不動産売却で知らないと騙される【7つの注意点】とおすすめの業者

不動産を売却するという経験は、通常、一度の人生において何度も経験するものではありません。

不動産の売却には、数千万円という大きな金額が動きます。

売却を依頼する不動産会社や買主にいいようにされない(騙されない)ために、基本的な知識・注意点をしっかり押さえておきましょう

この記事では、不動産売却に関連する7つの注意点と、売却の際に利用したいおすすめの業者を紹介します。

※おすすめの業者を知りたい方は「3. 少しでも高く売りたい!おすすめの業者と選び方」から読み進めてください。

不動産売却のプロ
不動産を売却する際の最低限の注意点簡単な流れをこちらでご紹介します!
このページで解決します!
Q&A 良くある疑問
売却時に気を付けたい注意点は?
売却のステップに応じていくつかの注意点があります。
>>もっと詳細を知る
不動産の種類によっても注意点は変わる?
変わります。ローンの状況や相続目的か否かなどで異なる注意点があります。
>>もっと詳細を知る

この記事の監修税理士
監修税理士の税理士法人チェスター代表 福留正明
税理士法人チェスター代表
福留 正明
公認会計士・税理士・行政書士。相続税対策に強みを持つ税理士法人チェスターの代表社員。株式会社チェスターでは、年間100億円以上の売却案件を豊富に取り扱っている。 TV/雑誌など各種メディアからの取材歴多数。また、土地や相続についての書籍も多数出版している。
株式会社チェスターは、総勢190名以上の税理士法人グループの不動産会社です

以下のサイトならスマホからでも
1分で無料査定を依頼できます
おすすめ不動産査定サイト3選
HOME4U
HOME4U
実績No.1!一括査定の王道サイト
優良不動産会社から幅広い査定が欲しいかた向け
HOME'S
HOME'S
不動産会社の顔が見える唯一の査定サイト
価格+不動産会社の特色を知りたい方向け
SUUMO
SUUMO
知名度No1!大手・地場問わず全国の不動産会社が参加中!
売却実績などで不動産会社を比較したい方向け
不動産一括査定サイトについて詳しくはこちら>>

1.不動産を売却する際の時系列に沿った7つの注意点

不動産を売却するときには、売却時の段階(4つの段階)に応じてそれぞれ気をつけておきたい注意点があります。

【売却時の7つの注意点】

 

実際に、それぞれの段階でどのような注意点があるか、売却の流れを追いながら見ていきましょう

1-1.不動産会社を選ぶ際の注意点

不動産会社を選ぶ際は、以下の点に注意してください

【注意点①】必ず相見積もりを取る

不動産会社を選ぶときは、必ず「相見積もり(複数社に見積もり)」を取りましょう。

1社のみに査定相談をして売却を行うのは絶対に避けてください

もし、1社だけに依頼した場合、その会社が、高値で売れてトラブルのない顧客をつけてくれるサービスの良い会社なのか、ただ効率よく、手っ取り早く仲介手数料を稼ぐことだけを考える悪い会社かの判断が非常に難しいからです。

よくTVCMで名前を聞く大手の会社だからといって、安心ということは決してありません

メモ
「その不動産を購入した不動産会社」に売却をお願いする必要はありません。購入時と売却時で不動産会社が違っても構いません。特に義理立てする必要はないでしょう。さらに、駐車場や賃貸物件の場合、「その不動産の管理を任せている不動産会社」に売却をお願いする必要もありません。管理をしているからと言って、売却に強いとは限らないからです。

【注意点②】査定書をもらう

相見積もりを取る際の注意点ですが、口頭ではなく必ず査定書をもらうようにしましょう。

「〇〇円くらいで売れますよ~」といういい加減な営業トークで、とりあえず契約を促すような不動産会社は避けた方が無難です

正式な査定金額を書面で出してもらうように依頼し、仮にそういったものは出せないということでしたら、その不動産会社は依頼先の対象から外しましょう。

不動産売却のプロ

基本中の基本です!

口頭での約束は信用してはいけません!

【注意点③】査定額は時期によって変わる

不動産の価格は、時期によって変動します。

見積もりを何度かとっておかないと、時期が悪くて価格が下がっていても気付けません

できるだけ高い価格が付く時期に売却するために、自分の不動産の見積額の変化を把握しておきましょう

売却までまだ時間がある方や、本当に売却するかまだ悩んでいる方も、ひとまず早めに現状の見積もり額だけは確認しておきましょう

不動産売却のプロ

不動産の見積もりを一度しかしていない方は、このタイミングでもう一度市場価格を確かめておきましょう

売り時を逃したり、売り急いでしまわないように注意しましょう。

【注意点④】不動産会社の種類は分散させる

実際に見積もりを依頼する際は、幅広い種類の不動産会社からバランスよく見積もりを取ることを意識してください。

大手ではなく地域密着型の不動産会社の方が、高い査定額を出すことも少なくありません

また、不動産会社にはそれぞれ得意な分野があって、例えばマンションが得意な不動産会社と一戸建て売却が得意な不動産会社は異なります。

注意
業者によっては買取価格に数百万円の違いがでることがあります。

そのため、できるだけ幅広い不動産会社に、あなたの不動産の価値を見てもらいましょう

不動産一括査定サイトを使えばバランスよく複数の不動産会社から査定を取得できます。

おすすめ不動産一括査定サイト3選
HOME4U
HOME4U
実績No.1!一括査定の王道サイト
優良不動産会社から幅広く査定が欲しいかた向け
HOME'S
HOME'S
不動産会社の顔が見える唯一の査定サイト
価格+不動産会社の特色を知りたい方向け
SUUMO
SUUMO
知名度No1!大手・地場問わず全国の不動産会社が参加中!
売却実績などで不動産会社を比較したい方向け
不動産一括査定サイトについて詳しくはこちら>>
わせてみたい関連記事
【業者が教える】おすすめ不動産一括査定サイト徹底比較!2020年版
マンションや一戸建てを売りたいとき、不動産一括査定サイトを利用すれば手間なく同時に複数の不動産会社に査定を依頼…
続きを読む >>

1-2.実際に売りに出す時の注意点

不動産会社を決めて契約したら、いよいよ不動産を売りに出します。

【注意点⑤】訪問査定の対策を!

買手が不動産を見学に来る際は綺麗に清掃/掃除するのを絶対に忘れないでください。

当然ですが荷物は全部カラにして、拭き掃除なども忘れないようにしましょう。

見た目が綺麗になるだけで、査定価格は大幅に上がります

綺麗な不動産を買いたいと思う人は多いからです。なので、自分たちの手でいいので、綺麗にしましょう。

注意
実際に売りに出す際は、相見積もりを取った会社、複数社に同時に売りに出しましょう。ただし、売却が初めての方や慣れていない方は、各不動産会社の担当者と話をした上で一社のみに依頼するのがおすすめです

メモ
不動産売却に慣れているのなら、仲介を依頼せずに、自分で買い手を見つけて売る方法もあります。また、不動産会社そのものに買い取ってもらうのもいいでしょう。高値で売れたり、賃貸ニーズがあると判断されれば、売買ではなく買い取りとして不動産会社が購入してくれるケースもあります。中小や大企業に限らず、不動産会社は同時に賃貸業も行っているケースが多いからです。

1-3.不動産売却の契約をするときの注意点

不動産の買手が見つかったらいよいよ契約です。

【注意点⑥】契約書内容はしっかり確認

不動産の契約をするときは、売却価格と仲介手数料だけでなく、契約書に特に注意しましょう。

契約書は仲介業務に関するトラブルを未然に防ぐためのものです。

仲介の依頼を受けた不動産会社に対して、契約書が義務付けられているものなので、内容はきちんと確認しておきましょう。

契約書は双方が納得した上で交わすものです。契約を結んだら、簡単には解除できません

お互いに責任をもって契約できるように契約書を準備しましょう。不動産会社に契約書を依頼したり、司法書士に依頼するといいでしょう。

注意
雨漏りやシロアリ被害などの物件の欠陥を知らなかった場合は、瑕疵担保責任が発生します。買ってくれる人に対して、重要事項の説明や、売買契約の際の保険や供託の措置を取ることについて、しっかり説明することが必要です。これは売り主の責任となりますので注意が必要です。

売買契約書では、瑕疵担保責任をどのぐらいの期間負うのかを明記する必要があるでしょう。明記されていない場合は、民法が適用され、買い主が隠れた瑕疵を知ってから1年が、瑕疵担保責任の期間となっています。

1-4.不動産を引き渡す際の注意点

契約が済んだら、不動産を引き渡します。

【注意点⑦】債務不履行に注意

不動産売買は、現況渡しになります。

そのため、売り手側には所有権の転移と、物件の引き渡しなどの義務が生じます

【引き渡す際にやること】
  • ・所有権の転移
  • 所有権転移については、登記などを準備して、しっかりと準備しましょう。そのためには司法書士に頼んで書いてもらうなどすると、専門的な書類を仕上げることが可能です。
  • ・抵当権の抹消
  • 抵当権が設定されている場合は、残債を確認してローンを全額返済して抵当権を抹消します。振り込まれたお金でローンを完済し、綺麗な状態になります。
  • ・境界の確認
  • 土地などがある場合は、土地家屋調査士などに依頼して境界を確認することも重要です。境界や設備の引き渡しのトラブルになることがあるので、物件の修復には十分気をつけましょう。
  • ・現地確認
  • 現地確認も大切です。売主と買主だけでなく、不動産会社が立ち会って現況確認を行うことが大切です。これは立ち会いのもとで行うといいでしょう。

これらの義務を期日までにしっかり果たさなければ、債務不履行などが成立してしまいます。

その場合は違約金なども発生しますので注意しましょう

不動産売却のプロ
引き渡しまでに退去を済ませて、引き渡し条件をしっかりと確認して、買ってくださった方に確実に物件を期日までに引き渡しましょう。

2.売却する不動産の状況に応じた不動産売却時の注意点

不動産の売却時には、注意点がまだまだあります。

今度は、売却対象の不動産の種類や状況によって異なる注意点を確認していきましょう。

注意点はどれも異なり、まったく内容が変わってきます。

よく内容を読んでしっかりと理解してください。

2-1.相続や税金が絡む不動産を売却するときの注意点

不動産を相続したら、相続登記をし忘れないように注意しましょう

いつまでも亡くなった方のままにしておいては、売却も、不動産を担保にお金を借りることもできません

注意
不動産を相続するケースは多々あると思いますが、他の場所に住んでいる場合はそこに住むのも難しいですよね。

保有しているだけで固定資産税がかかりますし、管理もしないため、不動産の価値も下がってしまいます。

相続登記を早めに行って不測の事態に備えましょう。

また、税金や相続の問題が絡んでいると、売却額では得をしても、税金の部分で後から大きな損をしてしまう可能性があります。

不動産を売却すると通常、多額な税金が取られてしまいます。相続や税金の知識がない一般の不動産会社に依頼すると十分な節税対策が取られないという心配があります。

実際、少し工夫をしておけば、大きな節税ができたというケースも少なくありません

メモ
例えば、自宅の売却であれば利益から3,000万円の控除ができたり、亡くなった親が住んでいて空き家になってしまった物件でも3,000万円の控除を受けることができる可能性があります。さらに、所有期間によっても税率が異なりますし、また、取得費(いくらで買ったか)が分からない場合にも、市街地価格指数という手法を使い税額を大きく抑えられる可能性もあります。

相続や税金の問題が絡んでくる物件の場合には、比較的大手の会社に依頼するのが良いでしょう。大手の不動産会社であれば、最新の税金事情について詳しい確率が高くなります。

なお、相続した不動産の売却でお困りの方は、「相続した不動産を売却した際にかかる税金のすべて」も参考にしてください。

2-2.ローン残債が残っている不動産を売却するときの注意点

ローンがあって抵当権が付いている場合、そのままでは買ってくれる人はほとんどいません

そのため、売却代金を受け取ったと同時に抵当権を抹消することが必要となってきます。

抵当権とは
住宅ローンを組んでいる際には、抵当権がついていると思います。銀行は抵当権をつけることで、万が一のことがあったときにローンを回収できるようにしてます。

一般的に、売却代金をローンの残債にあてて一括返済するケースが多いです。売却代金を受け取り、金融機関にローンの残債を返却して、抵当権を抹消するのが通常の手続きです。

また、新居を購入してそちらにもローンを組む場合は注意が必要です

買い替えローンなどを使うことになるでしょう。その際は、今あるローンの残高を、新規に購入する住宅ローンに上乗せすることができますが、借入額が大幅に増えるので、きちんとした返済計画を立てておくことがそれまで以上に重要になってきます。

売却を出来ないリスクも考えて、慎重に検討する必要があります

メモ
買い換える住まいがすでに竣工されている場合は、スムーズにローンの移行が可能です。竣工前の分譲マンションなら、引き渡し後からローンがはじまりますので、仮住まいと重複したローンは不要です。建物が竣工するまでは、つなぎ融資などもありますので、そちらを利用して短い期間、借り入れすることも可能です。
わせてみたい関連記事
住宅ローンが残っている家は売れない?売却が難しいたった1つの理由
住宅ローンが残っている場合、家を売却することができるのか不安に思う方も多いのではないでしょうか。 この記事では…
続きを読む >>

2-3.賃貸中の不動産を売却するときの注意点

賃貸中の物件を売りに出す場合、その物件は不動産収益が発生する収益物件として見られることになります。

買い手もそのように考え、利回りを計算することでしょう。

不動産売却のプロ

毎月の利回りなどを元に、売却の査定額が決定されます。

ここは、自分が住んでいる住宅物件の売却との違いです。

購入額から年間の家賃収入を利回りで割ったもので計算され、6%ぐらいから最低でも二桁ぐらいはないと売れないかもしれません。通常の不動産を売却する時よりも査定額が厳しくなる傾向があります

また管理費や修繕積立金の滞納も引き継がれますので、事前に精算してしまうことが望ましいでしょう。

注意
費用の滞納は売買の重要事項説明書で記載する必要がありますので、それらを内緒にして売却はできません。

3. 少しでも高く売りたい!おすすめの業者と選び方

1円でも高く不動産を売却するためにはどんな業者を選べばよいのか、おすすめを紹介していきます。

3-1. 個人ではなかなか購入が難しい物件や土地の場合

1戸建てを1つ建てるだけには広すぎる土地都心の物件でかなり高額な案件などの場合には、市場で売りに出しても個人から買いたいという申し入れはそうそうありません。

数年単位で気長に待てるということでしたら、その方法でも良いと思いますが、ある程度短期的に売りたい場合には、不動産会社に直接買い取りを依頼するのが賢明です

メモ
不動産会社は購入したあと、その土地を分割して複数の人に売却したり、またマンションなどを建築して賃貸に出したりすることにより収益を確保します。また土地ではなく、建物付物件やマンション等の場合には、購入した不動産会社が、リフォームなどを行い、物件に付加価値をつけることでエンドユーザーに再販を行います。

なお、業者買い取りを依頼する不動産会社の選び方の注意点ですが、くれぐれも直接、自分で買い取り業者を訪ねるのはやめましょう。

なぜなら、買取会社は当然、できるだけ貴方から不動産を安く買おうとするからです。そこに貴方との利益相反が生じます。

最も高く買ってくれる買い取り業者を探してくれる仲介業者に依頼することをお勧めします

メモ
例えば、弊社、(株)チェスターの場合は、税理士事務所を母体とする不動産仲介の会社で、業者買い取りを依頼された場合、多い時で50社以上もの買い取り業者に査定依頼を出し、最も高く買ってもらえるところを必死に探します。弊社が窓口になって対応をするため、よくある一括査定のように色んな業者からお客様に電話がかかってきて対応に困る…ということもありません。

弊社の仲介手数料は買取金額の○%という設定ですので、高く買ってもらった方が、お客様にもそして弊社のメリットにもなるからです。

ちなみに、弊社の場合、まずは、「一般に募集し高めの価格設定」で市場へ売りに出します。それでも売ることが難しければ価格を下げたり、さらに、途中で業者買い取りに切り替えたりするといった柔軟な対応も行っています。

3-2. マンションや一般個人が購入できる価格の戸建て(土地)の場合

一般の個人が購入できるような価格(1,000~5,000万円程度)の戸建て(土地)や、人気のあるマンションのような、市場にそのまま出せばすぐに売れるような物件の場合には、業者買い取りではなく、不動産会社と仲介契約を結び、市場に直接流通をしてエンドユーザーと直接契約することで最も高値での売却が可能となります

仲介契約をする不動産会社の選定は、販売網を全国に持つ大手不動産会社と、ポスト等にチラシが入っているような地域に根差した業者などを選ぶと良いでしょう。

不動産会社にはそれぞれ得意な分野、不得意な分野があるので、幅広い種類の業者から見積もりを取って比較するようにしてください

以下の3種類の不動産会社から、少なくとも一社ずつからは見積もりを取って比較してみるのが良いでしょう。

【見積もりを依頼して比較したい不動産会社の3ジャンル】
  • 大手
  • 地域密着型
  • 特定物件特化型

 

不動産の売却には時間的な制約があります。(基本的には売却時期が遅れるほど、売却価格は下がってしまいます)

不動産会社の比較や選定も、スピード感を持って行うべきなので、よほど不動産売却に慣れている人でない限り、基本的には不動産一括査定サイトを利用して、複数社から相見積もりを取ることになります。

注意
自力で一社一社、不動産会社に見積もりを依頼するのは現実的ではありません。
一社一社見積もりを依頼していくのには非常に多くの手間と時間がかかってしまうからです。基本的に個人の力だけでは十分な数の不動産会社を比較できない、ということは覚えておきましょう

不動産一括査定サイトとは
一括査定サイトにはたくさんの不動産会社が登録しているので、一度で複数の不動産会社に見積もりを頼めます

一括査定サイトのメリット

一括見積サイトを利用することで、自分に適した良い仲介業者と出会える可能性がグンと上がります

また、一括査定サイトは利用のハードルが極めて低いことも特徴です。ほぼ全ての査定サイトは利用が無料ですし、使い方も簡単です。

一括査定サイトの利用の流れ



一括査定サイトにもそれぞれ特徴があるので、利用するサービスは慎重に選ぶべきです。

一括査定サイトによって提携不動産会社が異なる

弊社のおすすめをまとめましたので参考にしてください。

【おすすめの不動産一括査定サービス】

HOME4U
HOME4U
最も歴史と実績がある不動産一括査定サービス
NTTデータグループが運営する、日本で最も歴史のある不動産一括査定サイトで、実績では他社の追随を許しません
登録されている会社は全て厳しい審査を通った不動産会社のみなので、悪徳業者につかまる心配もなく安心して利用できます。
提携不動産会社数も多く不動産売却を考えている人なら、ほとんど全ての方におすすめです
おすすめのポイント
  • NTTグループが運営するサービス
  • ② 優良不動産会社が登録しているので、不動産会社選びで失敗しにくい
  • 幅広い不動産会社から査定が欲しい方向け
▼主な不動産会社
  • ・Daiwa House
  • ・東京建物不動産
  • ・三井ホーム
  • ・京阪電鉄不動産株式会社
  • その他、全国の不動産会社多数
対象エリア 全国
参加会社数 約1,300社
サイト開始時期 2001年~
運営会社 NTTデータ・スマート・ソーシング
< 書類不要無料、スマホでも1分で査定依頼 >
HOME’S
HOME'Sのロゴ
不動産会社を特色から選べる!日本最大級の不動産サイト
CMでお馴染みの総掲載物件数No.1の不動産サイト「HOME’S」が提供する不動産査定一括サービスです。
不動産会社の説明が充実していて、担当者の顔まで見れるのはHOME’Sだけの特徴
査定価格にくわえて実績や特色から不動産会社を選ぶことができます。
また、不動産会社からの連絡手段をメールか電話か希望を伝えることもできる売主ファーストのサイトが嬉しい、今一番注目のサイトです。
おすすめのポイント
  • 業界トップクラスの不動産会社提携数
  • 不動産会社の特色や意気込みがわかる情報が豊富
  • 不動産会社からの連絡手段について希望が出せる
▼主な不動産会社
  • ・三井住友トラスト不動産株式会社
  • ・センチュリー21
  • ・タマホーム不動産
  • その他、全国の不動産会社多数
対象エリア 全国
参加会社数 1,779社
サイト開始時期 2008年~
運営会社 株式会社LIFULL
< 書類不要無料、スマホでも1分で査定依頼 >
SUUMO
SUUMOの不動産一括査定サイトのロゴ
知名度No1! 全国2000社の圧倒的な不動産会社ネットワークが強み
SUUMOは、不動産メディアNo.1の認知度を誇るメディアです。
大手・地場を問わず全国の優良不動産会社が、なんと2000社も参画しています。他の一括査定サイトを圧倒する豊富な不動産会社とのネットワークで、全国の広い地域での査定に対応しています

また、SUUMOのこれまでのノウハウを活用し、不動産会社を売却実績や店舗数、サービス内容などの希望条件で絞り込むことができるようになっています。
この詳細絞込み機能によって、自分が納得した不動産会社にのみ査定を依頼することができます。

全く知らない不動産会社から査定結果が送られてきても面食らってしまいますよね。SUUMOのこのシステムはまさに売主に寄り添った画期的なシステムだと思います。

おすすめのポイント
  • 知名度No.1の不動産サイト
  • 大手・地場を問わず、全国の優良不動産会社が参加
  • 希望条件にあった不動産会社を絞り込んでから、査定依頼を出せる
▼主な不動産会社
  • ・野村の仲介+
  • ・三井住友トラスト不動産
  • ・三菱UFJ不動産販売
  • その他、全国の不動産会社多数
対象エリア 全国
参加会社数 約2,000社
サイト開始時期 2009年~
運営会社 (株)リクルート住まいカンパニー
< 書類不要無料、スマホでも1分で査定依頼 >

既に紹介した3つのサービスの他にも、代表的なサービスがいくつかあります。
表にして紹介します。

【おすすめ不動産一括査定サイト】
サイト名 特徴
HOME4U 日本で初めて一括査定サービスを発足した老舗サイト。登録されている会社は全て厳しい審査を通った不動産会社のみなので、悪徳業者につかまる心配もなく安心して利用できる。NTTデータグループが運営しておりセキュリティも充実している
LIFULL HOME’S 不動産情報サイトLIFULL HOME’Sが提供する売却査定サービス。
1,700社以上の不動産会社が参画し、多くの情報が提供されていて不動産会社の特色や雰囲気がわかるようになっている。
SUUMO売却 約2,000社の不動産会社が参加する日本最大級の無料一括査定サイト。SUUMOを利用すればほとんどの地域で優良な不動産会社から見積もりを貰うことができる。また、不動産会社を実際の売却実績などから絞り込む機能が備わっていて大変便利。
イエウール 1,600社以上が提携されていて、地域密着の優良不動産会社が多数登録している。悪徳業者を排除する仕組みも整っていて安心して使える
おうちダイレクト エリアは限られているが、Yahoo!やSRE不動産など他にない独自の販売チャネルが特徴。マンション売却に特化した不動産会社が多い。
マンションナビ マンション売却が得意な会社が多く登録されている。また売却査定だけでなく、賃料査定も同時にできる
RE-Guide 運営14年目の老舗サイト。投資物件の売却に長けている。
リビンマッチ 売却だけでなく、買取や土地活用、注文住宅など幅広いジャンルの不動産総合サイトを運営しているため、他には加盟していない不動産会社に査定ができる。
■査定額に不満や不安がある場合
査定額に不満や不安がある場合、SRE不動産(旧ソニー不動産)から査定を取ってみるとよいでしょう。

SRE不動産は片手仲介を専門にしているため、100%売主の見方になって査定や交渉が可能です。売主ファーストの正確な査定結果が期待できます

SRE不動産(旧ソニー不動産)の詳細はこちら>>

注意
担当者とのやり取りでストレスの問題を考えた時、対応がいい会社に売りたいものです。数万円程度の違いであれば、担当者の印象が良い所を選んだほうがいいでしょう

不動産売却のプロ

ここまでやれば、優秀な不動産会社と出会うことが出来るでしょう。

一社だけの査定は非常にリスクが高いので絶対に止めてください!

わせてみたい関連記事
【業者が教える】おすすめ不動産一括査定サイト徹底比較!2020年版
マンションや一戸建てを売りたいとき、不動産一括査定サイトを利用すれば手間なく同時に複数の不動産会社に査定を依頼…
続きを読む >>

4.売却査定から完了までの流れ

実際に売りに出す場合どのような流れで契約まで進めていくのか、注意点を振り返りながら、改めて見ていきましょう

【売却査定から完了までの流れ】

STEP1 情報収集及び売り出したい不動産の価格相場チェック

冒頭でも説明しましたが、不動産会社や買主にいいようにされないためには、売主側もある程度の知識をもっておくことが大切です

一般的には売りたい物件と近しい条件をネットから情報収集をして相場観を把握しておくことが良いとされており、主にチェックすべき点は以下になります。

【不動産価格相場チェック】
  • ・間取り、立地、物件までのアクセスや築年数などが似ている売り物件を探して価格を確認
  • ・国土交通省より公表されている時価を確認する
メモ
相場を路線価で確認するというパターンもありますが、路線価で価格を見る場合、地方になりますと、路線価より実際は価格が低くなってしまうケースがあります。逆に都心の場合は路線価よりも3倍になるケースもあるため、あまり参考にならない可能性があります。そのため、地価を確認したい場合は『公示地価』を参考にしたほうが良いでしょう。

STEP2 査定依頼をする

「不動産会社を選ぶ際の注意点」でも説明させて頂きましたが、査定の見積もりを取る際に損をしないポイントは『複数社から相見積もりを取る』ということです

ただし、査定をしてくれる会社によって価格の出し方が異なります。

【一般の売却査定で出す場合】
「市場価格」と言われる、過去の実績や現在の相場などを踏まえた売却想定価格を出します。

査定を出してもらう会社を1社1社自分で選定し、それぞれの会社に同じ説明をして、同じ情報を送信する手間を考えますと、不動産一括査定サイトの利用がおすすめです。

高く売却するためには、一括査定サイトをうまく利用してください。

【株式会社チェスターの売却査定の場合】
売り出される前の、「不動産業者(宅建業者)が買う値段」をお出しします。(前者の「市場価格」は、一般の個人が購入する可能性のある価格です。)

不動産業者(宅建業者)が買う値段は、市場に流通させてエンドユーザーに買ってもらう場合に比べて多くの場合、低くなります

ただし、一般査定で査定された価格は確実なものではなく、実際の売却額は査定額より下がる場合がある一方で、株式会社チェスターでは、お客様に提示した金額で必ず売ることができますし、何月何日に決済というのが決められるため、明確なスケジュールをもって売却されたいお客様の場合は、非常に動きやすくなります。

個人では買えないような広大な土地や、一戸建てをお持ちの方に特にお勧めです。

※このお見積もりのタイミングで謄本が必要となります。

【株式会社チェスターに依頼するメリット】
  • ・瑕疵担保免責ができる(雨漏りがあったとしても業者が買い取っているのでお客さんが対応する必要が無い)
  • ・業者が購入する値段が確定しているので、相続後の分割協議が決まる
  • ・広大な土地を所有している方でも査定が可能
  • ・再建築不可の物件でも引き取りが可能
  • ・相続専門の税理士事務所がグループ会社にいるため、空き家の特例が使えるなどの相続対策のアドバイスができる
  • ・底地や借地権についても取り扱い可能
  • ・司法書士事務所もあるので、登記の対応がスムーズにできる
メモ
株式会社チェスターの場合は担当者が各不動産会社へ連絡を取り、お客様の不動産を最も高く買い取ってくれるところを探します。そのため、窓口も一つで済み、複数社への相見積もりも取れることになるので、売却を検討される際にはおすすめ致します。

STEP3 価格決定→売却先の検討→契約→決済時期を決める

複数社の見積もり査定を比較し、納得のいく不動産会社と契約を進めます。(場所によっては測量を行うケースもあります)

また、決済時のタイミングで本人確認書類が必要になります。

STEP4 売却活動

購入を希望されているお客様との立ち会いをします(空き家や土地の場合は必要ありません)。

また、一般的にはこのタイミングで清掃や残置物の撤去をし、売り主がキレイにしておきます。

※株式会社チェスター場合は売買契約の後に買い取った業者が清掃等を行います。

STEP5 売買契約

仲介業者・売主・買主の3者がそろって行います

メモ
株式会社チェスターの場合、3者間の契約完了後から引き渡しが完了する前までに、買い取った業者が掃除や残置物の対応を行います。絵画や壺、掛け軸などの残置物は有名な鑑定所と提携をしているため、お宝鑑定の買い取りも一緒にできます。

STEP6 引き渡し

無事に物件を引き渡したら完了です!

不動産売却のプロ
売却おめでとうございます!

5.まとめ

不動産を売却する場合は、住宅、ローン残債が残っている場合、相続した不動産の場合、賃貸中の場合などでそれぞれ注意点が異なります。

まずは、複数の不動産会社から見積もりを取り、自分の不動産の現時点での査定額を把握するところから始めましょう

マンションの売却については初めてでもわかる!マンション売却の流れと高く売るコツ!」もご覧ください。更に詳しく解説しています。

不動産売却のプロ

不動産売却における注意点や流れは理解できましたか?

まずは一括査定サイトを利用して、見積もりを取ることから始めましょう!




家やマンションを売ろうと考えているなら、とにかく早めの査定を

家の売却には平均的に6ヶ月から1年、マンションの売却には3ヶ月から6ヶ月もの時間がかかります。急ぎで住居を移らなければいけない事情が発生した場合でも、いきなり売却できるわけではありません

また、家やマンションの売却価格は時期などによる需要で大きく変動します。急いで売りに出すと価格交渉で不利になる可能性があります。

今すぐに不動産の売却を考えていない場合でも、早めの査定をおすすめします。査定に出したからといっても必ず売却しなければいけないわけではないので、相場感を把握する目的でも利用できます。 ※不動産売却が既に決まっている方は急ぎ査定を貰いましょう

「一括査定サイトの数が多すぎて、どれを使っていいかわからない」という方には、日本で最も古くから一括査定サービスを提供している、実績抜群のHOME4Uをおすすめします。運営会社もあのNTTのグループ会社なので安心です。

特別な書類は一切必要なく、最短1分で複数の大手不動産会社に査定の依頼を出すことができます。もちろん査定は無料です。

HOME4Uの公式サイトはこちら>>

不動産一括査定の申し込みをする(無料)
【査定する物件】の情報を入力してください
都道府県が選択されていません。
市区町村が選択されていません。
ご指定いただいたエリアへのお問合せは、現在取り扱っておりません。
※下記「売却査定サービスの注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。
上記フォームからの不動産売却査定サービスの注意点
上記の不動産一括査定サービスは、弊社ではなく、「HOME4U」が提供しているものとなります。株式会社チェスターは、上記フォームからお客様がご入力いただいた情報を取得いたしません。「HOME4U」は、株式会社NTTデータスマートソーシングが運営を行っており、ご入力いただいた個人情報は、株式会社NTTデータスマートソーシングが管理(収集、利用、提供、委託)します。

このページについて
チェスターのロゴ
株式会社チェスター
Chester Certified Tax Accountants Co

事例紹介では、株式会社チェスターが不動産に関連する知識をわかりやすく解説しています。

株式会社チェスターは、相続税を専門に取り扱う「税理士法人チェスター」のグループ会社です。

強み

01 【実績】
年間100億円以上の売却案件を豊富に取り扱っている

02 【信頼】
相続専門 No.1 税理士事務所のグループ会社

03 【専門性】
複雑な税務・法務のお悩みにも対応可能