相続登記を自分で行う方法

相続登記は自分で行うこともできます

相続の登記は、司法書士に依頼するのが確実です。
ですがこれを自分で行うことも十分可能です。
相続関係は実際に戸籍を取得しなければわからないこともあります。
家族の誰もしらなかった子供が存在していたり、などということも珍しくないのです。
自分で戸籍を集めて相続人を特定していくことは結構大変なことなのですが、戸籍を集めていって家族の歴史を紐解いていくもの有意義なことです。

手続きの大まかな流れ

登記事項証明書を取得し、登記簿謄本にしたがって所有者を確認しましょう。
戸籍、住民票、評価証明書を集めて相続人を確定しましょう。
相続登記の書類を作りましょう。
郵送でもできますが、相続登記を申請しましょう。

法務局に申請します

申請はその不動産を管轄する法務局に申請します。
申請者は原則として物件を相続する人が行います。
期限はなく、いつでも可能です。
書類としては相続登記申請書、登記原因証明情報、住所証明情報、登録免許税が必要となります。
それぞれ、かかる費用があります。登記事項等証明書代は数千円、戸籍や住民票などで数千円、法務局への交通費または郵送代が数千円、登録免許税は固定資産税評価額の0.4%となりますので、1000万円なら4万円の税金がかかります。
特に登録免許税は大きな金額になりがちですので、注意してください。あらかじめお金を準備しておくか、相続税を支払うタイミングで売却して現金を準備するようにしてください。

登記事項証明書を準備しましょう

登記事項証明書は必要です。その対象の財産が本当になくなった方のもので、相続に該当するものであるかどうかを確認するための書類です。
ですので、これは取得しておいたほうがいいでしょう。相続登記を申請しても、所有権が移転されていて申請が却下されることもままあります。

登記事項証明書はかつて登記簿謄本と呼ばれていたものです。
法務局で申請書を提出して取得します。窓口だけでなく郵送でも可能です。
わからないことは法務局に問い合わせしましょう。

戸籍を準備しましょう

戸籍も重要です。ただ最新の戸籍を取ればいいというものではなく、結婚したり転籍を行ったりなどして新しくつくられた戸籍はすべてたどる必要があります。数回の離婚歴があったりそのたび子供をもうけていたりした場合は複雑です。足りない戸籍がある場合は法務局では相続登記を受け付けてくれませんので注意が必要です。
空白の期間に子供がいる場合があり、その子供が相続権を持っている可能性があるからです。ですので戸籍は生まれたときからさかのぼり、すべてそろえる必要があります。
正確には生殖可能期間からスタートでもいいはずですが、生まれたときからさかのぼるのが基本とされています。生まれたときからさかのぼって、戸籍を準備しましょう。あちこち転居していたり転籍していたり結婚離婚があると結構面倒ですが、自分でやると決めたのですからがんばるしかありません。

遺産分割協議書を作成しましょう

誰がどの遺産を相続するかについて分割し、協議した内容を記載して実印を押します。

申請書、相続関係説明図などを作成しましょう

法務局のホームページには申請書の雛形がが載っています。
不動産登記事項証明書から遺産分割協議書を作成すると、戸籍謄本などの資料が揃った時点で申請書と相続関係説明図が作れるようになります。

収入印紙を貼り付けて法務局に提出しましょう

さあ、あとは提出するだけです。固定資産税評価額の0.4%を登録免許税として納付する必要があります。登録免許税は収入印紙で構いません。


◎こちらの記事もよく読まれています。
✓不動産を高く売却したい!知っておくべき注意点とは?>>


☑【無料!】相続不動産を専門に取り扱うプロへ査定・売却の相談をする▶

家やマンションを売ろうと考えているなら、とにかく早めの査定を

家の売却には平均的に6ヶ月から1年、マンションの売却には3ヶ月から6ヶ月もの時間がかかります。急ぎで住居を移らなければいけない事情が発生した場合でも、いきなり売却できるわけではありません

また、家やマンションの売却価格は時期などによる需要で大きく変動します。急いで売りに出すと価格交渉で不利になる可能性があります。

今すぐに不動産の売却を考えていない場合でも、早めの査定をおすすめします。査定に出したからといっても必ず売却しなければいけないわけではないので、相場感を把握する目的でも利用できます。 ※不動産売却が既に決まっている方は急ぎ査定を貰いましょう

「一括査定サイトの数が多すぎて、どれを使っていいかわからない」という方には、日本で最も古くから一括査定サービスを提供している、実績抜群のHOME4Uをおすすめします。運営会社もあのNTTのグループ会社なので安心です。

特別な書類は一切必要なく、最短1分で複数の大手不動産会社に査定の依頼を出すことができます。もちろん査定は無料です。

HOME4Uの公式サイトはこちら>>

不動産一括査定の申し込みをする(無料)
【査定する物件】の情報を入力してください
都道府県が選択されていません。
市区町村が選択されていません。
ご指定いただいたエリアへのお問合せは、現在取り扱っておりません。
※下記「売却査定サービスの注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。
上記フォームからの不動産売却査定サービスの注意点
上記の不動産一括査定サービスは、弊社ではなく、「HOME4U」が提供しているものとなります。株式会社チェスターは、上記フォームからお客様がご入力いただいた情報を取得いたしません。「HOME4U」は、株式会社NTTデータスマートソーシングが運営を行っており、ご入力いただいた個人情報は、株式会社NTTデータスマートソーシングが管理(収集、利用、提供、委託)します。

このページについて
チェスターのロゴ
株式会社チェスター
Chester Certified Tax Accountants Co

事例紹介では、株式会社チェスターが不動産に関連する知識をわかりやすく解説しています。

株式会社チェスターは、相続税を専門に取り扱う「税理士法人チェスター」のグループ会社です。

強み

01 【実績】
年間100億円以上の売却案件を豊富に取り扱っている

02 【信頼】
相続専門 No.1 税理士事務所のグループ会社

03 【専門性】
複雑な税務・法務のお悩みにも対応可能