HOME4Uなら不動産が高く早く売れる?不動産会社が徹底解説!

Home4U

「HOME4Uってどんな不動産一括査定サイトなんだろう?」

「HOME4Uを使うメリットがあれば知りたいなあ。」

不動産一括査定サイトについて調べていてHOME4Uを知り、利用してみたいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

HOME4Uは日本で一番初めに開設された不動産一括査定サイトで、NTTグループの会社によって運営されています。

大手から中小までさまざまな規模の不動産会社が参加していることが特徴です。

運営歴も長く実績も豊富なサービスですが、利用するにあたってはデメリットがないのかも気になるところですよね。

不動産売却のプロ
この記事ではHOME4Uの特徴や利用するメリット、気になるデメリットまで分かりやすく解説していきます。

この記事の執筆者
私たちは不動産のプロフェッショナルです。
執筆者の株式会社チェスター(株)チェスター
株式会社チェスターは不動産売買や賃貸の仲介などを行う不動産会社です。特に不動産売却の取扱高は年間100億円を超え、豊富な実績があります。

1.HOME4Uの特徴とは?

HOME4U

「不動産一括査定サイトってたくさんあるけど、どれも似たようなものなんじゃないの?」

HOME4Uは他の不動産一括査定サイトとどう違うんだろう?」

このような疑問をお持ちの方は多くいらっしゃるでしょう。

他のサービスとの違いを自分で調べるのは大変ですよね。

まずは不動産会社の視点でHOME4Uの特徴を詳しくご紹介していきます。

1-1.日本で一番歴史の長い不動産一括査定サイト

HOME4Uは2001年にサービスを開始した日本で一番歴史の長い不動産一括査定サイトです。

ユーザーの支持を受けて20年もの間サービスを継続しているのですね。

新しいサービスかと思っていたら、HOME4Uはそんなに昔から不動産一括査定サイトをやっているんだなあ。

1-2.運営企業はNTTグループ

「歴史が長いことは分かったけど、どんな企業が運営しているんだろう?」

という点が気になりますよね。

HOME4Uの運営企業は電気通信産業の最大手であるNTTグループ傘下の「株式会社NTTデータ・スマートソーシング」です。

官公庁や銀行などとの取引もあり、日本最高クラスのセキュリティを誇るNTTグループの提供するサービスなら安心して利用できますよね。

1-3.累計40万件以上の査定実績あり

「実際に実績はどれくらいあるんだろう?」

HOME4Uがどれだけの査定実績を積んできたかを知りたいという方もいらっしゃるでしょう。

HOME4Uを通じて依頼された査定の件数はなんと累計40万件以上(2020年3月時点)にものぼります。

なるほど、実績もたくさんあるんだなあ。
不動産売却のプロ
歴史が長く続いているということは、それだけ利用者の支持を得てきたということですね。

1-4.1,500社以上の不動産会社と提携

HOME4Uには約1,500社以上もの不動産会社が参加しています。

つまり、1,500社のなかから自分の売りたい不動産の条件にマッチした不動産会社を選んで査定を依頼できるということですね。

1,500社も参加しているんだ。
不動産売却のプロ
しかし、実はHOME4Uよりも多くの不動産会社と提携している不動産一括査定サイトもあります。

HOME4Uに参加している不動産会社は、厳しい審査基準をクリアした実績のある不動産会社のみです。

参加不動産会社の数が2,000社を超える他のサービスもありますが、HOME4Uではユーザーの安心を考え、あえて不動産会社の数を絞っていると考えられるのですね。

また、大手企業から地域密着型の中小企業までバランス良く色々な不動産会社が参加しているのが特徴です。

あなたに合った不動産会社がきっと見つかりますよ。

1-5.さまざまな種類の物件を査定可能

不動産一括査定サイトのなかにはマンションしか査定に出せなかったり、一戸建てしか査定に出せなかったりと取り扱い物件が限られているサイトもあります。

HOME4Uでは一戸建て、マンションを含む幅広い不動産の査定に対応しています。

自宅用物件の査定はもちろん、投資用に所有していた物件を査定することもできますよ。

投資用物件の査定にも対応してくれるのはありがたいなあ。

2.HOME4Uを使う5つのメリット

特徴は分かったけど、もう少し詳しくメリットを知りたいなあ。

HOME4Uで一括査定をするメリットも詳しく知っておきたいですよね。

ここからはHOME4Uを使う5つのメリットを不動産のプロが解説します。

メリット1 最短1分で査定依頼ができる

「査定を依頼するために複雑な手続きが必要だったらどうしよう……。」

不動産一括査定サイトを初めて利用する方のなかには、このような不安をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、HOME4Uの査定依頼は最短1分で完了するほど簡単なので心配は要りません。

HOME4Uの入力は簡単

利用の際はHOME4Uの査定依頼フォームに物件情報と連絡先を入力し、表示される不動産会社の情報を見て依頼したい会社を選ぶだけです。

メリット2 さまざまな規模の不動産会社に査定を依頼できる

HOME4Uに参加しているのは、大手企業から中小企業までさまざまな規模の不動産会社です。

実は不動産一括査定サイトによっては提携先が中小企業ばかりで大手企業に見積もりの依頼ができなかったり、反対に大手に偏っていて地元に密着した中小企業の査定が受けられなかったりします。

しかし、HOME4Uなら業界大手の企業から地元に密着した中小企業まで強みの異なるさまざまな規模の不動産会社に査定を依頼できます

「査定を頼むなら大手の不動産会社がいいんじゃないの?」

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

確かに大手の不動産会社は実績が豊富で、さまざまな販路を持っているケースが多いといえます。

しかしその半面、対応している物件やエリアが限られている場合もあるのです。

特に地方では大手の不動産会社が参入しておらず取り扱ってもらえないということも少なくありません。

一方、中小規模でもそれぞれの地域に根付いた営業をしている不動産会社は、大手のような広い販路は持っていない代わりに地域の実情に即した売却活動が期待できます。

不動産売却のプロ
さまざまな規模の不動産会社にバランス良く査定を依頼することで、高額査定の可能性が高まりますよ。

メリット3 厳選された不動産会社に査定を依頼できる

「悪徳業者に引っかからないように、不動産会社は慎重に選びたい……。」

というのは、不動産売却を考えている方にとって切実な問題ですよね。

HOME4Uなら厳選された優良企業に査定を依頼することが可能です。

HOME4Uと提携するためには厳しい審査を通過する必要があり、悪徳業者などは事前に排除されているといえます。

厳正な審査を経てなお提携企業が1,500社を超えているのは、HOME4Uの運営実績の長さのなせる業でしょう。

長いサービス運営のなかで、じっくりと優良な不動産会社を集めてきたんですね。

メリット4 個人情報を慎重に扱ってくれる

「物件の住所や連絡先という大事な情報がどこかに漏れてしまわないか心配……」

という理由で一括査定サイトの利用をためらっている方もいらっしゃるかもしれませんね。

HOME4Uは「プライバシーマーク」という個人情報保護に関して一定の基準を守った運営をしている機関にのみ与えられるマークを持っています

個人情報を適正に扱うことができる企業である証です。

公式サイトには「官公庁や銀行などの日本最高クラスのセキュリティで培った安全なシステムで、あなたの個人情報を確実に保護します」と書かれています。

不動産売却のプロ
HOME4Uの運営元は情報サービス業界で最大手のNTTグループです。安心して個人情報を任せることができそうですね。

メリット5 専属オペレーターによる電話問い合わせ窓口がある

「初めての不動産売却で、分からないことだらけなんだけど……。」

という場合は、HOME4Uに直接問い合わせをすることもできます。

HOME4Uでは平日の10時から18時まで専属のオペレーターが不動産売却に関する質問に答えてくれますよ

HOME4Uの電話窓口

また、HOME4Uでは電話で査定依頼をすることも可能です。

問い合わせだけでなく査定の依頼もオペレーターと直接話しながらできるのは安心ですよね。

パソコンに不慣れだから、電話でも受け付けてくれるのは助かるなあ。

3.HOME4Uなら高く早く不動産が売れる

HOME4Uは情報サービス業界最大手のNTTグループが運営しており、情報セキュリティの観点でも安全かつ信頼がおけるサイトです。

初めて不動産一括査定サイトを利用する方に対するサポート体制も整っています。

査定依頼に必要な情報の入力は最短1分で完了するため、手軽に依頼ができるのもうれしいポイントですよね。

また、HOME4Uの一番の強みは大小さまざまな規模の優良な不動産会社と提携しているバランスの良さであるといえるでしょう。

マンションを売るのが得意だったり、特定の地域の物件情報に精通していたりと、不動産会社はそれぞれに異なる得意分野を持っています。

得意分野が違うさまざまな不動産会社に査定を依頼することが、高額かつ迅速な不動産の売却へとつながります

4.HOME4Uにデメリットはあるの?

HOME4Uの利用に伴うデメリットは事前に知っておきたいところですよね。

HOME4Uについて調べている方のなかには、「良い話ばかり書いてあって不安」「本当に使って大丈夫なのか心配」といった懸念をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

不動産売却のプロ
HOME4Uにデメリットがあることは事実ですが、それぞれに対処法がありますよ。

ここからはHOME4Uを利用するデメリットとデメリットへの対策について詳しく解説していきます。

デメリット1 営業電話がかかってくる可能性がある

不動産会社からの営業電話は特にしつこいと聞いて、不動産一括査定サイトに個人情報を入力することをためらっているという方も多いでしょう。

しかし、HOME4Uでは査定依頼時に「ご要望・ご質問」欄で「メールでの連絡希望」と記入し、電話での営業は不要な旨を伝えることができます

これだけで営業電話トラブルの大半を未然に防ぐことができるでしょう。

何度も断っているのに、懲りずに営業電話がかかってくる……。

このような事態に陥ってしまったときのために、しつこい営業の撃退法を知っておきましょう。

不動産会社が「宅地建物取引業者」として免許を受けて営業する上では「宅地建物取引業法」を守ることが義務付けられています。

「宅地建物取引業法第16条の12」では「相手方が契約を締結しない旨の意思(勧誘を引き続き受けることを希望しない旨の意思を含む。)を表示したにもかかわらず、勧誘を継続する行為」が禁止されています

しつこい営業電話をやめさせるためには、営業マンの行っている行為が宅地建物取引業法違反であると伝えるのが有効です。

不動産売却のプロ
悪質な営業に対しては、毅然とした態度で「あなたの営業行為は宅地建物取引業法第16条の12に抵触しています。免許行政庁に通報しますよ」と言いましょう。

とはいえ「自分で業者の電話に出るのが怖い……」とお悩みの方や、「不動産会社とトラブルになってしまい困っている……」という方もいらっしゃるかもしれません。

HOME4Uの電話お問い合わせ窓口では営業電話によるトラブルにも対応しています。

お困りの場合は一人で抱え込まず、専属オペレーターに相談してみましょう。

デメリット2 最大手の不動産会社は参加していない

大手から中小まで幅広い規模の不動産会社が参加しているHOME4Uですが、実は業界最大手の6社は参加していません

メモ
ここでの業界大手の6社とは東急リバブル、三菱地所ハウスネット、住友不動産販売、小田急不動産、野村不動産ソリューションズ、三井不動産リアルティを指します。特に三井、東急、住友は業界のトップ3を占めています。
最大手の不動産会社に査定を依頼できないなら、HOME4Uを利用するのはちょっと……。
不動産売却のプロ
確かにHOME4U単独の利用では不十分な点があります。しかし「すまいValue」と併用することでHOME4Uの弱点をカバーすることができますよ。

すまいValue」は最大手6社が共同で運営する不動産一括査定サイトです。

すまいValue

すまいValueで査定を依頼できるのは運営に参加している6社のみで、中小規模の不動産会社から見積もりをもらうことはできません。

地元密着型の中小不動産会社とも連携しているHOME4Uと最大手6社によるすまいValueは互いの欠点を補い合う存在であり、2つのサービスをあわせて使うことでより良い不動産会社選びが可能になります。

5.HOME4Uで査定を依頼する流れ

HOME4Uに査定を依頼する前に、何か準備が必要なのかな?
HOME4Uで一括査定をしてもらうには具体的に何をすればいいんだろう?

ここからはHOME4Uの利用にあたっての流れを確認しましょう。

不動産会社から見積もりをもらうまでの4ステップを詳しく解説します。

【良い仲介業者を見つける流れ】
  • STEP1. 必要書類の用意
  • STEP2. 物件情報の入力
  • STEP3. 個人情報などの入力
  • STEP4. 不動産会社の選択

5-1.必要書類の用意

机上査定の場合、必要書類は特にありません。

机上査定/訪問査定とは
不動産会社が物件の築年数や所在地の情報をもとに大まかな見積もりを出すことを「机上査定」といいます。担当者が実際に現地におもむき、物件の状態などを内見調査することを「訪問査定」といいます。

依頼したい不動産を絞り込み、訪問査定を依頼する際に必要となる書類は以下の3種類です。

【訪問査定を依頼するために必要な書類】
名称 入手場所
登記簿謄本(登記事項証明書) 法務局
公図 法務局
設計図書、間取り図など建物の詳細な図面 物件購入時に建築施工会社や不動産会社から納入されているもの
不動産売却のプロ
迅速な売却のために、上記の書類は査定依頼の前に揃えておくことが望ましいでしょう。

5-2.物件情報の入力

HOME4U公式サイトのフォームから売却予定の物件の情報を入力しましょう。

物件情報は大きく分けると「物件の種類」と「物件の所在地」の2つです。

まず「一戸建て」「マンション一室」「土地」「ビル一室」などの選択肢のなかから売りたい物件が当てはまるものを選択します。

次に物件がどこにあるのか、建物の名前、その物件に住んでいるかどうかを記入します。

HOME4Uの入力画面

5-3.個人情報などの入力

査定結果の連絡先となる個人情報などを入力します。

名前、住所、電話番号、年齢といった基本事項だけではなく、「売却の希望時期」も伝えることができます

物件のアピールポイントや売却にあたっての心配事も必要に応じて記入しましょう。

分からないところもあるし、パソコンの操作が難しくて入力できない……。
不動産売却のプロ
サイトからの情報の入力に不安がある場合は、電話で査定依頼ができるサービスを利用しましょう。オペレーターと相談しながら進めることができますよ。

HOME4Uの入力画面

5-4.不動産会社の選択

入力した物件の種類や特徴から、条件に合った不動産会社が表示されます。

不動産会社のなかから気になる会社を最大6社まで選び、「査定を依頼する」ボタンを押せば手続きは完了です。

HOME4Uで依頼できる不動産会社の例

メモ
不動産の条件によっては、表示される不動産会社が最大同時依頼数の6件を下回る可能性があります。

その後は依頼した不動産会社から直接査定額の連絡がきます。

査定額はもちろん、連絡の早さや対応の丁寧さも考慮して「ここなら安心して売却を任せられる」と思える不動産会社と契約しましょう。

6.まとめ

HOME4UはNTTグループが運営する老舗の不動産一括査定サイトです。

1,500社を超える不動産会社と提携しており、大手から中小まで幅広い規模の不動産会社に見積もりを依頼することができるのが強みです。

必要事項の入力も簡単で、最短1分で査定依頼ができます。

不動産を売りたいと検討しているなら、まずは査定依頼をしておきたいのがHOME4U といえるでしょう。

セキュリティ体制も万全だし、HOME4Uなら安心して利用できそうだ。
不動産売却のプロ
早く、高く物件を売却したいとお考えの方は、まずはHOME4Uに査定を依頼してみましょう。

メモ
業界大手の6社が共同運営する「すまいValue」との併用によってより隙の無い不動産会社探しが可能になります。
株式会社チェスター
株式会社チェスター税理士法人チェスターグループの不動産会社です。年間100億円以上の売却案件を取り扱っています。グループには税理士法人の他、司法書士事務所もあり、各分野の専門家と連携してスムーズに不動産売却・購入を進められます。特に相続不動産の売却や、相続対策の不動産購入に多くの実績があります。
取締役阿部 雅行
取締役阿部 雅行
宅地建物取引士二級建築士。戸建て分譲住宅の企画、不動産仲介業務、相続不動産の売買に関する業務などを経験した後、2015年に株式会社チェスターの取締役に就任。
株式会社チェスター取締役の阿部雅行
このページについて
チェスターのロゴ
株式会社チェスター
Chester Certified Tax Accountants Co

事例紹介では、株式会社チェスターが不動産に関連する知識をわかりやすく解説しています。

株式会社チェスターは、相続税を専門に取り扱う「税理士法人チェスター」のグループ会社です。

強み

01 【実績】
年間100億円以上の売却案件を豊富に取り扱っている

02 【信頼】
相続専門 No.1 税理士事務所のグループ会社

03 【専門性】
複雑な税務・法務のお悩みにも対応可能