【完全ガイド】不動産売却の流れと楽に高値で売るための7つのコツ!

「不動産を売却したいんだけど、どうしたら良いの?」

「できるだけ早く、可能なら高値で不動産を売却したいんだけどどんなことに注意したら良いのかな?」

このように不動産売却についてお悩みの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

初めてのことで何から始めていいのか分からず戸惑っている方もいらっしゃるかもしれませんね。

実は不動産売却において最も重要なのは不動産会社選びであるといえます。

不動産会社の担当者の腕によって良い買い主が見つかるか、不動産がいくらで売れるかが変わってくると考えられるためです。

またなかには悪徳な業者もいるため、本当に信頼の置ける業者であるのかしっかりと見極める必要があります。

事前に知識を得ておくことがスムーズな売却につながるといえるのですね。

不動産売却のプロ
この記事では不動産売却の流れと、手間なく高値で売るためのコツについてお伝えしましょう。

この記事の監修税理士
監修税理士の税理士法人チェスター代表 福留正明
税理士法人チェスター代表
福留 正明
公認会計士・税理士・行政書士。相続税対策に強みを持つ税理士法人チェスターの代表社員。株式会社チェスターでは、年間100億円以上の売却案件を豊富に取り扱っている。 TV/雑誌など各種メディアからの取材歴多数。また、土地や相続についての書籍も多数出版している。
株式会社チェスターは、総勢200名以上の税理士法人グループの不動産会社です

以下のサイトならスマホからでも
1分で無料査定を依頼できます
1分で無料査定!不動産査定サイト5選
実績No.1!幅広い不動産会社が参加する老舗
HOME4U
実績No.1!幅広い不動産会社が参加する老舗
業界を牽引する大手6社直営の査定サイト
すまいValue
大手6社直営!業界を牽引する会社に一括査定依頼
知名度No1!大手から中小まで幅広く参加
SUUMO
知名度No1!大手から中小まで幅広く参加
大手不動産情報サイト運営で信頼感が違う!
HOME'S
情報量が充実!不動産会社の雰囲気がよくわかる!
売主の味方・片手仲介専門の不動産会社
SRE不動産
売主の味方・片手仲介専門の不動産会社
不動産一括査定サイトの詳細はこちら>>

目次

1.不動産売却の流れ

不動産を売却する際には、さまざまな手順を踏まなくてはなりません。

不動産売却に向けて、何から初めて良いのかも分からない……。
どれくらい時間がかかるものなの?

このように漠然とした不安や疑問を抱えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

不動産売却へ向けて動き出す前に、売却の完了までにどのようなことをしなくてはならないのか知っておきたいですよね。

行き当たりばったりに進んでしまうと後から後悔してしまうことにもなりかねません。

不動産売却のプロ
まずは不動産売却の流れをご紹介しましょう。

メモ
不動産売却は、不動産会社に買い主を探してもらい売却を仲介してもらう「仲介」と、不動産会社に不動産を買い取ってもらう「買取」の2種類に大別できます。売却価格の高い傾向にある仲介での売却が一般的であるため、この記事では主に仲介での不動産売却について説明します。

【不動産仲介の仕組み】

不動産仲介の仕組み

STEP1 複数の不動産会社に見積もりを依頼

不動産の売却を検討しているとき、まず気になるのは

「この不動産はいくらで売れるんだろう?」

ということですよね。

周辺の類似した不動産がおよそいくらくらいで売りに出されているのか、売却が決まった不動産はいくらで取引されていたのかなどから予想することも不可能ではありません。

しかし手間がかかる上、残念ながら精度も高いとはいえません

そこでおすすめしたいのが複数の不動産会社に見積もり(査定)を依頼することです。

一社にしか査定依頼を行わないと、その査定結果が妥当なものであるのか判断するのも困難ですよね。

より良い不動産会社を選ぶためにも、複数の不動産会社に査定を依頼することは非常に重要なのです。

でも、複数の不動産会社に査定を依頼するなんて面倒じゃないですか?
不動産売却のプロ
「不動産一括査定サイト」を利用すれば、手間なく簡単に複数社から見積をもらえます。詳しくはこちらで解説しています。

【不動産一括査定サイトを使う流れ】

不動産一括査定の利用方法

STEP2 不動産の売却を仲介してもらう業者を選ぶ

不動産売却の成否を決めるのは不動産会社選びであるといっても過言ではありません。

査定結果を確認しながら実際に依頼する不動産会社を選んでいきましょう。

不動産査定には「机上査定」と「訪問査定」という2種類の査定方式があります。

机上査定訪問査定とは
机上査定とは不動産の情報や周辺不動産の過去の取引額などを参考に、実際の不動産を見ずに大まかな査定額を算出する方法です。訪問査定では不動産会社の担当者が実際に不動産を訪れ、状態などを勘案しながら査定を行います。

まずは10社程度に机上査定を依頼し、結果が気になった2〜3社に机上査定を依頼して不動産会社を絞り込むようにすると良いでしょう。

査定額の高い不動産会社を選べば良いんですよね?
不動産売却のプロ
もちろんそれも重要なポイントですが、不動産会社を選ぶ際の基準はそれだけではありません。

仲介を依頼する業者を選ぶ際には、不動産会社の対応も判断基準の一つにしておきましょう。

売却までは担当者と頻繁にやり取りすることになるため、スムーズなコミュニケーションが取れるか、信頼が置けるかは非常に重要です。

悪徳業者に騙されてしまわないためにも担当者の態度をしっかり確認しておきましょう。

どうやったら悪徳業者を見分けられますか?

悪徳な不動産会社に騙されず、信頼の置ける不動産会社を選ぶためには、査定額の根拠を確認するようにしましょう。

「宅地建物取引業法」という法律で不動産会社は査定額の根拠を提示する義務があると定められているため、根拠を尋ねてきちんとした回答が得られない業者は信頼できないと考えられます。

メモ
「宅地建物取引業法 第34項の2 第2項」において、不動産会社には査定額の根拠を提示する義務があると定められています。

「宅地建物取引業者は、前項第二号の価額(※)又は評価額について意見を述べるときは、その根拠を明らかにしなければならない。」
※前項第二号の価額……当該宅地又は建物を売買すべき価額又はその評価額

そのほかにも分からないことがあればすぐに尋ねるようにしましょう。

STEP3 不動産会社と契約

依頼したい不動産会社が決まったら、いよいよ不動産会社と契約を交わします。

仲介での売却の場合、不動産会社と交わすのは「媒介契約」と呼ばれる契約です。

媒介契約とは
不動産会社に売却活動を依頼して売り主を探してもらうための契約のことです。一般的には「仲介」といいますが、専門用語では「媒介」と呼ばれています。
不動産売却のプロ
媒介契約には3種類あります。不動産売却に不慣れな方は「専任媒介契約」を結ぶのがおすすめです。詳しくはこちらをご覧ください。

STEP4 不動産会社が買い主を探す

不動産会社と媒介契約を交わしたら、売却活動が始まります。

不動産会社の担当者が買い主を見つけるべく、不動産の情報をまとめ不動産会社しか閲覧できない情報サイトに登録したり、SUUMOやHOME’Sなどの物件情報サイトに掲載したりします

また物件によってはチラシを作って周囲の家やマンションにポスティングする場合もあるでしょう。

実際の売却活動を行うのは不動産会社ですが、売り主自身も担当者の営業活動状況をチェックしておくようにしましょう。

不動産売却のプロ
特に近年はインターネット上で物件探しを行う方が多いため、ネット上で売りたい不動産がどのようにPRされているのかを確認しておきたいところですね。

また売り主が内見の対応や物件の整備などを行うことで買い主が見つかりやすくなるケースもあります。

不動産会社の担当者と相談してみましょう。

STEP5 買い主と売買契約を交わす

買い主が見つかったら、いよいよ売買契約を結ぶことになります。

売買契約の際に必要な書類は基本的には不動産会社が用意します。

一部売り主が自分で用意しなければならないものもありますが、担当者から事前に連絡があるでしょう。

売買契約書に記載されている売却条件はよく読んで理解し、売り主に不利な条件になっていないか確認してからサインするようにしましょう。

不動産売却のプロ
疑問に思った点は、どんな些細なことでも必ず担当者に確認してくださいね。

また契約と同時に買い主が売り主に売買価格の10%程度の手付金を支払うケースが一般的です。

STEP6 不動産を引き渡す

不動産の引き渡し日が、不動産の所有権を売り主から買い主に移る日であることが一般的です。

引き渡し日には以下のような手続きを行うことになります。

【引き渡し日に行う手続き】
  • ・代金の決済
  • ・その他の費用の清算
  • ・費用書類の引き渡し
  • ・登記の変更
  • ・部屋の状態の確認
  • ・鍵の引き渡し など

「代金の決済」とあるとおり、手付金を差し引いた代金が振り込まれるのもこの日です。

2.不動産を高く楽に売るための7つのコツ

できるだけ高く売るためにはどうしたら良いのかな?
あまり手間をかけられないんだけど、楽に売る方法はないのかな?

このように気になっている方も多くいらっしゃるでしょう。

ここでは、不動産をできるだけ高値で、楽に売却するための7つのコツをご紹介します。

不動産売却のコツ

コツ1 不動産一括査定サイトを利用する

不動産売却を検討している場合には不動産会社に査定を依頼することがとても重要です。

しかしご自分で不動産会社を探したり、査定依頼のために電話をかけたりするのは非常に手間と時間がかかってしまいますよね。

不動産売却のプロ
そんなときにおすすめなのが「不動産一括査定サイト」を利用することです。

不動産一括査定サイトとは
複数の不動産会社に一括で査定を依頼することのできるサイトです。

不動産一括査定サイトの仕組み

たくさんの不動産会社に査定を依頼しても無料なので気軽に利用できるのもうれしいポイントですね。

無料だなんて、個人情報が知らない業者に知られてしまうことはないのかな?
営業電話がしつこくかかってくるんじゃないの?

このように不安に思った方もいらっしゃるかもしれません。

不動産一括査定サイトを利用する際には、まずサイト上で売却したい不動産の情報と売り主の情報を入力します。

入力した途端に不動産会社に個人情報が送られるんじゃないかと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ご安心ください。

入力した情報をもとにその地域の不動産を取り扱うことができる不動産会社がリストアップされ、そのなかからご自身が気になる不動産会社だけを選んで査定を依頼できるシステムになっています。

不動産売却のプロ
知らないうちにたくさんの不動産会社に個人情報が知られていた、といった事態にはならないので安心してくださいね。

また、しつこい営業電話がかかってくることもほぼないと考えられます。

不動産会社は宅地建物取引業法という法律によって、一度断られた営業をしつこく行ってはいけないと定められているからです。

望まぬ営業電話がかかってきた場合には、一度はっきり断ってしまいましょう

不動産売却のプロ
万一一度断った業者からまた営業電話が掛かってきた、という場合には、「宅建法(宅地建物取引業法)違反ではないですか?」と一言言ってみましょう。

宅建法に抵触すると不動産会社は営業許可を取り消される場合があるため、しつこい業者もこれで撃退できると考えられます。

各一括査定サイトは悪徳業者の排除に取り組んでいるため、むしろ自分で不動産会社を探すのよりも安全だと考えられるかもしれません

不動産売却のプロ
おすすめの一括査定サイトについてはこちらをご覧ください。

コツ2 査定結果は書面で受け取っておく

査定の結果は必ず書面で受け取っておくようにしましょう。

なかには「大体これくらいで売れますよ!」と安請け合いするような業者もいるかもしれませんが、口頭で言われたことは信用できません。

後から「こんなはずじゃなかった!」と思っても相手の不手際を指摘するのが難しくなってしまいますよね。

査定額やその根拠は必ず書面で提出するよう求めましょう。

不動産売却のプロ
他の不動産会社と査定結果を引き比べてどこに依頼するか決める際の判断材料としても便利ですよ。

コツ3 査定額の高い時期に売りに出す

建物の価値は基本的には年月が経つごとに減っていく、といわれています。

しかし実は不動産売却はとにかく早く行えば良い、というものでもありません。

特にマンションや家などの居住用物件は季節によって需要が変動します。

春先や秋口は新生活に向けて物件を探している人が多いと考えられますよね。

不動産売却のプロ
できれば査定を何度か取り、査定額の高い時期に売りに出すようにしましょう。

コツ4 異なる種類の不動産会社に査定を依頼する

査定を依頼するときには、ジャンルの異なる複数の不動産会社に依頼するようにしましょう。

ジャンルが違う不動産会社って、どういうこと?

一口に不動産会社といっても、販路や得意とする不動産の種別など、会社によってさまざまな特色を持っています。

「よく名前を聞く大手の不動産会社の方が良いんじゃない……?」

と思う方も多くいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、場合によっては地域密着型の小さな不動産会社の方が周辺地域に熟知していて独自の販路を持っていて高く売れるケースなどもあるのです。

またマンションの仲介を得意としている不動産会社など、特定の不動産の取引に特化している不動産会社もあります。

自分が売りたい不動産の取引実績がある不動産会社をチェックしておきましょう。

不動産売却のプロ
不動産会社によって違う観点から査定を行う場合があるため、見積額に差が出る可能性が少なくないのです。

そのため、バランス良くさまざまな不動産会社に査定を依頼してみるのが重要ですよ。

コツ5 訪問査定の際は掃除などを行っておく

査定は机上査定を行ってから訪問査定に進むケースが一般的です。

訪問査定の際には、適宜掃除などを行って売りたい不動産の印象を良くするよう心がけましょう。

リフォームなど大掛かりなことを行う必要はありませんが、見た目がきれいになるだけで査定額が大幅に変わる場合があります。

誰しも少しでもきれいな家に住みたい、と思うはずですよね。

仲介を行う不動産会社はもちろん、買い主の印象も良くすることができればそれだけ高く売れる可能性が高まります。

不動産売却のプロ
少し面倒かもしれませんが、訪問査定を依頼する前に大掃除をしておくと良いでしょう。

コツ6 媒介契約を結ぶ前に仲介手数料は再確認する

仲介を行う不動産会社は基本的に売り主と買い主の売買契約が成立して初めて報酬を受け取ることができるシステムになっています。

媒介契約を結ぶ前に、必ず仲介手数料を確認しておくようにしましょう。

仲介手数料は法律で以下のとおり上限が定められています。

売買価格 仲介手数料の料率
200万円以下の部分 5%
200万円超400万円以下の部分 4%
400万円超の部分 3%

400万円を超える不動産については、

  • 「(売買金額×3%+6万円)+消費税」

という式で簡易的に上限額が計算できます。

不動産会社はこれを超える仲介手数料や他の報酬を受け取ることはできません

万一これを超える仲介手数料を請求された場合には契約を行わないようにしましょう。

メモ
また通常は広告宣伝費など売却活動にかかる費用も全て仲介手数料に含まれています

遠方の不動産を売却する場合の出張費や特別な売却活動を行う場合の広告宣伝費が別途かかることもありますが、その場合には事前に売り主の承諾を得なくてはならないとされています。

コツ7 不動産会社とは専任媒介契約を結ぶ

仲介を依頼する不動産会社と交わす媒介契約は「一般媒介契約」、「専任媒介契約」、「専属専任媒介契約」の3種類があります。

不動産売却のプロ
不動産売却に慣れていないという方は「専任媒介契約」を結ぶのがおすすめです。

【媒介契約の種類】

※横にスクロールできます
契約種類 メリット デメリット
専属専任媒介契約 ・窓口が一元化できる。
・1週間に1回、不動産会社から売り主に対して売却活動に関する報告を行うことが義務づけられている。
・売り主が知人など、自分で買い主を見つけた「自己発見取引」の場合にも仲介手数料などが発生する。
・悪徳な不動産会社に依頼してしまうと、両手仲介を目論んで他社に情報を提供せず、買い主がなかなか決まらないことがある。
専任媒介契約 ・窓口が一元化できる。
2週間に1回、不動産会社から売り主に対して売却活動に関する報告を行うことが義務づけられている
・売り主が知人など、自分で買い主を見つけた「自己発見取引」の場合には仲介手数料は発生しない
・悪徳な不動産会社に依頼してしまうと、両手仲介を目論んで他社に情報を提供せず、買い主がなかなか決まらないことがある。
一般媒介契約 ・複数の不動産会社に同時に売却を依頼することができる。
・売り主が知人など、自分で買い主を見つけた「自己発見取引」の場合には仲介手数料は発生しない。
・売り主に対する報告義務がなく、売却活動が不透明。

専任媒介契約は、2週間に1度売却活動に関する不動産会社からの報告が義務付けられているため安心です。

また、売り主の方が自分で買い主の方を見つける「自己発見取引」の場合には、仲介手数料を払う必要がないのもメリットです。

「自己発見取引を行う可能性がゼロで、こまめに担当者からの報告が欲しい」

ということであれば、1週間に1度の報告が義務付けられている専属専任媒介契約を行っても良いでしょう。

メモ
一度1社の不動産会社と専任媒介契約もしくは専属専任媒介契約を結ぶと、解約するまでそのほかの不動産会社に当該不動産の売却を依頼することはできません。

3.騙されないで!不動産売却で失敗する人の共通点

知り合いが不動産売却で失敗したって言っていたな……。どうしたら失敗を回避できるんだろう?

慣れない不動産売却がうまくいくのか不安ですよね。

不動産売却で判断を誤ってしまうと、買い主が見つからなかったり、希望額よりもかなり低い値段で売却せざるを得なくなったりしてしまいます

また大きなお金が動く分、悪徳業者に騙されてしまう可能性もゼロではありません。

不動産売却のプロ
ここでは、不動産売却に失敗してしまわないために、よくある失敗例についてご説明しましょう。

失敗例1 一社にしか査定を頼まない

繰り返しになってしまいますが、不動産売却の際には複数の不動産会社に査定を依頼することが重要です。

一社にしか査定を頼まないと、判断基準がなく、その査定額が妥当なものであるかも分かりません。

「もっと高く売れた可能性があったのに安い査定額のまま契約を結んでしまった……」

複数社に査定を依頼して結果を引き比べれば、大体の相場感を把握し、適正な査定額を出してきた不動産会社のなかから依頼する会社を選べると考えられますよね。

不動産売却のプロ
極力高い値段で不動産を売却するためには、複数の不動産会社を比較して契約を交わす会社を選ぶことが重要なのですね。

失敗例2 飛び抜けて高額な査定額を出した会社と契約する

複数の不動産会社に査定を依頼したとき、1社だけ他社よりも飛び抜けて高額な査定額を提示してくる場合があります。

そのような会社と安易に契約を交わしてしまうのも失敗につながるポイントです。

査定額が高ければ、その分高く売れるってことなんじゃないの?

このように疑問に思う方も多くいらっしゃるでしょう。

もし不動産会社が買い主となる買取を利用するのであれば、査定額の高い不動産会社でそのまま売却を進めた方が良いと考えられます。

不動産売却のプロ
しかし不動産会社に仲介を依頼する場合、査定額が高いからといって高く売れるとはかぎらないので注意が必要です。

仲介の場合の査定額は「この値段で売れる」と確約するものではありません。

不動産会社は売買契約が成立して初めて報酬を得ることができるシステムとなっているため、なかには高い査定額で契約を促し、後から安易に値下げを勧めて売却を急がせようとする不動産会社も存在するのです。

【不動産会社が仲介で報酬を得る仕組み】

不動産会社のビジネスモデル
不動産売却のプロ
1社だけ高い査定額を提示してきた場合には、査定額の根拠を必ず確認し、本当に信頼に値する業者なのかしっかりと見極めましょう。

失敗例3 売却する不動産の欠陥を報告しない

売却する不動産に何か欠陥がある場合、包み隠さず必ず不動産会社や買い主候補にしっかり伝えるようにしましょう。

大したことじゃないし、言わない方が高く売れるんじゃないの?

このように軽く考えてしまうかもしれませんが、不動産の売り主には「瑕疵担保責任」という義務が生じます。

瑕疵担保責任とは
売却する不動産に雨漏りや騒音、事故歴などのデメリットがある場合、売り主が買い主に対してその事実をきちんと説明しなくてはならない義務のことです。

もし購入した商品が不良品であれば、購入したお店に連絡して返金や交換などをお願いしますよね。

それと同様、説明を怠って売買契約成立後に買い主が不備を見つけた場合、契約解消になったり、売却後に損害賠償請求をされたりする可能性があります。

不動産売却のプロ
そのようなことにならないよう、不動産に何かデメリットがある場合は必ず事前に仲介を依頼する不動産会社に共有し、売買契約時には買い主にしっかり説明するようにしましょう。

失敗例4 高く売りたいのに直接買取で申し込んでしまう

買取の際の売却額は不動産会社に仲介を頼んで売却するより低くなってしまいます

不動産を高く売りたい場合は不動産会社に買取ではなく仲介を依頼するようにしましょう。

買取の場合、不動産会社が不動産を買い取り、状態を整えて賃貸に出したり別の買い主を探したりすることになります。

つまり買取は不動産会社にとってはいわば仕入れです。

不動産会社は売り主から安く不動産を購入し、仲介で売却した場合の売却額と同程度の金額で売却してその差額で利益を上げます。

不動産売却のプロ
そのため買取を選んでしまうと買い主の手元に入ってくるお金は小さくなってしまうと考えられるのですね。

4.不動産のプロ太鼓判!おすすめ一括査定サイト

不動産売却を成功させるためには、不動産会社選びが何よりも重要です。

そんな重要な不動産選びの心強い味方となってくれるのが不動産一括査定サイトです。

不動産一括査定サイトにもそれぞれに特色があるため目的に応じて使い分けてみましょう。

不動産一括査定サイトの特色

まずは大手から中小までバランス良く参加している一括査定サイトを利用し、それから地域・不動産の種類などで自分が売りたい不動産に特化した一括査定サイトを使ってみるのがおすすめです。

不動産一括査定サイトの使い方

まずは2サイト程度利用して10社ほどに机上査定を依頼し、結果が気になった2〜3社に訪問査定を依頼して実際に契約を結ぶ不動産会社を絞り込んでいきましょう。

不動産売却のプロ
ここでは、おすすめの不動産一括査定サイトをご紹介します。

メモ
もしも迷ってしまった場合はHOME4UすまいValueの2サイトを利用するのがおすすめです。大手から地域密着型の中小規模の不動産会社まで幅広く参加しているHOME4Uと、業界をリードするトップ企業に査定を依頼できるすまいValueはお互いの欠点を打ち消しあう相性の良い組み合わせです。

おすすめ1 HOME4U:安心・安全!日本最古の不動産一括査定サイト

HOME4U
メリット
全国1,500社の不動産会社が参加
NTTグループ運営で安心
デメリット
大手6社には査定依頼ができない

こんな人におすすめ!
名前を聞きなれたサービスを使いたい方
信頼できる不動産会社を探したい方

運営会社 NTTデータスマートソーシング
参加不動産会社数 1,500社以上
同時査定依頼可能数 最大6社

HOME4Uは2001年にサービスが開始された日本で最も歴史の古い不動産一括査定サイトです。

NTTグループの「NTTデータスマートソーシング」という、官公庁などとも取引がある企業が運営しているため個人情報を入力する際も安心です。

また悪徳不動産業者を排除するための独自の取り組みを行っている点も魅力的だといえるでしょう。

全国の1,500社を超える不動産会社が参加しており、都市部から地方まで幅広い地域をカバーしています。

同時に最大6社まで査定依頼が可能なので、きっと信頼できる不動産会社を見つけることができますよ。

不動産一括査定サイトを利用する際はまずはHOME4Uを試してみるのがおすすめです。

おすすめ2 すまいValue:業界を牽引する大手6社が運営!

すまいValue
メリット
業界トップクラスの大手6社に一括査定が依頼できる
他の一括査定サイトでは依頼できない大手企業が参加
デメリット
6社以外の不動産会社には査定を依頼できない
こんな人におすすめ!
業界トップの不動産会社に見積を依頼したい方
名前を知っている安心感のある会社に査定を依頼したい方
運営会社 東急リバブル、住友不動産販売、三菱地所ハウスネット、三井のリハウス、小田急不動産、野村の仲介
参加不動産
会社数
6社
同時査定依頼可能数 最大6社

すまいValueは、不動産仲介を行う不動産会社のなかでも特に大手といえる6社が共同で運営を行う不動産一括査定サイトです。

東急リバブル、住友不動産販売、三菱地所ハウスネット、三井のリハウス、小田急不動産、野村の仲介が運営を行っています。

参加不動産会社数は少ないものの、複数の大手不動産会社に同時に査定を依頼できるという唯一無二の特性があるため、利用しておく価値が高いサイトだといえるでしょう。

なかにはすまいValueにしか参加していない大手不動産会社もあります。

誰もが知っている大手の不動産会社に査定を依頼したいという方はすまいValueがおすすめですよ。

おすすめ3 SUUMO:知名度ナンバーワン!全国の不動産会社が参加

SUUMO
メリット
大手から中小まで幅広い不動産会社が参加
参加している不動産会社の詳細な情報が確認できる
デメリット
一部地域は取扱対象外
大手3社には査定依頼できない

こんな人におすすめ!
都市部の不動産を売却したい方
まずは大手サービスを利用したい方

運営会社 リクルート
参加不動産会社数 非公開
同時査定依頼可能数 最大10社

賃貸探しのポータルサイト「SUUMO」をご存知の方は多いのではないでしょうか。

実はSUUMOは不動産一括査定サイトも運営しているのです。

耳馴染みのあるサービスだから安心感は抜群だといえますよね。

大手から地域に密着した中小まで、非常に幅広い不動産会社が参加しているのできっと信頼のおける不動産会社が見つかります。

売却実績や営業スタッフの人数など、査定を依頼できる不動産会社の詳細な情報を事前に確認できるのもうれしいポイントです。

一部地域が取扱対象外となっているのが唯一のデメリットといえますが、まずはご自分の売りたい不動産で利用ができるか気軽に確かめてみるのが良いでしょう。

おすすめ4 HOME’S:参加不動産会社数最多クラス!知名度も抜群のサービス

HOME'S
メリット
3,078社の不動産会社が参加
総掲載物件数ナンバーワンの物件サイトが運営
デメリット
大手3社には査定依頼できない

こんな人におすすめ!
地方の物件をお持ちの方
安心感のあるサービスを利用したい方

運営会社 LIFULL
参加不動産会社数 2,839社
同時査定依頼可能数 最大10社

HOME’S一括査定は総掲載物件数ナンバーワンを誇るHOME’Sが運営する不動産一括査定サイトです。

CMなどでHOME’Sの名前を聞いたことがあるという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

なんと全国3,078社の不動産会社が参加しており、他の不動産一括査定サイトでは不動産会社を見つけられなかった場合でもHOME’S一括査定なら信頼のおける不動産業者を見つけられる可能性が高いといえます。

またユーザーが安心して利用できるよう工夫が凝らされているのもうれしいポイントですね。

HOME’Sが設けた独自の基準をクリアしている不動産会社だけが参加しており、個人情報の取り扱いも徹底されています。

きっと信頼して仲介を任せられる不動産会社を見つけることができますよ。

おすすめ5 イエウール:地方の物件を売りたい方におすすめ!

メリット
全国1,974社以上の不動産会社が参加
地方の物件も査定依頼が出せる可能性が高い
デメリット
大手3社には査定依頼できない

こんな人におすすめ!
地方の不動産を売却したい方

運営会社 株式会社Speee
参加不動産会社数 1,600社以上
同時査定依頼可能数 最大6社

イエウールは全国1,600社を超える不動産会社が参加する不動産一括査定サイトです。

なんといってもその強みは日本全国の幅広い不動産会社が参加していること。

誰もが知っている大手不動産会社だけでなく、地域密着型の小さな不動産会社も多数参加しています。

「大手の不動産会社の方が安心できるんじゃない?」

などと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、地域を熟知している土着の不動産会社は独自の顧客を抱えているため高額で売却できる場合もあります。

また、他の一括査定サイトでは不動産会社を見つけられなかったという地方の不動産でもイエウールならぴったりの不動産会社を見つけられるかもしれません。

地方の不動産の売却を考えていらっしゃる方には特にイエウールがおすすめだといえますよ。

LINE風の画面上で気軽に査定依頼ができる独自のサイトデザインも使いやすくて魅力的ですよ。

おすすめ6 おうちダイレクト:都会のマンション査定におすすめ!

おうちダイレクト
メリット
Yahoo!不動産に物件が掲載できる
SRE不動産への一括査定依頼も可能
デメリット
地方の物件や一軒家などは対応外の場合もある
参加不動産会社数が少ない

こんな人におすすめ!
都市部のマンションを売却したい方

運営会社 ヤフー、ソニーグループ
参加不動産会社数 10社
同時査定依頼可能数 最大10社

都市部のマンション売却をお考えの方にはおうちダイレクトの利用がおすすめです。

おうちダイレクトはヤフーとソニーグループが共同で運営する不動産一括査定サイトで、以下の不動産会社が参加しています。

【おうちダイレクトに登録されている不動産会社】
  • ・大京穴吹不動産
  • ・大成有楽不動産販売
  • ・CENTURY21
  • ・ロイヤルハウジング
  • ・POLUS
  • ・大阪宅建協会
  • ・TOHO HOUSE
  • ・オークラヤ住宅
  • ・京急不動産
  • ・SRE不動産(旧ソニー不動産)

参加不動産会社の数は少ないものの、都市部のマンション売買を得意とする企業が多く参加しているため都会のマンションを売りたいと考えている方にはぴったりのサービスです。

また売り主のみの仲介を行う「片手仲介」専門で他社よりも高い査定額を出してくれるといわれているSRE不動産に一括査定が依頼できる唯一の不動産一括査定サイトである点も大きなポイントです。

買い主の仲介を行わない片手仲介の場合、売り主の利益だけを優先してくれるため他の不動産会社よりも高値で売却できるといわれています。

SRE不動産は自社の査定サービスも提供していますが、おうちダイレクトを通じて売りに出した不動産はヤフーの運営する不動産ポータルサイトYahoo!不動産に無料で掲載できるというメリットもあるためおうちダイレクトを利用した方が断然お得だといえます。

5.不動産売却でよくある疑問を解決!

相続した不動産を売却したいんだけど、どうしたら良いのかな?
ローンが残っている不動産でも売れるのかな?

このように不動産を売却したいけれど気になっていることがあるという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは、不動産売却のよくある疑問にお答えします。

疑問1 相続した不動産を売却するときはどうすればいい?

突然相続で不動産が手に入ったとき、どうして良いのか戸惑ってしまいますよね。

不動産を相続した際にはまず相続登記を忘れずに行いましょう

亡くなった方の名義のままにしておくと売却したり不動産を担保にお金を借りたりすることができず、いざというときに困ってしまう可能性があります。

不動産売却のプロ
相続した不動産を売却するときには節税対策をきちんと行える不動産会社を選びましょう。

不動産を売却し、代金から不動産の購入と売却にかかった費用を差し引いて利益(=「不動産譲渡所得」)が発生した場合には税金がかかります。

税額の決定には所有年数やその不動産が居住用(マイホーム)であったかなどが関わってくるため、何も知らず相続してすぐに売却してしまうと多額の税金を支払わなくてはならなくなる場合があるのです。

不動産売却のプロ
しかし実は亡くなった親が住んでいて空き家になってしまった物件でも、制度を理解していれば3,000万円の控除を受けられる可能性があります。

また取得費(いくらで買ったか)が分からない場合にも、市街地価格指数という手法を使い税額を大きく抑えられるケースもあるのです。

大手の不動産会社であれば相続不動産の売却ノウハウも豊富で必要以上の税金が発生しないよう取り計らってくれると考えられます。

査定を依頼する際などに節税について相談してみましょう。

疑問2 ローンが残っている不動産を売却するときはどうすればいい?

住み替えなどの理由からローンが残っている不動産を売却したいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ローンが残っている不動産を売却することも可能ですが、ローン返済中の不動産には「抵当権」が付いている点に注意が必要です。

抵当権とは
不動産の購入者(=債務者)がローンを支払えなくなった場合に、ローンを融資した金融機関がその住宅を担保として差し押さえることのできる権利のことです。

ローンが残っている不動産は抵当権を外さなくては売却できませんが、そのためにはローンを完済する必要があります。

今完済するお金がないと売却できないということですか?

実はローンが残った不動産を売却する場合、抵当権を外す=ローンを完済するのは売り主に物件を引き渡す日で構いません

そのため売却した不動産の代金を返済に充てることができます。

ただしローンの残債が売却して得られるお金を上回ってしまうと、自己資金でローンをまとめて返済しなくてはなりません。

事前に不動産会社の担当者とも相談しながらきちんとローンを完済できるよう、資金計画を立てておきましょう

不動産売却のプロ
住宅ローンが残っている家の売り方について詳しく知りたいという方は、「住宅ローンが残っている家は売れない?売却が難しいたった1つの理由」をご覧ください。

疑問3 賃貸中の不動産を売却するときはどうすればいい?

今賃貸に出している不動産を売却したいんだけど、どうしたら良いのかな?

このようにお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。

賃貸中の不動産を売却する場合にはまず、今の居住者が入居したまま売却するか、退去をお願いして空き家の状態で売却するかを決めることになるでしょう。

賃貸中の不動産の借り主には、「借家権」という権利があることに注意が必要です。

借家権とは
賃貸の借り主に認められている権利のことです。不動産の所有者による解約や契約更新拒絶には正当な理由がなくてはならないことなどが定められています。

つまり不動産の持ち主の都合でいきなり退去を迫ることはできないのですね。

空き家状態で不動産を売却するためには、現在の入居者に立ち退き料を支払う必要があるかもしれません。

一方、居住者が入居したままの売却は居住者に借家権があり買い主が不動産を好きにできないことから、空き家状態よりも売価は低く設定される傾向にあります。

不動産売却のプロ
一長一短だといえるので、不動産会社とよく相談して売却を進めましょう。

また賃貸不動産は収益を上げるためのものですから、買い主が購入の決め手とするのは利回りであると考えられます。

査定額も利回りによって決まるものであることを把握しておきましょう。

メモ
賃貸マンションなどの場合は管理費や修繕積立金の滞納も引き継がれるので事前に精算しておきましょう。費用の滞納は売買の重要事項説明書で記載する必要がありますので、それらを内緒にして売却はできません。

疑問4 とにかく早く売りたいときはどうすればいい?

とにかく早く売りたいときはどうすれば良いでしょうか?

遠方への引っ越しが控えているなど、とにかく早く売りたいというときには買取を検討しましょう。

買取の場合は不動産会社が買い主となるため、買い主探しに時間をかける必要はありません。

また売り主に対する瑕疵担保責任も発生しないため手間をかけずに不動産を現金化することができます。

複数の不動産会社に査定してもらい、最も査定額が高かった不動産会社に売却しましょう。

不動産売却のプロ
ただし買取の場合、仲介で買い主を探すよりも売却価格は低くなる点には注意が必要です。

6.まとめ

不動産を売却するに当たっては初めてで慣れないことも多く、何から始めて良いのか困ってしまいますよね。

不動産売却において最も重要なのは信頼のおける不動産会社をしっかりと見極めることだといえます。

不動産会社はあなたの不動産を査定し、契約を結べば買い主を探すことになるいわば「パートナー」です。

信用できる不動産会社を見極めるために、まずは複数の不動産会社に査定を依頼し結果を比較しましょう。

不動産売却のプロ
不動産一括査定サイトを利用すれば、簡単に手間なく複数の不動産会社に査定を依頼することができます。

不動産一括査定サイトを活用してあなたにぴったりの不動産会社を見つけてくださいね。

【不動産会社も太鼓判!おすすめ不動産一括査定サイト9選】

サイト名 参加会社数 同時査定可能数 特徴
HOME4U 1,500社以上 最大6社 日本で初めて一括査定サービスを発足した老舗サイト。信頼性、安全性、実績ともにピカイチ
すまいValue 6社 最大6社 業界をリードする6社が直接運営する不動産一括査定サイト
SUUMO (2,000店舗以上) 最大10社 不動産会社を実際の売却実績などから絞り込む機能が便利
LIFULL HOME’S 3,078社 最大10社 提携会社数が多く、不動産会社の特色や雰囲気がわかりやすい
イエウール 1,974社以上 最大6社 地域密着の優良不動産会社と多数提携している
おうちダイレクト 10社 最大10社 Yahoo!やSRE不動産など他にない独自の販売チャネルが魅力
マンションナビ (2,500店舗以上) 最大9社 マンション売却に特化。賃料査定にも対応
RE-Guide 800社以上 最大10社 運営15年目の老舗の不動産一括査定サイト。投資物件に強み
リビンマッチ 2,600社以上 最大6社 売却査定の他にもさまざまなサービスを提供
不動産売却のプロ
もしも迷ってしまった場合はHOME4UすまいValueの2サイトを利用するのがおすすめです。

家やマンションなど不動産を売りたい方は早めの査定がおすすめ

家の売却には平均的に6ヶ月から1年、マンションの売却には3ヶ月から6ヶ月もの時間がかかります。急いで住居を移らなければいけない事情が発生した場合でも、すぐに売ることができるわけではありません

また、不動産は売却する時期によって需要が変わるため、価格が大きく変動します。慌てて売りに出すと買い主との価格交渉で不利になってしまう可能性もあるのです。

そのため、今すぐに不動産を売ろうと考えていない場合でも早めに査定しておくことが重要です。

査定に出したからといって、必ず売却しなければいけないわけではありません。

査定は無料で行えるため、相場を把握する目的で気軽に利用して大丈夫ですよ。 (ただし、すでに不動産売却が決まっている方は急いで査定を依頼しましょう。)

一括査定を利用すれば、特別な書類を用意することなく、最短1分で複数のさまざまな不動産会社に査定の依頼を出すことが可能です。

「一括査定サイトの数が多すぎて、どれを使っていいかわからない……」という方には、日本で最も歴史のある不動産一括査定サービスで、抜群の実績を誇るHOME4Uをおすすめします。

HOME4UはNTTグループが運営しているサービスのため、安心して利用できるのも嬉しいポイントです。

また、「大手不動産会社に見積を出してほしい……」という方には、業界トップの6社が参加しているすまいValueで査定を依頼しましょう。

すまいValueは東急リバブル、住友不動産販売、三菱地所ハウスネット、三井のリハウス、小田急不動産、野村の仲介の6社が直接運営を行っている一括サービスです。

なかにはすまいValueにしか参加していない会社もあります。

ただし、査定を依頼できるのはこの6社のみのため、バランスよく相場を把握するためにもHOME4Uとあわせて利用するのがおすすめですよ。

>>HOME4Uの公式サイトはこちら

>>すまいValueの公式サイトはこちら

不動産一括査定の申し込みをする(無料)
【査定する物件】の情報を入力してください
都道府県が選択されていません。
市区町村が選択されていません。
ご指定いただいたエリアへのお問合せは、現在取り扱っておりません。
※下記「売却査定サービスの注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。
上記フォームからの不動産売却査定サービスの注意点
上記の不動産一括査定サービスは、弊社ではなく、「HOME4U」が提供しているものとなります。株式会社チェスターは、上記フォームからお客様がご入力いただいた情報を取得いたしません。「HOME4U」は、株式会社NTTデータスマートソーシングが運営を行っており、ご入力いただいた個人情報は、株式会社NTTデータスマートソーシングが管理(収集、利用、提供、委託)します。

このページについて
チェスターのロゴ
株式会社チェスター
Chester Certified Tax Accountants Co

事例紹介では、株式会社チェスターが不動産に関連する知識をわかりやすく解説しています。

株式会社チェスターは、相続税を専門に取り扱う「税理士法人チェスター」のグループ会社です。

強み

01 【実績】
年間100億円以上の売却案件を豊富に取り扱っている

02 【信頼】
相続専門 No.1 税理士事務所のグループ会社

03 【専門性】
複雑な税務・法務のお悩みにも対応可能

この記事の目次