不動産の売却はやっぱり大手の不動産会社が安心? 大手不動産会社のメリットとは?

不動産の売却をする際には、まずは不動産会社探しからスタートされることと思います。
しかし、有名な大手不動産会社が良いか地元の不動産会社が良いかで悩まれている方も多いのではないでしょうか?
以前、大手の不動産会社と地域密着型の不動産会社のメリットとデメリットを紹介する記事を掲載させていただきましたが、今回は、大手不動産会社のメリットを中心に大手不動産会社に依頼することが向いている方などもご紹介させていただきます。
大手不動産会社と地域密着型の不動産会社のメリット・デメリットに関する記事は下記よりご確認ください。

大手が良いか地域密着型か。不動産売却に適した不動産会社を見極めるポイントとは?

目次

1.大手の不動産会社の3つのメリット

大手の不動産会社に依頼するメリットは大きく分けて3つあります。

大手不動産会社に売却を依頼するメリット

1-1.購入希望者の情報量が多い

大手不動産会社の最大の強みは情報量が圧倒的に多いという点です。つまり、購入希望者の情報も多く持っていることになります。大手の不動産会社は大手同士の独自のネットワークを持っていることが多いため、全国的に買手の情報を収集しやすい傾向にあります。

1-2.広告活動が幅広く行える

大手不動産会社はサイトを活用した広告活動やチラシ、ダイレクトメールなど広告活動を幅広く行うことを得意としています。そのため、購入を検討している方に広く情報を知ってもらうことが可能です。

1-3.組織がしっかりとしている

大手不動産会社は従業員数も多く、きちんとした研修が行われているところがほとんどです。仮に担当者が不在であっても代わりの担当者がきちんと対応してくれるなど、比較的安心してお願いすることが出来ます。

2.大手の不動産会社への依頼がおすすめなケース

大手不動産会社への売却依頼が向くケース

2-1.新興住宅地の物件の売却を検討している

新興住宅地とは、比較的都市部に近く、新たに開発された住宅地を言います。新興住宅地の物件は、比較的若い年代のファミリー層に人気が高く、会社にお勤めの方などが購入を検討されます。
普段、それほど不動産会社に縁が無い方が多いため、購入を検討する際には大手の不動産会社に相談に行くケースが多いです。そのため、新興住宅地の物件は大手の不動産会社の方がスムーズに売却できる可能性が高いです。

2-2.マンションの売却を検討している

マンションの売却は圧倒的に大手不動産会社の方が強いと言えます。地元の不動産会社の場合、中古マンションの売買の取り扱いを行っていないというケースも存在します。
不動産会社がマンションを管理している場合には、その不動産会社に相談してみるということも一つです。

2-3.とにかくどこの不動産会社が良いか迷っている

どこが良いのか迷っているという場合には、とりあえず大手に相談してみましょう。
大手は扱っている物件の数も多く、不動産売却に関しての流れなどもしっかりと理解しています。何を基準に選んだら良いか、どうしたら良いかと悩んだ場合には大手が安心です。

3.大手不動産会社に依頼する際の注意点

大手の不動産会社に売却を依頼する際に注意しておいた方が良い点が一つあります。それは「両手仲介」です。
大手の場合、売り手側と買い手側、双方の情報を多く持っているため、自社の顧客間同士で売買を成立させたいと考えているケースがあります。
もちろん、条件等を変更することなく顧客間同士での売買が成立する分にはそれほど大きな問題はありませんが、成立させることを目的に売主側に売買価格の値下げ交渉をされる可能性があります。また、近年問題となっている囲い込みの心配も考えられるため、両手仲介には注意が必要です。

4.両手仲介と片手仲介とは?

両手仲介と片手仲介は不動産会社でよく使われる専門用語のようなものです。
不動産会社は売主の代わりに不動産の売却活動を行い、売却が成立したら仲介手数料を受け取ります。
この仲介手数料の受け取り方に「両手仲介」と「片手仲介」が存在します。

4-1.両手仲介

両手仲介

両手仲介は、1つの不動産会社が仲介に入り、自社の顧客間同士で売買を進める方法です。
売主、買主、どちらも自社の顧客となるため、それぞれから仲介手数料を受け取ることが出来ます。

4-2.片手仲介

片手仲介

片手仲介は売主と買主の仲介を行う不動産会社がそれぞれ別となります。売主側の不動産会社と買主側の不動産会社が売買の交渉を行う形となります。売主か買主どちらか一方の仲介を行うことになりますので、仲介手数料もどちらか一方から受け取ることになります。

売買契約後や物件の引き渡し後のトラブル等に関しても、仲介した不動産会社がどちらも責任をもって処理を行う必要があり、売主側、買主側からすると片手仲介の方が取引しやすいという特徴があります。

5.不動産の売却は複数社を比較することが大切

不動産の売却では、複数社に査定を依頼することが大切です。最近では一括で複数社に査定を依頼できるサービスなども増えています。
大手も含め数社に査定を依頼し、ご自身が信頼できる不動産会社に仲介を依頼することが大切です。

まとめ

大手の不動産会社は圧倒的な情報量の多さ、幅広い広告活動などの大手ならではのメリットがあります。
新興住宅地や人気エリアなどの物件の売却を検討している場合には、やはり大手に依頼した方が早く買い手が見つかる可能性が高いです。
地域を絞って売却活動を行いたいという場合には、地域に精通した地元の不動産会社の方が強い傾向にあるため、ご自身がどのような条件で売却を行いたいかをしっかりと考えておく必要があります。
どちらにせよ、不動産の売却を行う場合には、複数社に査定を依頼し、比較検討して進めましょう。

不動産一括査定の申し込みをする(無料)
【査定する物件】の情報を入力してください
都道府県が選択されていません。
市区町村が選択されていません。
ご指定いただいたエリアへのお問合せは、現在取り扱っておりません。
※下記「売却査定サービスの注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。
上記フォームからの不動産売却査定サービスの注意点
上記の不動産一括査定サービスは、弊社ではなく、「HOME4U」が提供しているものとなります。株式会社チェスターは、上記フォームからお客様がご入力いただいた情報を取得いたしません。「HOME4U」は、株式会社NTTデータスマートソーシングが運営を行っており、ご入力いただいた個人情報は、株式会社NTTデータスマートソーシングが管理(収集、利用、提供、委託)します。

このページについて
チェスターのロゴ
株式会社チェスター
Chester Tax Co.

事例紹介では、株式会社チェスターが不動産に関連する知識をわかりやすく解説しています。

株式会社チェスターは、相続税を専門に取り扱う「税理士法人チェスター」のグループ会社です。

強み

01 【実績】
年間100億円以上の売却案件を豊富に取り扱っている

02 【信頼】
相続専門 No.1 税理士事務所のグループ会社

03 【専門性】
複雑な税務・法務のお悩みにも対応可能

この記事の目次