不動産一括査定サイトおすすめ15選徹底比較!より高く売るには?

「不動産を売却したいんだけど、どこの一括査定サイトを使えば良いんだろう?」

このように気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

複数の不動産会社に一括で査定を依頼できる不動産一括査定サイトは年々普及が進んでおり、さまざまなサービスが登場しています。

どのサイトを利用すれば良いのか、どうやったら理想の不動産会社に出会えるのかが知りたいところですよね。

この記事では不動産一括査定サイトを賢く利用するためのコツやおすすめ不動産一括査定サイト、不動産会社選びのポイントなどを徹底的に解説します。

不動産売却のプロ
不動産一括査定サイトを利用すれば簡単に不動産会社を見つけられますよ。

この記事の執筆者
私たちは不動産のプロフェッショナルです。
執筆者の株式会社チェスター(株)チェスター
株式会社チェスターは不動産売買や賃貸の仲介などを行う不動産会社です。特に不動産売却の取扱高は年間100億円を超え、豊富な実績があります。

以下のサイトならスマホからでも
1分で無料査定を依頼できます
1分で無料査定!不動産一括査定サイト5選
実績No.1!幅広い不動産会社が参加する老舗
HOME4U
実績No.1!幅広い不動産会社が参加する老舗
業界をけん引する大手6社直営の査定サイト
すまいValue
大手6社直営!業界をけん引する会社に一括査定依頼
知名度No.1!大手から中小まで幅広く参加
SUUMO
知名度No.1!大手から中小まで幅広く参加
大手不動産情報サイト運営で信頼感が違う!
HOME'S
情報量が充実!不動産会社の雰囲気がよくわかる!
売り主の味方・片手仲介専門の不動産会社
SRE不動産
売り主の味方・片手仲介専門の不動産会社

目次

1.不動産一括査定サイトを利用すべき理由

そもそも不動産一括査定サイトとはどのようなものなのでしょうか。

本当に信頼できるの?
家の近所の不動産会社に相談すれば良いんじゃないの?

と思っている方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし不動産一括査定サイトは不動産売却成功の近道であり、ぜひ利用すべき便利なサービスであるといえます。

せっかく不動産を売却するのであれば、できるだけ高値で買ってもらいたいところですよね。

高値での売却を実現してくれる不動産に出会うためには、複数の不動産会社に査定を依頼することが必須です。

不動産会社によって得意とする不動産の種類や販路などが異なるため、場合によっては査定額に数百万円の差が出る場合もあります。

一社にしか査定を依頼しなければその査定額が妥当なのか判断できませんよね。

他にもっと高い査定額を出してくれる不動産会社があったかもしれないのに、それを知らないまま売りに出してしまうことも考えられます。

より高値での売却を実現させるためには複数の不動産会社に査定を依頼し結果を比較することが重要なのですね。

しかし自力で何社もの不動産会社を調べて査定を依頼するのは時間も手間もかかる大変な作業です。

また悪質な不動産会社にだまされてしまう可能性もあります。

このような悩みを解決してくれるのが不動産一括査定サイトです。

不動産一括査定サイトでは、売りたい不動産の情報や連絡先を入力するだけであなたの不動産がある地域で営業している会社がピックアップされ、そのなかから査定を依頼する不動産会社を選ぶことができます。

最短60秒程度で査定依頼を完了できますよ。

運営各社が悪質な不動産会社の排除に取り組んでいるため、だまされてしまう可能性も少ないと考えられます。

不動産一括査定サイトは不動産を売却したい方の心強い味方だといえるのですね。

2.不動産一括査定サイトを賢く利用するコツ

せっかく不動産一括査定サイトを利用するのですから、いろんな不動産会社に査定を依頼しその結果を見比べたいですよね。

そのためには不動産一括査定サイトをうまく活用することが必要です。

ここでは、不動産一括査定サイトを利用する際のコツをお伝えしましょう。

コツ1 複数の不動産一括査定サイトを利用する

査定依頼の際には複数の不動産一括査定サイトを利用するのがおすすめです。

少し手間に思われるかもしれませんが、ご自分で複数の不動産会社を探すよりは断然楽であるといえるでしょう。

不動産一括査定サイトは、各地の不動産会社がそのサイトに参加することで成り立っているサービスです。

サイトによって参加している不動産会社、つまり査定を依頼できる不動産会社は異なります。

数社しか参加していない不動産一括査定サイトもあれば、3,000社を超える不動産会社が参加しているサイトもあります。

一番参加不動産会社数の多い不動産一括査定サイトを選べば良いんじゃないの?

このように思われるかもしれませんが、サイトによって参加している不動産会社の傾向が違い、異なる特色を持っているといえます。

そのため参加会社数が少なくても、他の不動産一括査定サイトには参加していない不動産会社に査定が依頼できる、という強みを持ったサイトも存在します。

複数の不動産一括査定サイトを使い分けることによってより幅広い不動産会社に査定を依頼できると考えられるでしょう。

コツ2 大手から中小までバランス良く参加するサイトを選ぶ

大手不動産会社が中心となって参加している不動産一括査定サイトもあれば、中小の不動産会社が数多く参加するサイトもあります。

大手の不動産会社が一番安心じゃないかなあ?

このように思う方もいらっしゃるかもしれません。

確かに大手不動産会社の方が顧客数が多く、全国的な売却実績はあるといえるでしょう。

しかし大手不動産会社よりも地域に密着して営業を行っている比較的小規模な不動産会社の方が地域の情報には詳しいケースもあります

そのため、地域のニーズに合った販売方法を熟知していたり独自の販路を持っていたりすることによって高値での売却を実現してくれることもあり、必ずしも大手の方が良いとはいえません。

まずは大手から中小までバランス良く多くの不動産会社が参加しているサービスを選ぶのが良いでしょう。

不動産売却のプロ
大手から中小まで1,800社の不動産会社が参加するHOME4Uなどの利用がおすすめです。

コツ3 売りたい物件に合ったサイトを選ぶ

一括査定サイトによって扱える不動産の種類が異なる場合があります。

一般的な居住用物件しか査定を依頼できないサイトもあれば、土地や投資用物件、店舗など幅広い種類の不動産の査定依頼が行える一括査定サイトもあるのです。

また、なかには特定の種類の不動産の扱いに長けた不動産会社が中心となって参加している不動産一括査定サイトもあります。

そのため売りたい物件に合った不動産一括査定サイトを選ぶのがおすすめです。

例えば都心のマンションの売却をお考えであれば都心を拠点としてマンションの扱いに長けた不動産会社が多くを占めるおうちダイレクトがおすすめです。

他の地方のマンション売却をお考えならマンションナビが良いでしょう。また地方の不動産の売却を検討しているという方には地域密着型の中小規模の会社が多数参加しているイエウールを利用すると良いでしょう。

コツ4 大手の不動産会社が参加するサイトを選ぶ

業界大手と呼ばれる不動産会社は参加不動産会社の多い不動産一括査定サイトにはあまり参加していない傾向にあります。

不動産一括査定サイトは知名度の低い中小の不動産会社にとっては顧客獲得の大きなチャンスですが、大手の不動産会社のなかには一括査定サイトに参加せずとも知名度で査定依頼を受けられるためか、不動産一括査定サイトにはあまり参加しない方針のところもあるのです。

そのため大手の不動産会社が参加している不動産一括査定サイトも利用するのが良いと考えられるでしょう。

不動産売却のプロ
すまいValueは不動産業界大手の6社が直接運営し、この6社だけに査定を依頼できる不動産一括査定サイトです。

3.おすすめ不動産一括査定15サイトを徹底比較

結局、どの不動産一括査定サイトを利用すれば良いんだろう?

というのが気になるところですよね。

売却したい不動産に「人口の少ない地方にある」「特別古い」「居住用物件ではない」などの事情がないのであれば、一般的には以下のように不動産一括査定サイトを組み合わせて利用するのがおすすめです。

不動産一括査定サイトの組み合わせ例
不動産売却のプロ
ここからは代表的な不動産一括査定サイトを比較しつつご紹介していきます。

【不動産一括査定15サイト比較表】
※横にスクロールできます
サイト名 参加
不動産会社数
特徴 同時査定
依頼可能数
運営会社
HOME4U 1,800社 大手から中小までバランス良く参加 最大6社 NTTデータ スマートソーシング
すまいValue 6社 大手6社が共同で運営 最大6社 東急リバブル、住友不動産販売、三菱地所ハウスネット、三井不動産リアルティ、小田急不動産、野村不動産ソリューションズ
SUUMO 不明 知名度ナンバーワンだから安心感も抜群 不明 リクルート
LIFULL HOME’S 3,222社 参加不動産会社数最多クラス 最大10社 LIFULL
イエウール 1,900社以上 地方の中小規模不動産会社も多数参加 最大6社 Speee
おうちダイレクト 8社 都心のマンションに強い不動産会社が中心 最大8社 ヤフー、ソニーグループ
マンションナビ 2,500店舗超 分譲マンション専門の不動産一括査定サイト 最大9社 マンションリサーチ
RE-Guide 800社以上 投資物件の査定にも強い 最大10社 ウェイブダッシュ
リビンマッチ 約2,600事業所 さまざまな不動産の査定依頼が可能 最大6社 リビン・テクノロジーズ
いえカツLIFE 500社 業者買取やリースバックの査定も依頼可能 最大6社 サムライ・アドウェイズ
イエイ 1,700社以上 サポートも万全で安心して利用できる 最大6社 セカイエ
at home 2,122社 エリア内の不動産会社数が一目瞭然 最大5社 アットホーム
タウンライフ不動産売買 150社以上 電話でも査定依頼受け付けが可能 不明 タウンライフ
イエカレ 382社 買取の査定依頼も可能 不明 イクス
すまいステップ 不明 経験豊富な担当者が見つかる 最大4社 Speee
※2021年9月3日時点
※提携不動産会社数は公式サイトに明記されているものもしくは公式サイトに掲載された提携不動産会社を当社が数えたものです。

おすすめ1 HOME4U:安心安全・実績十分の老舗サービス

メリット
全国1,800社の不動産会社が参加
NTTデータグループ運営で安心
デメリット
業界最大手クラスの不動産会社は参加していない
こんな人におすすめ!
安心感のあるサービスを利用したい方
信頼できる不動産会社を探したい方
参加不動産
会社数
1,800社
同時査定依頼可能数 最大6社
査定可能不動産 マンション一室、一戸建て、土地、ビル一室、店舗・事務所・倉庫、マンション一棟、アパート一棟、ビル一棟、その他
代表的な参加不動産会社 三井住友トラスト不動産、三菱UFJ不動産販売、みずほ不動産販売、京王不動産、CENTURY21など

HOME4Uは2001年にサービスが開始された日本で最も歴史の古い不動産一括査定サイトです。

大手から中小まで全国の不動産会社1,800社が参加しており、都市部から地方まで幅広い地域をカバーしています。

またさまざまな種類の不動産を査定に出すことができます。

NTTデータグループの「NTTデータ スマートソーシング」という官公庁などとも取引がある企業が運営しているので、「個人情報を悪用されるのでは?」などと不安を感じている方でも安心して利用できるでしょう。

また悪質な不動産会社を排除するための独自の取り組みを行っている点も魅力的です。

同時に最大6社まで査定依頼が可能なので、きっと信頼できる不動産会社を見つけることができますよ。

おすすめ2 すまいValue:業界をけん引する大手6社が運営

メリット
業界トップクラスの大手6社に一括査定が依頼できる
他の一括査定サイトでは依頼できない大手企業が参加
デメリット
6社以外の不動産会社には査定を依頼できない
こんな人におすすめ!
業界トップの不動産会社に査定を依頼したい方
名前を知っている安心感のある会社に査定を依頼したい方
参加不動産
会社数
6社(全国900店舗)
同時査定依頼可能数 最大6社
査定可能不動産 マンション、一戸建て、土地、マンション一棟、ビル一棟、アパート一棟、その他
運営不動産会社 東急リバブル、住友不動産販売、三菱地所ハウスネット、三井のリハウス、小田急不動産、野村不動産ソリューションズ

すまいValueは、不動産仲介を行う不動産会社のなかでも特に大手といえる6社が共同で運営を行う不動産一括査定サイトです。

東急リバブル、住友不動産販売、三菱地所ハウスネット、三井のリハウス、小田急不動産、野村不動産ソリューションズ(野村の仲介+)が運営を行っています。

参加不動産会社数は少ないものの、複数の大手不動産会社に同時に査定を依頼できるという唯一無二の特長があるため、利用価値が高いサイトだといえるでしょう。

なかにはすまいValueにしか参加していない大手不動産会社もあります。

参加不動産会社数の多い他の不動産一括査定サイトと併せてぜひ利用しておきたいサービスだといえるでしょう。

おすすめ3 SUUMO:知名度ナンバーワンで安心感も抜群

メリット
大手から中小まで幅広い不動産会社が参加
参加している不動産会社の詳細な情報が確認できる
デメリット
一部地域は取扱対象外
大手3社には査定依頼できない
こんな人におすすめ!
都市部の不動産を売却したい方
まずは大手サービスを利用したい方
参加不動産
会社数
不明
同時査定依頼可能数 不明
査定可能不動産 マンション一室、一戸建て、土地
代表的な参加不動産会社 野村不動産ソリューションズ、大京穴吹不動産、CENTURY21、京王不動産、東宝ハウスグループなど

賃貸探しのポータルサイト「SUUMO」をご存知の方は多いのではないでしょうか。

実はSUUMOは不動産一括査定サイトも運営しているのです。

耳なじみのあるサービスだから安心感が違うといえますよね。

大手から地域に密着した中小まで、非常に幅広い不動産会社が参加しているのできっと信頼の置ける不動産会社が見つかりますよ。

売却実績や営業スタッフの人数など査定を依頼できる不動産会社に関する詳細な情報が確認できるのもうれしいポイントです。

一部地域が取扱対象外となっているのが唯一のデメリットといえますが、まずはご自分の売りたい不動産で利用ができるか気軽に確かめてみるのが良いでしょう。

おすすめ4 LIFULL HOME’S:参加不動産会社数最多クラス

メリット
3,222社の不動産会社が参加
総掲載物件数ナンバーワンの物件サイトが運営
デメリット
大手3社には査定依頼できない
こんな人におすすめ!
地方の物件をお持ちの方
安心感のあるサービスを利用したい方
参加不動産
会社数
3,222社
同時査定依頼可能数 最大10社
査定可能不動産 一戸建て、土地、マンション、投資用区分マンション、投資用一棟アパート・マンション、倉庫・工場
代表的な参加不動産会社 三井住友トラスト不動産、三菱UFJ不動産販売、みずほ不動産販売、京王不動産、大成有楽不動産販売など

HOME’S一括査定は総掲載物件数ナンバーワンの不動産ポータルサイトLIFULL HOME’Sが運営する不動産一括査定サイトです。

CMなどでHOME’Sの名前を聞いたことがあるという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

全国3,000社を超える不動産会社が参加しており、他の不動産一括査定サイトでは不動産会社を見つけられなかった場合でもHOME’S一括査定なら信頼のおける不動産業者を見つけられる可能性が高いといえます。

またユーザーが安心して利用できるよう工夫が凝らされているのもうれしいポイントです。

HOME’Sが設けた独自の基準をクリアしている不動産会社だけが参加しており、個人情報の取り扱いも徹底されています。

きっと相性の良い不動産会社を見つけることができますよ。

おすすめ5 イエウール:地方の物件を売りたい方におすすめ

メリット
全国1,900社以上の不動産会社が参加
地方の物件も査定依頼が出せる可能性が高い
デメリット
大手3社には査定依頼できない
こんな人におすすめ!
地方の不動産を売却したい方
参加不動産
会社数
1,900社以上
同時査定依頼可能数 最大6社
査定可能不動産 分譲マンション、一戸建て、土地、一棟アパート・一棟マンション、区分マンション(収益)、一棟ビル、区分所有ビル(一室)、店舗・工場・倉庫、農地、その他
代表的な参加不動産会社 三井住友トラスト不動産、みずほ不動産販売、住友林業ホームサービス、近鉄不動産、CENTURY21など

イエウールは全国1,900社を超える不動産会社が参加する不動産一括査定サイトです。

なんといってもその強みは日本全国の幅広い不動産会社が参加していること。

誰もが知っている大手不動産会社だけでなく、地域密着型の小さな不動産会社も多数参加しています。

「大手の不動産会社の方が安心できるんじゃない?」

などと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、地域を熟知している不動産会社は独自の顧客を抱えているため高額で売却できる場合もあります。

他の一括査定サイトでは不動産会社を見つけられなかったという地方の物件でも、イエウールならぴったりの不動産会社が見つけられるかもしれません。

地方の物件の売却を考えていらっしゃる方には特にイエウールがおすすめだといえますよ。

おすすめ6 おうちダイレクト:都会のマンション査定におすすめ

メリット
Yahoo!不動産に物件が掲載できる
SRE不動産への一括査定依頼も可能
デメリット
地方の物件や一軒家などは対応外の場合もある
参加不動産会社数が少ない
こんな人におすすめ!
都市部のマンションを売却したい方
参加不動産
会社数
8社
同時査定依頼可能数 最大8社
査定可能不動産 マンション、土地、一戸建て、一棟マンション・アパート、その他建物
参加不動産会社 大京穴吹不動産、大成有楽不動産販売、CENTURY21、ロイヤルハウジング、POLUS、オークラヤ住宅、京急不動産、SRE不動産(旧ソニー不動産)

おうちダイレクトはヤフーとソニーグループが共同で運営する不動産一括査定サイトです。

おうちダイレクトを通じて査定依頼した不動産会社と仲介契約を結ぶと、Yahoo!不動産とおうちダイレクトが売却活動をサポートしてくれるという大きなメリットがあります。

ネット上で不動産を探す方が非常に多くなっている現在、Yahoo!不動産が売却活動をサポートして広告掲載を行ってくれるのはうれしいポイントですよね。

参加不動産会社の数は少ないものの、参加している不動産会社にはマンション売買を中心に都市部で事業展開している不動産会社が多いので都市部のマンションを売りたいと考えている方にはぴったりのサービスです。

また売り主のみの仲介を行う「片手仲介」専門で他社よりも高い査定額を出してくれるといわれているSRE不動産に一括査定が依頼できる唯一の不動産一括査定サイトである点も大きなメリットだといえるでしょう。

片手仲介とは
不動産会社が売り主か買い主、どちらか一方とのみ仲介契約を結ぶ形態のことです。

片手仲介は契約を結んだ売り主(または買い主)の利益を優先するため、片手仲介専門の不動産会社に売却を依頼した場合には高値で売れる傾向にあるといわれています。

サービスエリアは東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、京都府、奈良県に限られていますが、SRE不動産に査定依頼をしたいという方も要チェックですよ。

おすすめ7 マンションナビ:マンション査定ならお任せ

メリット
マンション売却に強い不動産会社が多数参加
売却だけでなく賃料の査定もできる
デメリット
マンション以外の物件には対応していない
こんな人におすすめ!
マンションの売却や賃貸を検討している方
参加不動産
会社数
2,500店舗超
同時査定依頼可能数 最大9社
査定可能不動産 マンション
代表的な参加不動産会社 三菱UFJ不動産販売、ピタットハウス、CENTURY21、日本住宅流通、みずほ不動産販売など

マンションナビマンションに特化した一括査定サイトです。

全国のマンションを取り扱える不動産会社が2,500店舗超参加しています。

マンションの売却を検討している方は利用して損はないサービスだといえるでしょう。

また、マンションナビでは売却価格の査定だけではなく、物件を賃貸にした場合の賃料も査定することが可能です。

売却か賃貸かで迷っている場合にもぴったりのサービスだといえますね。

おすすめ8 RE-Guide:投資物件の査定に強い

メリット
運営15年目の老舗で安心して利用できる
売却だけでなく賃料の査定も可能
デメリット
参加不動産会社数が多くない
こんな人におすすめ!
投資物件の売却や賃貸を検討している方
参加不動産
会社数
800社以上
同時査定依頼可能数 最大10社
査定可能不動産 マンション、一戸建て、土地、アパート一棟、マンション一棟、事務所・店舗ビル一棟、事務所・店舗ビル一室、その他
代表的な参加不動産会社 みずほ不動産販売、近鉄不動産、三井住友トラスト不動産、スターツピタットハウス、三菱UFJ不動産販売など

RE-Guide運営15年の老舗不動産一括査定サイトです。

長年続いているということはそれだけ利用者から支持を集めている信頼できるサービスといえますよね。

収益物件の売却査定を得意とする不動産会社が多数参加しており、居住用物件だけでなく投資用マンションなどの査定にもぴったりのサービスです。

売却査定だけでなく賃料査定にも対応しているため、使い道に困っている物件をお持ちの方におすすめの不動産一括査定サイトですよ。

おすすめ9 リビンマッチ:売却査定以外のサービスも充実

リビンマッチ
メリット
参加している不動産会社が多い
売却査定以外のサービスも充実
デメリット
大手3社には依頼できない
こんな人におすすめ!
投資物件の売却や賃貸を検討している方
参加不動産
会社数
約2,600事業所
同時査定依頼可能数 最大6社
査定可能不動産 分譲マンション、一戸建て、土地、一棟アパート・一棟マンション、投資マンション(1R・1K)、一棟ビル、区分所有ビル(ビル一室)、店舗・工場・倉庫、農地、その他
代表的な参加不動産会社 大成有楽不動産販売、オークラヤ住宅、大京穴吹不動産、住友林業ホームサービス、近鉄不動産など

リビンマッチには中堅規模の不動産会社を中心に約2,600の事業所が参加しています。

参加している不動産会社が多い分、他の一括査定サイトより高い査定価格が出る可能性もあるといえるでしょう。

東証マザーズ上場の企業が運営しているため信頼性も高いといえます。

ただし業界最大手クラスの企業には査定を依頼できない点には注意が必要です。

他の不動産一括査定サイトと併せて利用するのが良いと考えられますね。

またリビンマッチでは売却査定だけでなく賃貸経営や土地活用に関するサービスも提供しています。

所有している不動産の使い道に悩んでいる方は賃料査定などのサービスも併せて利用してみましょう。

おすすめ10 いえカツLIFE:訳あり不動産の売却に強い

いえかつLIFE
メリット
売却だけではなく買取、リースバックの査定もできる
売却までの期間の目安が分かる
デメリット
参加不動産会社が少ない
こんな人におすすめ!
売却の方法に悩んでいる方
売却までの期間を知りたい方
参加不動産
会社数
500社
同時査定依頼可能数 最大6社
査定可能不動産 分譲マンション、一戸建て、土地、一棟アパート・一棟マンション、投資マンション(1R・1K)、再建築不可物件、借地権、底地、その他
代表的な参加不動産会社 京急不動産、京王不動産、大成有楽不動産販売、大京穴吹不動産、CENTURY21など

いえカツLIFEは相続や離婚、金銭問題、空き家といった事情があって手放さなければならなくなってしまった不動産の売却に特化した不動産一括査定サイトです。

通常の仲介での売却査定だけでなく、いえカツLIFEでは買取・リースバックの査定も依頼できます

メモ
不動産売却では不動産会社に買い主探しを依頼する「仲介」が一般的ですが、場合によっては不動産会社に不動産を直接買い取ってもらう「買取」も可能です。
リースバックとは
住んでいる家を売却した上で賃貸として住み続けることができるサービスです。住み慣れた家で生活しながら、まとまった資金調達ができます。

その上、不動産会社ごとに売却までの目安期間も知ることができます

何らかの事情があり、限られた時間のなかでなるべく高額で売却したいという方の心強い味方です。

売却方法に悩んでいるという方もいえカツLIFEに相談することで解決するかもしれませんよ。

おすすめ11 イエイ:サポート体制も万全で安心

イエイ
メリット
大手不動産から地元密着型の中小不動産まで幅広く参加している
デメリット
大手6社には査定の依頼ができない
こんな人におすすめ!
不動産売却に伴うトラブルを避けたい方
参加不動産
会社数
1,700社以上
同時査定依頼可能数 最大6社
査定可能不動産 分譲マンション、一戸建て、土地、ビル一室、マンション一棟、アパート一棟、ビル一棟、工場・倉庫、その他、店舗・事務所、農地・畑・田んぼ、山林
代表的な参加不動産会社 HOUSE DO、CENTURY21、ピタットハウス、大京穴吹不動産、西鉄の仲介など

イエイは大手不動産会社から地元密着の中小規模の不動産会社まで、1,700社以上の不動産会社と提携している不動産一括査定サイトです。

イエイユーザーが安心してサービスを利用できるよう、サポート体制の充実に力を入れています

専門的な知識を持ったスタッフが常駐しており、不動産売却に関する相談を全て無料で受け付けてくれます。

査定依頼時だけでなく以降もフォローがあるので不動産会社の対応に不安を覚えた際などにも安心ですね。

また不動産会社からしつこい勧誘があった場合には、イエイに登録していない不動産会社であっても代わりに断ってくれるサービスも実施しています。

おすすめ12 アットホーム:CMでもおなじみの大手企業が運営

メリット
大手不動産情報会社が運営しているため安心
全国の不動産会社が参加しているため地方の方でも利用しやすい
デメリット
査定できる物件種別が限られている
こんな人におすすめ!
地方にお住まいで信頼できる不動産一括査定サイトを探している方
参加不動産
会社数
2,122社
同時査定依頼可能数 最大5社
査定可能不動産 マンション、一戸建て、土地、一棟マンション・アパート
代表的な参加不動産会社 大成有楽不動産販売、オークラヤ住宅、CENTURY21、朝日住宅、三菱UFJ不動産販売など

不動産ポータルサイト「アットホーム」のことは皆さんご存じでしょう。

賃貸などを探すためのサイトという印象が強いかもしれませんが、アットホームは不動産一括査定サービスも提供しています。

全国の2,000社を超える不動産会社が参加しているためきっとあなたの不動産を売却してくれる不動産会社も見つかると考えられるでしょう。

知名度が高い企業ですから安心して利用できるのもうれしいですよね。

おすすめ13 タウンライフ不動産売買:電話で査定依頼も可能

タウンライフ不動産売買
メリット
Webだけでなく電話でも査定依頼ができる
デメリット
参加不動産会社が多くはない
こんな人におすすめ!
パソコンやスマートフォンの操作が不安だったり面倒だったりする方
参加不動産
会社数
150社以上
同時査定依頼可能数 最大6社
査定可能不動産 分譲マンション、一戸建て、土地、一棟アパート・一棟マンション、投資マンション(1K・1R)、一棟ビル、区分所有ビル(ビル一室)、店舗・工場・倉庫、農地、その他
代表的な参加不動産会社 HOUSE DO、ポラスグループなど

タウンライフ不動産売買では電話での査定依頼も可能です。

サービスを利用した方は無料で不動産売却の基礎知識や成功するためのコツを学べる「不動産売却パーフェクトガイド」をゲットすることができます。

参加不動産会社数は少ないものの実際に利用した方の満足度は高いので気になる方は利用してみると良いでしょう。

おすすめ14 イエカレ:買取の査定依頼も可能

イエカレ
メリット
買取の査定依頼も可能
デメリット
参加不動産会社数が大手サービスに比べ少ない
こんな人におすすめ!
買取での売却を検討している方
参加不動産
会社数
382社
同時査定依頼可能数 不明
査定可能不動産 分譲マンション、一戸建て、土地、アパート(一棟)、マンション(一棟)、ビル(一棟)、店舗・工場・倉庫、区分所有ビル(一室)、その他
代表的な参加不動産会社 ピタットハウス、HOUSE DO、オークラヤ住宅、京王不動産、エイブルなど

イエカレの特徴は仲介だけではなく、買取の場合の査定も一括で依頼できる点にあります。

参加不動産会社は大手サービスに比べ少なめですが、売却を急いでいるなどの理由から買取での売却を検討しているという方はイエカレを利用してみると良いでしょう。

仲介の場合と買取の場合、どちらの査定も依頼できるのでどちらで売却するか迷っているという方にもぴったりですよ。

おすすめ15 すまいステップ:ベテラン担当者が見つかるかも

すまいステップ
メリット
経験豊富な担当者が見つかる可能性が高い
デメリット
参加不動産会社数が不明
こんな人におすすめ!
経験豊富な担当者に物件を任せたい方
参加不動産
会社数
不明
同時査定依頼可能数 最大4社
査定可能不動産 マンション、一戸建て、土地、ビル一室、店舗・事務所・倉庫、アパート一棟、マンション一棟、ビル一棟、その他
代表的な参加不動産会社 住友林業ホームサービス、積水ハウス不動産関西、日本住宅流通、京王不動産、東武住販など

すまいステップイエウールを運営する株式会社Speeeが運営する不動産一括査定サイトです。

少しでも高値で早期での売却を実現できるよう、すまいステップでは宅地建物取引士の資格保有者、仲介での売買営業経験が5年以上、累計100件以上の売買実績を持つなど、不動産会社のなかでもエース級の営業担当者が対応することになっています。

経験豊富で知識を持った担当者に対応してもらえたら安心ですよね。

4.不動産会社選びのコツ

不動産会社はどうやって選ぶのが良いんだろう?

このように気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

事前の知識なく不動産会社に査定を依頼すると、査定結果が出揃ったときにどの不動産会社を選ぶべきなのか迷ってしまうかもしれません。

仲介での売却の査定額はあくまでこれくらいの値段で売れるだろうという目安でしかなく、その価格での売却を約束するものではありません

査定額はあくまで不動産会社選びのポイントの一つと捉えておいた方が良いでしょう。

売りに出した不動産が売れるまでにどれくらいの時間を要するのか、いくらで売れるのかといった点は不動産会社の担当者の腕にかかっている部分が大きいといえます。

不動産会社選びこそが不動産売却の成功を左右するといえるのですね。

ここでは不動産会社選びのコツをお伝えしましょう。

コツ1 6〜10社程度に机上査定を依頼して絞り込む

実は不動産の査定は「机上査定(簡易査定)」と「訪問査定」の2種類に分けられます。

机上査定とは立地や広さ、間取り、築年数などの物件の情報と周辺の不動産の取引価格や市場動向などのデータをもとに査定額の算出を行う査定のことです。

訪問査定では机上査定の結果をもとに、不動産会社の担当者が現地を訪問して物件の状態や周辺環境などを加味して査定額を算出します。

机上査定を受けてから訪問査定に進むのが一般的で、不動産一括査定サイトで依頼できるのも机上査定です。

まずは不動産一括査定サイトを通じて6〜10社ほどに机上査定を依頼しましょう。

机上査定であれば不動産会社の訪問を受ける必要がないので気軽に受けることができます。

机上査定の結果が出揃ったら、結果が気になる2〜3社に訪問査定を依頼すれば良いのです。

実際に担当者の対応などを確認することで本当に信頼のおける不動産会社であるのか見極めることができるでしょう。

机上査定と訪問査定

コツ2 査定額の根拠を確かめる

不動産会社各社が査定報告書を提出してきたら、まず気になるのは査定額ですよね。

このとき、他社に比べてとりわけ高い査定額を提示してきている不動産会社があるかもしれません。

しかし他社に比べ特別に査定額の高い不動産会社に飛びついてしまうのは早計だといえるでしょう。

もちろん担当者の腕や独自の販路などによって他社よりも高く売却が可能な不動産会社もあり、そのような会社を選ぶための査定の比較です。

しかし仲介での売却の場合不動産会社がその不動産を買い取るわけではないため、査定額はあくまで「このくらいの値段で売れるはず」という想定に過ぎません。

なかには仲介手数料を目的に高い査定額を出して仲介契約を結ばせ、いざ売却活動を始めるとあれこれと理由をつけて値下げを促し売却を急がせる不動産会社もあります。

そのため査定額が高いという理由だけで飛びつくのは危険だといえるでしょう。

悪質な不動産会社にだまされてしまわないためには、査定額の根拠を確認することが重要です。

不動産会社について定めた法律「宅地建物取引業法」の第34条の2第2項においても、以下のとおり根拠を提示することが義務付けられています。

宅地建物取引業法 第34条の2第2項
宅地建物取引業者は、前項第2号の価額又は評価額について意見を述べるときは、その根拠を明らかにしなければならない。

他社に比べて高い理由などをはっきりと答えることができる不動産会社であれば、信頼に値すると考えられます。

コツ3 担当者の対応を見極める

査定結果だけでなく、担当者の対応もチェックしておくようにしましょう。

仲介での不動産売却は一般的に3〜6カ月ほどかかるといわれています。

担当者とは数カ月にわたってやりとりすることになるので、コミュニケーションにストレスを感じさせない相手が良いですよね。

また担当者は売却活動時の顔にもなります。

対応が丁寧であるか、迅速であるか、質問した際に的を射た答えが返ってくるかといった点を意識して確認すると良いでしょう。

担当者には以下のようなことを聞いておくと安心して進められますよ。

【不動産会社選びの際に確認しておきたいポイント】
  • ・売却活動はどのように行うのか
  • ・売却したい種類の不動産の売却実績がどれくらいあるか
  • ・売却したい不動産のある地域にどれくらい詳しいか
  • ・他社とどのようにサービスが違うのか
  • ・どれくらいの期間で買い主が見つかる見込みか

5.まとめ

不動産がいくらで売れるか、売却までにどのくらいの期間がかかるかは担当者の腕にかかっている部分が大きく、不動産売却において、不動産会社選びは最も重要な過程であるといっても過言ではありません。

信頼のおける不動産会社を選ぶためには複数の不動産会社に査定を依頼しその結果を見比べることが必須ですが、ご自分で何社もの不動産会社を探してそれぞれに査定を依頼するのは手間や時間がかかってしまいます。

そこで不動産一括査定サイトが心強い味方となってくれるのですね。

簡単に不動産会社が見つかるだけでなく、悪質な不動産会社にだまされるリスクも小さくなると考えられます。

サイトによって参加している不動産会社は異なるので複数の不動産一括査定サイトを利用し、さまざまな特色を持つ不動産会社に査定を依頼してみましょう。

不動産一括査定サイトを利用する際には6〜10社の不動産会社に査定を依頼し、査定額の根拠や担当者の対応ぶりなどを確認しながら実際に査定を依頼する不動産会社を選びましょう。

不動産売却のプロ
以下のような不動産一括査定サイトがおすすめですよ。

以下のサイトならスマホからでも
1分で無料査定を依頼できます
1分で無料査定!不動産一括査定サイト5選
実績No.1!幅広い不動産会社が参加する老舗
HOME4U
実績No.1!幅広い不動産会社が参加する老舗
業界をけん引する大手6社直営の査定サイト
すまいValue
大手6社直営!業界をけん引する会社に一括査定依頼
知名度No.1!大手から中小まで幅広く参加
SUUMO
知名度No.1!大手から中小まで幅広く参加
大手不動産情報サイト運営で信頼感が違う!
HOME'S
情報量が充実!不動産会社の雰囲気がよくわかる!
売り主の味方・片手仲介専門の不動産会社
SRE不動産
売り主の味方・片手仲介専門の不動産会社

株式会社チェスター
株式会社チェスター税理士法人チェスターグループの不動産会社です。年間100億円以上の売却案件を取り扱っています。グループには税理士法人の他、司法書士事務所もあり、各分野の専門家と連携してスムーズに不動産売却・購入を進められます。特に相続不動産の売却や、相続対策の不動産購入に多くの実績があります。
取締役阿部 雅行
取締役阿部 雅行
宅地建物取引士二級建築士。戸建て分譲住宅の企画、不動産仲介業務、相続不動産の売買に関する業務などを経験した後、2015年に株式会社チェスターの取締役に就任。
株式会社チェスター取締役の阿部雅行

不動産一括査定の申し込みをする(無料)
【査定する物件】の情報を入力してください
都道府県が選択されていません。
市区町村が選択されていません。
ご指定いただいたエリアへのお問合せは、現在取り扱っておりません。
※下記「売却査定サービスの注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。
上記フォームからの不動産売却査定サービスの注意点
上記の不動産一括査定サービスは、弊社ではなく、「HOME4U」が提供しているものとなります。株式会社チェスターは、上記フォームからお客様がご入力いただいた情報を取得いたしません。「HOME4U」は、株式会社NTTデータスマートソーシングが運営を行っており、ご入力いただいた個人情報は、株式会社NTTデータスマートソーシングが管理(収集、利用、提供、委託)します。

このページについて
チェスターのロゴ
株式会社チェスター
Chester Certified Tax Accountants Co

事例紹介では、株式会社チェスターが不動産に関連する知識をわかりやすく解説しています。

株式会社チェスターは、相続税を専門に取り扱う「税理士法人チェスター」のグループ会社です。

強み

01 【実績】
年間100億円以上の売却案件を豊富に取り扱っている

02 【信頼】
相続専門 No.1 税理士事務所のグループ会社

03 【専門性】
複雑な税務・法務のお悩みにも対応可能

この記事の目次