「仲介」「買取」どちらが高く売れる?|不動産売却ノウハウ

自宅マンション等の不動産を売却する際に、不動産会社に「仲介」を依頼して市場に売りに出すのか、もしくは直接不動産会社に「買取」をしてもらうのか、果たしてどちらの方がより高く売れるのかよく分からないという方は多いと思います。

「仲介」を主業務にしている不動産会社は「仲介」を勧めてくるし、「買取」を主業務にしているその逆…。インターネットにある一般的な不動産会社の解説記事も概ねそんな感じです。この記事はあくまで中立的な立場でどちらが良いのか、ありのままを解説したいと思います。

☑【無料!】相続不動産を専門に取り扱うプロへ査定・売却の相談をする▶

目次

1.「仲介」と「買取」それぞれの特徴とメリット・デメリット

「仲介」とは、不動産会社に依頼し、自分の不動産を“市場”に売りに出してもらい一般の人に買ってもらう手助けをしてもらうことを言います。通常、買い主を不動産会社が見つけ売却が決まった段階で、売主はその不動産会社に成功報酬(売却価格の約3%)で仲介手数料を支払う仕組みです。

「買取」とは、自分の所有する不動産を不動産会社に直接買い取ってもらうことを言います。自分で直接買い取ってもらう不動産会社を見つけることができれば、不動産会社に対して仲介手数料は払う必要がありません。

売却方法 「仲介」 「買取」
メリット ・売却価格が高くなる傾向がある ・早く売却することができる
・「瑕疵担保責任」が発生しない
・近所に知られず売却できる
デメリット ・仲介手数料が必ずかかる
・売却まで時間がかかることが多い
・物件によっては売れない
・売却活動が近所に知られる
・売却価格が低くなる傾向がある

・瑕疵担保責任について

瑕疵担保責任とは、売却時点では明らかになっていない欠陥を売却後も保証しなければいけないという責任を言います。例えば、売却後に雨漏りがすることが判明したような場合、それに関わる損害賠償責任を買い主から売却後であっても受ける可能性があります。

・仲介手数料について

「買取」をしてもらう不動産会社を自分で探して見つけてきた場合には、この仲介手数料は払う必要はありません。ただ、あまり知識のない方が直接不動産会社と価格交渉のやり取りを行うことはおすすめできません。仲介手数料はかかりませんが、買取を行っている業者は1円でも安く買おうとしますので、買い叩かれてしまうでしょう。

・近所に知られるかどうか

「仲介」で売却を行った場合は、依頼を受けた不動産会社は、売却活動をしないといけませんので、「この不動産を買いませんか?」というチラシを近所に配布します。その結果、「あのお宅売りにでてるわよ」ということですぐに近所に知れ渡ってしまいます。

2.「仲介」と「買取」どちらが高く売れる?

「仲介」「買取」どちらが高く売れるのか?結論から言うと、ケースバイケースです。ただ、一般的には「仲介は高く売れるが時間がかかる」、「買取は早く売ることができれるが安くなる」と言われています。ただ、物件の特徴によって、この一般論が当てはまらない場合も多くありますので、詳しく見ていきましょう。

2-1.「仲介」の方が高く売れる場合

「誰もが欲しがるような魅力的な手頃な物件」であれば、「仲介」の方が高く売れる可能性が高くなるでしょう。買い主は「一般人」です。そのため、「一般人」がその物件を“そのままの状態”で欲しいと思うかどうかがポイントです。売りに出したタイミングでその物件を欲しいと思う人が具体的に何人くらいいるかと想像してみてください。
人気エリア、駅近、良い間取り、築浅、手頃な価格、といった好条件が整っていたら欲しいと思う買い主も世の中に大勢いるはずなので、「仲介」でも問題なく、すぐに、かつ高く売却することができるでしょう。

不動産は、需要と供給の関係です。あなたが売りに出した物件(供給)に対して、欲しいと思う人がそのタイミングで大勢いたら、結果として価格は高騰し高く売却できることになります。

2-2.「買取」の方が高く売れる場合

逆説的ですが、「誰もが欲しがるような魅力的な手頃な物件」以外の物件です。不動産会社は、「誰もが欲しがらない」物件や、「手頃でない(高額な)」物件でも、多くの場合、即金で買い取ってくれます。なぜならそれをビジネスとしているからです。

今、誰も欲しくなくても将来は需要が生じるかもしれない。それまでは賃貸に出しておこう。
高額で広大な土地でも分割して複数人に売却すれば良い。単体では使い物にならない土地でも隣地も買い取って一体として利用すれば良い。

などなど、不動産会社はありとあらゆることを考えてその不動産を有効活用しようとします。ただ、こうした“ひと手間”をかけて不動産に付加価値をつけて転売することが「買取」を行っている不動産会社のビジネスモデルなので、一般的にこの“ひと手間”の部分だけ、仲介よりも買取価格が安くなってしまう傾向があります。

3.中立的な視点でアドバイスをくれる不動産会社に依頼しよう

さて、ここまで読んでも、あなたが売却しようとしている物件が、どちらに向いている不動産なのか、分からない方も多いと思います。

そうした場合は、迷わずプロに相談すべきです。ただ、仲介だけをしている不動産会社に相談すれば仲介が良いと言われますし、買取だけをしている不動産会社に相談すれば買取が良いと言われてしまいます。

また、「買取」を自社でやっている会社に直接相談に行けばそこが仮に仲介もやっている会社であったとして、利益率の高い「買取」を強く勧められてしまうでしょう。

そこでお勧めなのが、仲介と買取を比較して中立的な立場で売却の提案をしてくれる不動産会社に相談に行くことです。
例えば、弊社、株式会社チェスターの場合、仲介と買取の中からそれぞれのお客様の有利となる方法を中立的な立場からご提案させていただいております。

4.まとめ

ここまで、「仲介」と「買取」の違いやメリット・デメリット、またどちらが高く売却できるのかということについて説明をしてきました。
結論としては、物件によりケースバイケースということになりますが、どちらにせよ、信頼できる不動産会社を見つけそこに相談にいく必要があります。
非常に高額な取引になるので、不動産会社選びも慎重に行いましょう。


◎こちらの記事もよく読まれています。
✓不動産を高く売却したい!知っておくべき注意点とは?>>


☑【無料!】相続不動産を専門に取り扱うプロへ査定・売却の相談をする▶

不動産一括査定の申し込みをする(無料)
【査定する物件】の情報を入力してください
都道府県が選択されていません。
市区町村が選択されていません。
ご指定いただいたエリアへのお問合せは、現在取り扱っておりません。
※下記「売却査定サービスの注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。
上記フォームからの不動産売却査定サービスの注意点
上記の不動産一括査定サービスは、弊社ではなく、「HOME4U」が提供しているものとなります。株式会社チェスターは、上記フォームからお客様がご入力いただいた情報を取得いたしません。「HOME4U」は、株式会社NTTデータスマートソーシングが運営を行っており、ご入力いただいた個人情報は、株式会社NTTデータスマートソーシングが管理(収集、利用、提供、委託)します。

このページについて
チェスターのロゴ
株式会社チェスター
Chester Tax Co.

事例紹介では、株式会社チェスターが不動産に関連する知識をわかりやすく解説しています。

株式会社チェスターは、相続税を専門に取り扱う「税理士法人チェスター」のグループ会社です。

強み

01 【実績】
年間100億円以上の売却案件を豊富に取り扱っている

02 【信頼】
相続専門 No.1 税理士事務所のグループ会社

03 【専門性】
複雑な税務・法務のお悩みにも対応可能

この記事の目次