レインズの不動産検索方法とできること

マンション、一戸建て、土地などの不動産を売却しようとすると、必ずと言ってよいほど耳にする「レインズ」。

その内容を皆さんは理解できているでしょうか?

この記事では、レインズについて基礎知識を解説します。

このページで解決します!
Q&A 良くある疑問
レインズって何?
ネットを媒介とした、不動産の売主と買主をマッチングするシステムです。会員である不動産会社から情報を受け取り、情報提供を行っています。
>>もっと詳細を知る
レインズを使うメリットは?
マッチングする購入相手を迅速に決めることができる、事例を基にして適切な市場価格で取引が可能、など、専門サイトならではのメリットが多いです。
>>もっと詳細を知る
不動産の知識に不安があるが、レインズを使える?
不動産売買の基礎知識というコーナーもあり、イラスト付でわかりやすく解説してくれています。
>>もっと詳細を知る

この記事の監修税理士
監修税理士の税理士法人チェスター代表 福留正明
税理士法人チェスター代表
福留 正明
公認会計士・税理士・行政書士。相続税対策に強みを持つ税理士法人チェスターの代表社員。株式会社チェスターでは、年間100億円以上の売却案件を豊富に取り扱っている。 TV/雑誌など各種メディアからの取材歴多数。また、土地や相続についての書籍も多数出版している。
株式会社チェスターは、総勢190名以上の税理士法人グループの不動産会社です

以下のサイトならスマホからでも
1分で無料査定を依頼できます
おすすめ不動産査定サイト3選
HOME4U
HOME4U
実績No.1!一括査定の王道サイト
優良不動産会社から幅広い査定が欲しい方向け
HOME'S
HOME'S
不動産会社の顔が見える唯一の査定サイト
価格+不動産会社の特色を知りたい方向け
SUUMO
SUUMO
知名度No1!大手・地場問わず全国の不動産会社が参加中!
売却実績などで不動産会社を比較したい方向け
不動産一括査定サイトについて詳しくはこちら>>

レインズの不動産検索とは

レインズとはReal Estate Information NetWork Systemの略でREINSです。

国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構(正確には「公益財団法人東日本不動産流通機構」といいます)が運営しています。東日本、中部、近畿、西日本の4つの地域に分かれて運営されており、それぞれ東日本レインズ、中部レインズ、近畿レインズ、西日本レインズと呼ばれています。

レインズは、会員である不動産会社から受け取った情報をインターネット上で提供する検索システムで、リアルタイムに会員間で情報のやり取りができます。

パソコンや携帯端末などからアクセスできますし、FAXなどで情報を取り出すことも可能です。

不動産の売却を考えている人と、不動産の購入を考えている人がお互いに探せるマッチングシステムになっているのです。

レインズのメリット

レインズを使用するメリットはいくつかあります。

まず、マッチングする購入相手を迅速に決めることができます。

また、事例を基にして適切な市場価格で取引が可能になります。

加えて、蓄積された情報のデータベースを活用して、各種統計データが発表されているのでマーケット調査が可能です。

このように、専門サイトであるレインズから得られるメリットは非常に大きいのです。

レインズでできること

それではより具体的に、レインズでできることを紹介していきます。

できること1.市場検索
できること2.マーケットウォッチ、市況トレンドの把握
できること3.不動産売買の基礎知識の習得

できること1.市場検索

レインズを使えば、現在売却中の物件情報を検索することが出来ます。

まずはレインズのトップページから、REINS Market Informationページをクリックします。

次に、マンションもしくは戸建かを選択し、都道府県(必須)と地域(必須)を選びます。

地域を選んだら、今度は地域詳細、沿線、最寄り駅、駅からの徒歩、単価、専有面積、間取り、築年数、成約時期、用途地域、横軸×縦軸(表示方法)を選びます。
※これらは必須ではありませんので、絞込みに使用します。

条件を選択して検索すると、不動産取引の詳細を閲覧できます。

取引動向には地域差がありますので、取引したい地域がわかっている場合は、該当の地域のレインズをご利用ください。

できること2.マーケットウォッチ、市況トレンドの把握

マーケットウォッチ、市場トレンドを把握できます。

レインズにはマンションや戸建の状況などの成約情報や在庫状況などのマーケットウォッチが流れています。

レインズのトピックや首都圏不動産の流通市場の動向などの分析が行われているのですが、これは実際に取引されているデータを下にした市場分析ですので非常にリアリティーのある分析になっており、信用できます。

また首都圏に限っては、流通市場の動向だけでなく賃貸の状況などもニュースソースとして流れていますので、まさに不動産の市場動向を網羅的に把握するためにピッタリと言えるでしょう。

また、過去のマーケットウォッチを参照したり、前年度のマーケットウォッチをCD-ROMにして販売もしていますので購入して参考資料にすることも可能です。

できること3.不動産売買の基礎知識の習得

レインズを使う人は素人はほとんどいませんからあまり意味はないのかもしれませんが、不動産売買の基礎知識というコーナーもあり、専属専任媒介契約や一般媒介契約の違いなどもイラスト付でわかりやすく解説してくれています。

自己発見取引も可能ですので、売主自身で売り先・買い手を見つけて取引するも可能となっています。不動産会社に任せきりにせずに自分で取引相手を見つけられるのも大きな魅力となっています。

この記事の要点まとめ
  • レインズを使うことで、不動産の売り手と買い手の迅速なマッチングが可能
  • 専門サイトであるので、事例を基にして適切な市場価格で取引ができる
  • マーケットウォッチ、市場トレンドの把握などが可能。リアルな市場分析を売却の参考にできる

◎こちらの記事もよく読まれています。
✓不動産を高く売却したい!知っておくべき注意点とは?>>


家やマンションを売ろうと考えているなら、とにかく早めの査定を

家の売却には平均的に6ヶ月から1年、マンションの売却には3ヶ月から6ヶ月もの時間がかかります。急ぎで住居を移らなければいけない事情が発生した場合でも、いきなり売却できるわけではありません

また、家やマンションの売却価格は時期などによる需要で大きく変動します。急いで売りに出すと価格交渉で不利になる可能性があります。

今すぐに不動産の売却を考えていない場合でも、早めの査定をおすすめします。査定に出したからといっても必ず売却しなければいけないわけではないので、相場感を把握する目的でも利用できます。 ※不動産売却が既に決まっている方は急ぎ査定を貰いましょう

「一括査定サイトの数が多すぎて、どれを使っていいかわからない」という方には、日本で最も古くから一括査定サービスを提供している、実績抜群のHOME4Uをおすすめします。運営会社もあのNTTのグループ会社なので安心です。

特別な書類は一切必要なく、最短1分で複数の大手不動産会社に査定の依頼を出すことができます。もちろん査定は無料です。

HOME4Uの公式サイトはこちら>>

不動産一括査定の申し込みをする(無料)
【査定する物件】の情報を入力してください
都道府県が選択されていません。
市区町村が選択されていません。
ご指定いただいたエリアへのお問合せは、現在取り扱っておりません。
※下記「売却査定サービスの注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。
上記フォームからの不動産売却査定サービスの注意点
上記の不動産一括査定サービスは、弊社ではなく、「HOME4U」が提供しているものとなります。株式会社チェスターは、上記フォームからお客様がご入力いただいた情報を取得いたしません。「HOME4U」は、株式会社NTTデータスマートソーシングが運営を行っており、ご入力いただいた個人情報は、株式会社NTTデータスマートソーシングが管理(収集、利用、提供、委託)します。

このページについて
チェスターのロゴ
株式会社チェスター
Chester Certified Tax Accountants Co

事例紹介では、株式会社チェスターが不動産に関連する知識をわかりやすく解説しています。

株式会社チェスターは、相続税を専門に取り扱う「税理士法人チェスター」のグループ会社です。

強み

01 【実績】
年間100億円以上の売却案件を豊富に取り扱っている

02 【信頼】
相続専門 No.1 税理士事務所のグループ会社

03 【専門性】
複雑な税務・法務のお悩みにも対応可能