「おうちダイレクト」などが代表的です。

これらのサイトを利用すると、短時間で簡単に、多くの不動産会社を比較することができるため、優れた不動産会社を見つけることができるのです

メモ
不動産の売却は不動産会社と二人三脚で行っていきます

そのため、どれだけ良い不動産会社と契約できるかが、物件売却の成功において非常に重要なポイントになります。

「自力で不動産会社を探せばよいのでは……?」

と思う方もいるかもしれませんが、自力での不動産会社探しはおすすめできません

複数の不動産会社にそれぞれ問い合わせて査定を取るのは非常に手間がかかるため、比較検討できる会社の数も限られたものになりがちだからです。

また、悪徳業者に騙されてしまうリスクもあります

不動産一括査定サイトの概念


不動産一括査定サイトを利用すれば、この面倒で危険を伴う過程を、手軽に・迅速に済ませることができます

また、一括査定サイト側が、悪徳業者を排除しているので安心して利用できます

不動産一括査定サイトの概念


査定サイト上で売却したい物件の立地や築年数、広さなどと、査定を依頼する方の氏名・連絡先などを入力するだけで、同時に複数の不動産会社に査定を依頼することができます。

不動産会社を探す手間が劇的に改善し、多くの不動産会社を比較検討できるようになるのです

しかも、利用にお金はかかりません

メモ
「どうして無料で利用できるの?」「本当に無料?」などと思う方もいるかもしれませんが、不安に思う必要はありません。
不動産一括査定サイトは、不動産会社からの広告費や仲介料を得て運営されているので、物件を売りたい方は無料で利用することができるのです。

1-2.不動産一括査定サイトにデメリットはないの?対処法を伝授!

うまい話にはウラがある、なんてことをいいますよね。

これまで良い点ばかりをお伝えしてきましたが、あまりに良い点ばかり聞かされると

「実はワナがあるのでは……?」

なんて不安に思ってしまいますよね。

たしかに、注意しなくてはならない点は存在します。

しかし、対処方法を知っておけば大丈夫です。

ここでは、不動産一括査定サイトを利用する際によくある疑問・不安に対する対処法をお伝えします

(1)大量の営業電話がかかってきたらどうする?

査定を依頼すると、

「不動産会社から営業の電話がかかってくるのでは……」

と不安に思う方も多いのではないでしょうか。

たしかに「訪問査定」の場合には日程調整などのために電話連絡が必要になりますが、実は「机上査定」のみの依頼であれば不動産会社と電話したり会ったりする必要性はありません

「訪問査定」と「机上査定」とは
「机上査定」とは、築年数や広さ、立地などの情報を相場と照らし合わせておよそどれくらいで売れるのか概算を行う簡易的な査定。

一方「訪問査定」では、実際に不動産会社の担当者が、売却を予定している物件に足を運んで、不動産の状態なども加えて詳しく見積もりを行う。

机上査定だけを依頼した場合でも電話をかけてくる不動産会社もありますが、その際は電話の対応で信頼できる会社であるかどうか見極めましょう。

もし断ってもしつこく電話をしてくるようであれば、その会社は悪徳業者である可能性があります

万一そのような悪徳不動産会社から電話がかかってくるようになってしまった場合には、撃退できる一言があるので覚えておくと良いでしょう。

それは、

「宅建法に違反していませんか?」

という言葉です。

不動産会社の営業活動は宅地建物取引業法(通称「宅建法」)によって厳しく管理されており、しつこい営業電話は違法行為である可能性があります。

メモ
不動産会社は、法律上は「宅地建物取引業者」といい、国土交通省が管轄し免許制で営業活動を許されています。

「宅地建物取引行法施行規則」では、消費者の不利益とならないよう、以下のように定められています。

・勧誘に先立って宅地建物取引業者の商号または名称、勧誘を行う者の氏名、勧誘をする目的である旨を告げずに、勧誘を行うことを禁止
・相手方が契約を締結しない旨の意思(勧誘を引き続き受けることを希望しない旨の意思を含む)を表示したにもかかわらず、勧誘を継続することを禁止
・迷惑を覚えさせるような時間の電話または訪問による勧誘を禁止

「宅地建物取引業法施行規則(抄) 第十六条の十二」

なお、国土交通省は、口頭で「結構です」「お断りします」と伝えるだけでも、「相手方が契約を締結しない旨の意思(勧誘を引き続き受けることを希望しない旨の意思を含む)を表示」したことになるとしています。

しつこい営業電話にははっきりと「NO」を言うようにすれば、多くの場合で問題なくなりますよ。

(2)どの不動産会社を選んだら良いか分からないときは?

複数の不動産会社から査定結果が届いた際、

「どの不動産会社を選べばよいか分からない……」

と悩んでしまうかもしれませんね。

査定額に大きな差がない場合は、不動産の売却実績と担当者の対応を見て不動産会社を選びましょう

不動産売却は、不動産会社との二人三脚で進めますので、担当者との相性は非常に重要です。
担当者が素早く返信してくれるかや、丁寧な対応をしてくれるかを必ずチェックすると良いでしょう。

また、他社より飛び抜けて高い査定額を提示してくる不動産会社には注意してください。

不動産会社の中には、どうにかして「媒介契約」を結ぼうとして、売れる見込みもない高い金額を提示する不誠実な不動産会社も存在します。

媒介契約とは
一般的には「仲介契約」と呼ばれていますが、不動産売却の仲介に関する契約は正確には「媒介契約」といいます。

不誠実な不動産会社と契約を結んでしまうと、物件を売り出してから「買い手が見つかりません」と安易な値下げを勧められ、売買契約を急かされる場合があるので注意が必要です。

不動産会社の査定が信用できるかどうか見極めたい場合には、査定額の根拠を直接担当者に確認してください

明確な根拠を出さない不動産会社は、信用に値しないと考えて良いでしょう。

メモ
不動産会社は、「宅地建物取引業法 第34項の2 第2項」によって査定価格の根拠を明らかにしなければならないと定められています。

宅地建物取引業者は、前項第二号の価額(※)又は評価額について意見を述べるときは、その根拠を明らかにしなければならない。
※前項第二号の価額……当該宅地又は建物を売買すべき価額又はその評価額

目先の餌に釣られてしまわないよう、事前にインターネットや折込チラシなどで類似の物件がいくらで売買されているかを確認し、相場感を把握しておくと良いでしょう。

不動産一括査定サイトは、正しい知識を持っていればデメリットは殆どありません

不動産売却の際は利用すべきでしょう

2.失敗しない不動産一括査定サイトの選び方

不動産一括査定サイトにはさまざまな種類があります。

「いったいどのサイトを利用すればいいの……」

と困ってしまいますよね。

ここでは、使うべきサイトの選び方を解説します

2-1.参加している不動産会社で選ぶ

利用する一括査定サイトを選ぶ際は、

査定を頼める不動産会社の種類

に注目しましょう。

実は査定を頼める不動産会社の種類は、サイトによって異なります。


不動産会社にも種類があって、例えば地域密着型で地元のことを熟知している不動産会社、マンションに特化した不動産会社、取引件数が多い大手の不動産会社などさまざまです。

自分の物件を高く売ってくれる不動産会社を見つけるためには、このようなさまざまな特色を持った不動産会社からバランスよく見積もりを取れるような一括査定サイトを選ぶことが大切です。

メモ
「大手不動産会社だけから査定をとっていたが、試しにマンション特化の不動産会社から見積もりをとってみたら予想外の高額査定が貰えた」などの話は枚挙にいとまがありません。

2-2.知っておきたい!不動産会社のさまざまな種類とは?

既に説明した通り、不動産会社には、それぞれにさまざまな特色があります

ここでは、不動産会社の大まかな4つの種類とその特徴をご紹介します。

種類によって異なる観点から査定を行なってくれるので、それぞれ最低一社から、査定を貰うようにすると完璧です。

【査定を取るべき不動産会社の種類】

それぞれの特徴を解説します。

種類1.大手の不動産会社

まず、多くの方が思い浮かべるであろう大手の不動産会社です。

大手不動産会社の強みとしては、実績と顧客量の多さが挙げられます。

実績があるということは、その分培われた売却のノウハウがあるということです。また、広い販路を有しているため、買い主が見つかりやすいメリットがあります。

皆さんも名前を聞いたことがあるような大手不動産会社を、数社ご紹介しましょう。

【大手不動産会社】
※横にスクロールできます
企業名 手数料収入
(単位:百万)※
特徴
センチュリー21・ジャパン 31,608 駅前に店舗を多く見かけるCENTURY 21は日本有数の規模を誇る大手不動産会社です。
三菱UFJ不動産販売 19,403 三菱UFJフィナンシャル・グループの不動産会社。中古マンションから事業用不動産まで幅広く取り扱っている。
大京グループ 7,979 ライオンズマンションなどを手掛ける日本有数の不動産グループ。日本全国で幅広い不動産を取り扱っている。
長谷工リアルエステート 3,578 TVCMでもお馴染みの長谷工リアルエステート。マンションに強みを持っている不動産会社。
(公財)不動産流通推進センター「2019 不動産流通統計集(9月期改定) 3不動産流通」
※センチュリー21グループはセンチュリー21・ジャパン加盟店の実績の合計

大手の不動産会社のなかには取扱地域を首都圏や都市部に限っているところもあります。

売りたい物件のある地域を取り扱っている大手があれば、査定を依頼しておきましょう。

種類2.地域密着型の不動産会社

地域密着型の会社は大手のような販路を持たない代わりに、地元を熟知しているのが強みです

その地方ならではのニーズなどを把握して営業活動を行なってくれるでしょう。

また、独自の販路や顧客を抱えていて、そのなかから買い主を見つけてくる場合もあります。

大手と比べると対応しているエリアが限られていますが、地元に根差しているメリットを活かして、大手では出せない高額査定を実現させることもしばしばありますので、忘れずに査定を貰うようにするべきです。

メモ
大規模な会社であっても「小田急不動産」など鉄道会社の系列である不動産会社は、その沿線の地域の物件を多数取り扱っているので、付近の不動産を売却する際は査定を貰うと良いでしょう。

種類3.片手仲介の不動産会社

「片手仲介」専門の不動産会社も、売りたい物件がある地域をカバーしている会社があればチェックしておきたいところです。

「片手仲介」と「両手仲介」とは
不動産会社の多くは売り主と買い主両方の仲介=「両手仲介」を行なっています。

自社で買い主を見つけることができれば双方から手数料を貰い受けて1物件で倍の利益を得ることができるため、なかには無理な両手仲介を目論んで顧客の「囲い込み」を行う不動産会社もあります。

そのようなトラブルを防ぐため、売り主のみの仲介を行う「片手仲介」を専門としている不動産会社は、高い査定額を出してくれる可能性があります。

片手仲介を行う不動産会社で代表的なのは、SRE不動産(旧ソニー不動産)です。

取扱地域は東京・埼玉・神奈川・千葉・大阪・兵庫・奈良に限られていますが、片手仲介専門の不動産会社は売り主の利益だけを追求してくれるため、高い査定額を出してくれる傾向にあります。

売りたい物件が取扱地域にある場合には是非査定を依頼してみてください。

SRE不動産(旧ソニー不動産)の詳細はこちら>>

種類4.特定の物件に強い不動産会社

売りたい物件の種類に合わせて、特定の物件に強い不動産会社に査定依頼することも検討しておきましょう。

例えば首都圏のマンション売買に強い不動産会社や、一戸建ての売買に強い不動産会社など、得意とする物件の種類を特化させた不動産会社があります。

メモ
例えば同じ三菱グループでも、個人向け物件の売買に特化した三菱ハウスネットと、投資用物件の売買に特化した三菱リアルエステートグループに分かれているので、用途に合わせて使い分けることができます。

このようにさまざまな特色を持った不動産会社があるため、利用する不動産一括査定サイトは、「査定できる不動産会社の種類の豊富さ」に着目して選ぶべきです。

3.おすすめの不動産一括査定サイトと活用術

では、どの不動産一括サイトを利用すれば、さまざまな特徴を持った不動産会社にバランスよく査定を依頼できるのでしょうか

数多ある不動産一括査定サイトを、登録されている不動産会社の種類・機能特徴の軸から比較することで分かった

おすすめの不動産一括査定サイトと、その活用術

をご紹介します!

3-1.一括査定サイトおススメの活用術

不動産一括査定サイトのおススメと、その活用術はズバリ以下の通りです

【一括査定サイトのおススメの活用術】
  • ▼ STEP1.
    HOME4U」を利用してバランスよく査定を取る
  • ▼ STEP2.
    HOME’S」を利用して不動産会社の候補を増やす
  • ▼ STEP3.
    おうちダイレクト」を利用し、査定額に不満がなければ大手に依頼する
  • ▼ STEP4.
    ・ 地方であれば、「イエウール」を利用して不動産会社の候補を増やす。
    ・投資物件であれば、「RE-Guide」を利用して不動産会社の候補を増やす
  • ▼ STEP5.
    不動産相場の時期変動を見据えて、数ヶ月に一度、査定を取り直す。
    ※自分の不動産の価格の変動をウォッチする

ステップ毎に詳しく解説していきます。

STEP1. 「HOME4U」を利用してバランスよく査定を取る

まずは、HOME4Uを利用しましょう。

HOME4Uのロゴ



査定を貰う初めてのステップでは、地域密着~大手まで幅広い種類の不動産会社からバランスよく査定を取ることを意識してください

「バランスよく査定を取るのであれば、もっと提携会社の多い不動産一括査定サイトの方が良いのでは?」

という意見もあるでしょう。

しかし、まずはHOME4Uの査定から始めるのが最もオススメです

HOME4Uは日本で最も歴史の長い不動産一括査定サイトです。

登録している業者は、さまざまなエリアや業種からバランスよく厳選されていて、悪徳業者の排除も一歩進んでいます
また、一括査定サイト側で電話サポート体制も用意しています。

不動産売却に慣れていない場合、悪徳業者をきちんと見極めるのは困難です。また、予期せぬトラブルが発生する可能性もあります

そのため、「不動産売却の最初の一歩目」としては、優良業者がバランスよく厳選され、サポートも充実しているHOME4Uがおすすめです。

HOME4Uの詳細はこちら>>

STEP2. 「HOME’S」を利用して不動産会社の候補を増やす

次にHOME’Sを利用して不動産会社の候補を増やしましょう。



HOME’Sを利用する理由は、追加の手間を最小限にしながら、不動産会社の候補数を増やすことができるからです

不動産会社の候補を増やすということは、それだけ不動産会社対応の手間が増えるということになります。

多くの不動産会社から査定を貰うことは良いことですが、一日何回も電話対応するのは非常に手間がかかり、効率的ではありませんよね

実はHOME’Sの一括査定では、連絡手段に優先度をつけて希望を出せます

不動産会社からの連絡手段にメールを使って欲しいのか、電話を使って欲しいのか、こちらの希望を伝えることで、効率的にたくさんの不動産会社を比較できます。

HOME’Sの詳細はこちら>>

STEP3. 「おうちダイレクト」を利用し、査定額に不満がなければ大手に依頼する

STEP2までいけば、充分な数の不動産会社から査定依頼を貰っているでしょう。

ある程度、自分の不動産がいくらで売れそうか、把握できている状態になります。

そのタイミングで、おうちダイレクトの利用を検討しましょう。

おうちダイレクトの一括査定を使って不動産会社と契約をすると、なんと無料で、「Yahoo!不動産」のページに売却する不動産の情報を掲載できます

おうちダイレクトに登録されている不動産会社は、実績充分で知名度も高い業界大手の不動産会社です。

【おうちダイレクトに登録されている不動産会社】
  • ・大京穴吹不動産
  • ・大成有楽不動産販売
  • ・CENTURY21
  • ・ロイヤルハウジング
  • ・POLUS
  • ・大阪宅建協会
  • ・TOHO HOUSE
  • ・オークラヤ住宅
  • ・京急不動産
  • ・SRE不動産(旧ソニー不動産)

この9社以外の不動産会社からの査定も見ておきたいところですが、他の不動産会社と査定額が変わらないのであれば、おうちダイレクトに登録されている不動産会社に仲介を頼むメリットが大きく、高額売却の可能性が高まります。

おうちダイレクトの詳細はこちら>>

STEP4. 特徴のある不動産会社から査定を取る

ここまでのステップで、10社前後の不動産会社から査定を取得できているはずです。

その中から、担当者の対応が良い不動産会社に売却を依頼すれば、基本的には安心して売却できるハズです。

ただし、売却したい不動産が地方にある場合や投資物件の場合、満足いく数の査定が集まらなかったり、納得いく査定額にならない場合もあります

その場合は、イエウールRE-Guideの利用を検討してみましょう。

イエウールは、提携している不動産会社数が多く、地方でもたくさんの不動産会社に査定を依頼できます

Re:Guideには、投資物件に強みを持つ不動産会社が多数登録されています

イエウールの詳細はこちら>>
RE-Guideの詳細はこちら>>

STEP5. 数ヶ月に一度、査定を取り直す

不動産の相場は、時期によって大きく変動します

査定をもらっても、1年後にその価格で売れる保証はどこにもありません。

当たり前ですが、なるべく相場が高い時期に売却したいですよね

そのためには、時期をずらして何度か査定を取得して、不動産価格の変化をチェックすることが大切です

不動産売却を検討しているのであれば、早めに査定を取得して、現時点の不動産価格をチェックしておきましょう。

少し長くなりましたので、再度、お勧めの不動産一括査定サイトの活用ステップをまとめておきます。

【一括査定サイトのおススメの活用術】
  • ▼ STEP1.
    HOME4U」を利用してバランスよく査定を取る
  • ▼ STEP2.
    HOME’S」を利用して不動産会社の候補を増やす
  • ▼ STEP3.
    おうちダイレクト」を利用し、査定額に不満がなければ大手に依頼する
  • ▼ STEP4.
    ・ 地方であれば、「イエウール」を利用して不動産会社の候補を増やす。
    ・投資物件であれば、「RE-Guide」を利用して不動産会社の候補を増やす
  • ▼ STEP5.
    不動産相場の時期変動を見据えて、数ヶ月に一度、査定を取り直す。
    ※自分の不動産の価格の変動をウォッチする


一括査定サイトの活用イメージは湧いてきましたか?

3-2.おすすめの不動産一括査定サイトの詳細情報

ここからは、これまでに紹介した不動産一括査定サイトについて、それぞれもう少し詳しく紹介していきます

【おすすめの不動産一括査定サイト 詳細情報】
(1)HOME4U
HOME4U
不動産一括査定の王道!
NTTデータグループが運営する、日本で最も歴史のある不動産一括査定サイト。
登録されている会社は全て厳しい審査を通った不動産会社のみなので、悪徳業者につかまる心配もなく安心して利用できます。
不動産売却を考えている人なら、ほとんど全ての方におすすめです
おすすめのポイント
  • NTTグループが運営するサービス
  • ② 優良不動産会社が登録しているので、不動産会社選びで失敗しにくい
  • 幅広い不動産会社から査定が欲しい方向け
▼主な不動産会社
  • ・Daiwa House
  • ・東京建物不動産
  • ・三井ホーム
  • ・京阪電鉄不動産株式会社
対象エリア 全国
参加会社数 約1,300社
サイト開始時期 2001年~
運営会社 NTTデータ・スマート・ソーシング
\ 書類不要無料、スマホでも1分で査定依頼 /
(2)イエウール
イエウールのロゴ
最も利用者数の多い査定サービス
イエウールは1600社を超える非常に多くの不動産会社と提携しており、名の知られた中堅〜大手の不動産会社から、地方密着型のあまり知られていない不動産会社まで、一括で査定を申し込むことができます。

クレームの多い不動産会社は排除し、優良企業とだけ提携すると表明しており、安心して利用できるのもポイントです。

おすすめのポイント
  • 利用者数No.1の一括査定サイト
  • 業界最多級の1,600社と提携しており幅広い査定が可能
  • 口コミの悪い不動産会社は自動排除
▼主な不動産会社
  • ・長谷工リアルエステート
  • ・大京穴吹不動産
  • ・HOUSE DO
対象エリア 全国
参加会社数 約1,600社
サイト開始時期 2014年~
運営会社 (株)Speee
\ 書類不要無料、スマホでも1分で査定依頼 /
(3)おうちダイレクト
おうちダイレクトのロゴ
Yahoo!の不動産一括査定
Yahoo!と旧ソニー不動産が運営するサービスです。
マンション売却に強い不動産会社が登録しています。マンションの売却を考えているなら一度利用してみると良いでしょう
また、片手仲介専門の旧ソニー不動産(SRE不動産)に査定を依頼できる唯一の一括査定サイトです。SRE不動産に直接問い合わせるのではなく、おうちダイレクトを経由して問い合わせると、契約後にYahoo!不動産に物件の広告を掲載できるという裏技が使えます。
おすすめのポイント
  • Yahoo!と旧ソニー不動産が運営するサービス
  • ② 片手仲介専門の、旧ソニー不動産(SRE不動産)に査定を出せる唯一の一括査定サイト
  • マンションの売却なら利用するべき
▼主な不動産会社
  • ・SRE不動産
  • ・京急不動産
  • ・POLUS
  • ・CENTURY21
対象エリア 全国
参加会社数 約10社
サイト開始時期 2015年~
運営会社 ヤフー株式会社、SREホールディングス株式会社
\ 書類不要無料、スマホでも1分で査定依頼 /
(4)HOME’S
HOME'Sのロゴ
不動産会社の顔が見える一括サイト
日本最大級の不動産サイト「HOME’S」が運営する不動産査定一括サイトです。
不動産会社の説明が充実していて、担当者の顔まで見れるのはHOME’Sだけの特徴
また、不動産会社からの連絡手段をメールか電話か希望を伝えることもできるので、激しい営業電話に怯える必要もありません
売主ファーストのサイトが嬉しい、今一番注目のサイトです。
おすすめのポイント
  • 不動産会社の情報がおそらく最も充実しているサイト
  • 不動産会社からの連絡手段について希望が出せる
  • 業界トップクラスの不動産会社提携数
▼主な不動産会社
  • ・オークラヤ住宅
  • ・ロイヤルハウジング
  • ・タマホーム不動産
  • ・近鉄不動産
対象エリア 全国
参加会社数 1,779社
サイト開始時期 1997年4月~
運営会社 株式会社LIFULL
\ 書類不要無料、スマホでも1分で査定依頼 /

その他にも様々な特徴を持った査定サイトがあります。

例えば、収益物件の売却を検討しているのであれば、「RE-Guide」を利用してみましょう

通常の物件とは別に、収益物件の査定を依頼できるページが設けられています。収益物件に特化した不動産会社と多数提携しており、同時に最大10社に査定を依頼することができるのも魅力的です。

RE-Guideの詳細はこちら>>

また、マンションを売却するか、賃貸に出すかで悩んでいるのであれば、「マンションナビ」を利用することで売却と賃貸の査定を同時に依頼することができます

マンションナビにはマンション売却に特化した不動産会社が多く参加しているので、マンション売却を検討している方は一度利用する価値があると思います。

また、サイト上で全国の代表的なマンションの売却相場を公開しているので要チェックです。

マンションナビの詳細はこちら>>

更に、最大手の不動産会社に査定を依頼する際は、「すまいValue」を利用しましょう。大手不動産会社6社に一括で査定を依頼できるサイトです。

まとめ

あなたにぴったりの不動産一括査定サイトは見つけられたでしょうか。

不動産会社にはそれぞれにどのような地域をカバーしているのか、どのような物件の取り扱いを得意としているのかといった特色があります。

また、不動産会社と提携して運営を行う不動産一括査定サイトも、どのような不動産会社と提携しているのか、どんな物件の査定に向いているのか、それぞれに異なります。

不動産会社を選ぶ際には、異なる特色を持つ複数の不動産会社に査定を依頼し、結果を比較・検討することが重要です。

複数の不動産査定サイトを横断して活用して異なる特色を持った不動産会社に査定を依頼し、信頼の置ける不動産会社を見つけてください

この記事の要点まとめ
  • 物件を高く売るには、不動産会社選びが最も重要
  • 不動産一括査定サイトを利用すると、複数の不動産会社に一括して査定を依頼できる
  • 異なる特徴をもった不動産会社にバランスよく査定を頼むべき
  • 不動産売却をご希望の方は
    無料査定をご利用ください
    1. STEP1
      地域を入力
    2. STEP2
      物件情報を入力
    3. STEP3
      査定結果が届く
    下記2項目のみ
    カンタン
    1分入力
    複数社から
    売却査定
    都道府県が選択されていません。
    市区町村が選択されていません。
    ご指定いただいたエリアへのお問合せは、現在取り扱っておりません。
    ※下記「売却査定サービスの注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。
    上記フォームからの不動産売却査定サービスの注意点
    上記の不動産一括査定サービスは、弊社ではなく、「HOME4U」が提供しているものとなります。株式会社チェスターは、上記フォームからお客様がご入力いただいた情報を取得いたしません。「HOME4U」は、株式会社NTTデータスマートソーシングが運営を行っており、ご入力いただいた個人情報は、株式会社NTTデータスマートソーシングが管理(収集、利用、提供、委託)します。

    このページについて
    チェスターのロゴ
    株式会社チェスター
    Chester Certified Tax Accountants Co

    事例紹介では、株式会社チェスターが不動産に関連する知識をわかりやすく解説しています。

    株式会社チェスターは、相続税を専門に取り扱う「税理士法人チェスター」のグループ会社です。

    強み

    01 【実績】
    年間100億円以上の売却案件を豊富に取り扱っている

    02 【信頼】
    相続専門 No.1 税理士事務所のグループ会社

    03 【専門性】
    複雑な税務・法務のお悩みにも対応可能