不動産査定のやり方とは?初めてでも迷わないコツを不動産会社が解説

「不動産査定って何から始めたら良いんだろう?」

「できるだけ高く不動産を売却するためにはどうしたら良いのかな?」

不動産を売却するために避けて通れない不動産査定は、不動産売却の成功を左右するといっても過言ではありません。

しかし初めて不動産査定に挑むという方は何からして良いのか、どうしたら極力高く不動産を売却できるのか分からず困ってしまいますよね。

この記事では不動産査定のやり方やより高値で不動産を売却するためのコツを徹底解説します。

不動産売却のプロ
不動産査定においては、複数の不動産会社に査定を依頼し結果を見比べることが重要です。以下のような不動産一括査定サイトを利用するのがおすすめですよ。

以下のサイトならスマホからでも
1分で無料査定を依頼できます
1分で無料査定!不動産査定サイト5選
実績No.1!幅広い不動産会社が参加する老舗
HOME4U
実績No.1!幅広い不動産会社が参加する老舗
業界を牽引する大手6社直営の査定サイト
すまいValue
大手6社直営!業界を牽引する会社に一括査定依頼
知名度No1!大手から中小まで幅広く参加
SUUMO
知名度No1!大手から中小まで幅広く参加
大手不動産情報サイト運営で信頼感が違う!
HOME'S
情報量が充実!不動産会社の雰囲気がよくわかる!
売主の味方・片手仲介専門の不動産会社
SRE不動産
売主の味方・片手仲介専門の不動産会社
不動産一括査定サイトの詳細はこちら>>

1.不動産査定とは?

そもそも、不動産査定ってどんなものなの?
なんだか大変そう……。

不動産売却を検討している場合、まず行わなくてはならないのが不動産査定の依頼です。

不動産査定とは
依頼者が売却を検討している不動産がおよそいくらくらいの金額で売れるのか、不動産会社が見積もりを出すことです。

ここでは不動産査定とはどのようなものなのか、種類と重要性についてお伝えしましょう。

1-1.不動産査定の種類

「不動産査定」は、「机上査定(簡易査定)」と「訪問査定(現地査定)」に分けられます

机上査定とは以下のような情報を元に、不動産会社が過去の取引実績などから売却価格を概算する方法です。

【机上査定の元となる情報】
  • ・不動産の立地
  • ・不動産の広さ
  • ・(建物の場合)築年数
  • ・(建物の場合)間取り など

机上査定では情報のみを元に査定を行うため、不動産会社の担当者が売却を検討する不動産を訪れることはありません。

一方、訪問査定(現地査定)の場合は文字どおり、不動産会社の担当者が現地を訪れてより詳細な査定を行います。

そのため、机上査定に使われた情報に加え、例えば物件の内装や状態など、現地でしか得られない情報も鑑みた査定価格が算出されます。

不動産売却のプロ
まずは机上査定を依頼し、それから訪問査定に進むケースが一般的です。

1-2.不動産査定が重要な理由

不動産売却の過程において、不動産査定は第一歩であると同時に非常に重要なステップであるといえます。

どうして不動産査定がそんなに重要なの?

と疑問に思った方もいらっしゃるかもしれませんね。

それは、不動産査定が不動産会社選び、ひいては不動産売却の成功に直結していると考えられるためです。

不動産売却は不動産会社に買い主を探してもらう「仲介」と、不動産会社に不動産を売却する「買取」に大別されます。

ここでは、より一般的である仲介による売却に焦点を絞ってご説明します。

仲介での不動産売却では、まず不動産会社が査定価格を出し、それに売り主が納得できれば仲介契約を結びます

不動産会社の査定価格を参考に不動産を売りに出し、不動産会社が買い主を探します。

買い主が見つかって売買の合意に至れば売買契約を結び、不動産会社に仲介手数料を支払うという流れになっています。

売却活動は不動産会社と売り主の二人三脚ともいわれており、仲介契約を結ぶ前に査定価格だけでなく、その不動産会社が本当に信頼できるのかということも見極めておく必要があります

そこで、査定価格や担当者の対応を確認することができる不動産査定が重要になってくるのですね。

不動産売却のプロ
不動産をいくらで売りに出すか、売り主の納得できる価格で買い主が見つけられるか、という点は、不動産会社の手腕にかかっているといえるのです。

なお買取の場合は不動産会社の提示した査定価格に納得できればそのまま不動産会社に売却することになるため、こちらも不動産査定が重要なポイントといえます。

2.不動産査定のコツ

不動産査定が重要なのは分かったけれど、具体的にどうしたら良いんだろう?

このように気になった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは不動産売却を成功させるための、不動産査定のコツをお伝えします。

コツ1 複数の不動産会社に査定を依頼する

なんといっても重要なのが、複数の不動産会社に査定を依頼することです。

まずは机上査定を6〜10社に依頼し、そのなかから気になった2〜3社に訪問査定を依頼して実際に契約を結ぶ不動産会社を選ぶのがおすすめです。

複数の不動産会社に査定を依頼することによって、査定結果や担当者の対応などを比較することができます。

実は一口に「不動産会社」といっても、業者によって得意とする物件種別や抱えている顧客などが異なります。

そのため同じ物件でも不動産会社によって大きく異なる査定価格を提示してくる場合があるのです。

せっかくならより高く売ってくれる不動産会社と契約を結びたいですよね。

他社と比較できるよう、必ず複数の不動産会社に査定を依頼しておきましょう。

また、査定を依頼する不動産会社のジャンルをバラけさせておくこともポイントです。

大手の不動産会社、地域密着型の不動産会社、「中古住宅」など売りたい不動産の取り扱いに特化した不動産会社など、さまざまな不動産会社に査定依頼しておくのがおすすめですよ。

不動産売却のプロ
よりベストな選択ができるよう、選択肢は幅広く持っておきましょう。

コツ2 査定額の根拠を聞く

不動産査定の際には、不動産会社の担当者に査定額の根拠を聞いておきましょう

複数社に依頼して他の業者とはかけ離れた査定価格を提示してきた業者にはその理由も合わせて尋ねておくと良いかもしれませんね。

査定価格はあくまで見積もりであり、「この値段で売れる」という保証のあるものではありません。

仲介契約の場合、不動産会社は買い主が見つかって売買契約が結ばれて初めて報酬を得られるシステムになっているため、なかには仲介手数料欲しさに高い査定額で買い主と契約を結び、その後売出価格を下げて売却を急がせる業者も存在します

そのような業者と契約を結んでしまい、

「思っていたより安い価格で売却することになってしまった……」

という事態になってしまわないためにも、信頼のおける不動産会社を見極めておくことが重要です。

査定額の根拠を聞いておけば、その不動産会社が契約のために高過ぎる査定額を提示していないか確認できると考えられますよね。

また担当者の対応が迅速であるか、丁寧であるか、信頼がおけるのかといった点も確かめられるでしょう。

メモ
不動産会社は、「宅地建物取引業法 第34項の2 第2項」によって査定価格の根拠を明らかにしなければならないと定められています。

宅地建物取引業者は、前項第二号の価額(※)又は評価額について意見を述べるときは、その根拠を明らかにしなければならない。
※前項第二号の価額……当該宅地又は建物を売買すべき価額又はその評価額

コツ3 不動産一括査定サイトを活用する

複数の不動産会社に査定を依頼するなんて面倒だな……。

このようにお思いの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

自力で不動産会社に査定を依頼する場合、まず査定を依頼する不動産会社に目星を付け、自分で連絡を取り、査定を依頼して、その結果を確認して……と時間や手間が非常にかかります。

複数の不動産会社に査定を依頼するとなると大きな負担になってしまいますよね。

そこでおすすめなのが、「不動産一括査定サイト」を利用することです。

不動産一括査定サイトって何?

不動産一括査定サイトとは、その名のとおり複数の不動産会社に一括で査定を依頼できるサービスのことです。

不動産一括査定サイトを利用すれば、査定すべき不動産会社を探して自分で情報を収集する必要はありません。

多数の不動産会社が参加しており、そのなかから不動産会社を選んで簡単に査定を依頼することができます。

また不動産一括査定サイトは参加する不動産会社からの広告料で運営されているため、無料で利用できるのもうれしいポイントです。

さらに各不動産一括査定サイトが悪徳業者の排除に取り組んでいるため、悪徳業者に騙される心配も少ないと考えられます。

不動産一括査定サイトを通じての査定依頼は簡単です。

売却を検討する不動産と売り主の情報をサイトに入力すれば、参加不動産会社のうち、そのエリアの不動産を取り扱っている会社の一覧が表示されます。

そのなかから自分の依頼したい不動産会社を選べば、一括で査定を依頼できます。

不動産売却のプロ
サイトによって参加している不動産会社の傾向が異なるので、複数の不動産一括査定サイトを活用するのがおすすめですよ。

3.おすすめ不動産一括査定サイト

不動産一括査定サイトといってもさまざまなサービスがあります。

どの不動産一括査定サイトを利用したら良いんだろう?

というのが気になるところですよね。

ここではおすすめの不動産一括査定サイトをご紹介します。

【おすすめ不動産一括査定サイト6選】
サイト名 特徴
HOME4U 日本で初めて一括査定サービスを発足した老舗サイト。登録されている会社は全て厳しい審査を通った不動産会社のみなので、悪徳業者につかまる心配もなく安心して利用できる。NTTデータグループが運営しておりセキュリティも充実している。
すまいValue 住友不動産販売、小田急不動産、野村の仲介、三井のリハウス、東急リバブル、三菱地所ハウスネットの業界をリードする6社が運営する信頼の置ける一括査定サイト。
SUUMO売却 約2,000店舗の不動産会社が参加する日本最大級の無料一括査定サイト。SUUMOを利用すればほとんどの地域で優良な不動産会社から見積もりを貰うことができる。また、不動産会社を実際の売却実績などから絞り込む機能が備わっていて大変便利。
LIFULL HOME’S 不動産情報サイトLIFULL HOME’Sが提供する売却査定サービス。2,839社の不動産会社が参画し、多くの情報が提供されていて不動産会社の特色や雰囲気がわかるようになっている。
イエウール 1,600社以上と提携し、地域密着の優良不動産会社が多数登録している。悪徳業者を排除する仕組みも整っていて安心して使える。
おうちダイレクト エリアは限られているが、Yahoo!やSRE不動産など他にない独自の販売チャネルが特徴。マンション売却に特化した不動産会社が多い。

おすすめ1 HOME4U:一括査定の王道!安心・安全・実績十分の老舗サービス

HOME4U
メリット
実績重視の全国1,500社の不動産会社が参加
NTTグループ運営で安心
デメリット
業界大手数社は不参加
こんな人におすすめ!
安心感のあるサービスを利用したい方
信頼できる不動産会社を探したい方
運営会社 NTTデータ スマートソーシング
参加不動産
会社数
1,500社以上
同時査定依頼可能数 最大6社

HOME4Uは2001年にサービスが開始された日本で最も歴史の古い不動産一括査定サイトです。

NTTグループ傘下で官公庁などとも取引がある「NTTデータ スマートソーシング」という企業が運営しているため個人情報を入力する際も安心です。

悪徳不動産業者を排除するための独自の取り組みを行っている点も魅力的だといえるでしょう。

HOME4Uには全国の1,500社を超える不動産会社が参加しており、都市部から地方まで幅広い地域をカバーしています。

同時に最大6社まで査定依頼が可能なので、きっと信頼できる不動産会社を見つけることができますよ。

おすすめ2 すまいValue:業界を牽引する大手6社が運営!

すまいValue
メリット
業界トップクラスの大手6社に一括査定が依頼できる
他の一括査定サイトでは依頼できない大手企業が参加
デメリット
6社以外の不動産会社には査定を依頼できない
こんな人におすすめ!
業界トップの不動産会社に査定を依頼したい方
名前を知っている安心感のある会社に査定を依頼したい方
運営会社 東急リバブル、住友不動産販売、三菱地所ハウスネット、三井のリハウス、小田急不動産、野村の仲介
参加不動産
会社数
6社
同時査定依頼可能数 最大6社

すまいValueは、不動産仲介を行う不動産会社のなかでも特に大手といえる6社が共同で運営を行う不動産一括査定サイトです。

運営に携わっているのは東急リバブル、住友不動産販売、三菱地所ハウスネット、三井のリハウス、小田急不動産、野村の仲介の6社です。

参加不動産会社数は少ないものの、複数の大手不動産会社に同時に査定を依頼できるという唯一無二の特長があるので利用しておく価値が高いサイトだといえるでしょう。

なかにはすまいValueにしか参加していない大手不動産会社もあります。

誰もが知っている大手の不動産会社に査定を依頼したいという方はすまいValueがおすすめですよ。

おすすめ3 SUUMO:知名度ナンバーワン!全国の不動産会社2,000店舗以上が参加

SUUMO
メリット
大手から中小まで幅広い不動産会社が参加
参加している不動産会社の詳細な情報が確認できる
運営会社の知名度が高い
デメリット
一部地域は取扱対象外
大手3社には査定依頼できない
こんな人におすすめ!
都市部の不動産を売却したい方
まずは大手サービスを利用したい方
運営会社 リクルート
参加不動産
会社数
非公開
同時査定依頼可能数 最大10社

賃貸探しのポータルサイト「SUUMO」は皆さんご存じでしょう。

家探しに使ったことがあるという方も多くいらっしゃるかもしれませんね。

実はSUUMOは不動産一括査定サイトも運営しているのです。

耳馴染みのあるサービスだから安心して利用できますよね。

大手から地域に密着した中小まで非常に幅広い不動産会社が参加しているので、きっと信頼のおける不動産会社が見つかりますよ。

売却実績や営業スタッフの人数など不動産会社に関する詳細な情報が確認できるのもうれしいポイントです。

一部地域が取扱対象外となっているのが唯一のデメリットといえますが、まずはご自分の売りたい不動産で利用ができるか確かめてみるのが良いでしょう。

おすすめ4 LIFULL HOME’S:参加不動産会社数最多クラス!知名度も抜群で安心

HOME'S
メリット
2,839社の不動産会社が参加
総掲載物件数ナンバーワンの物件サイトが運営
デメリット
大手3社には査定依頼できない
こんな人におすすめ!
地方の物件をお持ちの方
安心感のあるサービスを利用したい方
運営会社 LIFULL
参加不動産
会社数
2,839社以上
同時査定依頼可能数 最大10社

HOME’S一括査定は総掲載物件数ナンバーワンを誇るHOME’Sが運営する不動産一括査定サイトです。

CMなどでHOME’Sの名前を聞いたことがあるという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

なんとHOME’S一括査定には全国2,839社の不動産会社が参加しており、他の不動産一括査定サイトでは不動産会社を見つけられなかった場合でも信頼のおける業者が見つかる可能性が高いといえます。

またユーザーが安心して利用できるよう工夫が凝らされているのもうれしいポイントです。

HOME’Sが設けた独自の基準をクリアしている不動産会社だけが参加しており、個人情報の取り扱いも徹底されているのです。

きっと相性の良い不動産会社を見つけることができますよ。

おすすめ5 イエウール:地方の物件を売りたい方におすすめ!

メリット
全国1,600社以上の不動産会社が参加
地方の物件も査定依頼が出せる可能性が高い
デメリット
大手3社には査定依頼できない
こんな人におすすめ!
地方の不動産を売却したい方
運営会社 株式会社Speee
参加不動産
会社数
1,600社以上
同時査定依頼可能数 最大6社

イエウールは全国1,600社を超える不動産会社が参加する不動産一括査定サイトです。

なんといってもその強みは日本全国の幅広い不動産会社が参加していること。

誰もが知っている大手不動産会社だけでなく、地域密着型の小さな不動産会社も多数参加しています。

「大手の不動産会社の方が安心できるんじゃない?」

などと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、地域密着型の不動産会社はその町を熟知しており独自の顧客を抱えていると考えられるため高額で売却できる場合もあります。

また、地方によっては大手の不動産会社が参入しておらず、地域の不動会社しか選択肢がないというケースもあります。

他の一括査定サイトでは不動産会社を見つけられなかったという地方の物件でも、イエウールならぴったりの不動産会社が見つけられるかもしれません。

地方の物件の売却を考えていらっしゃる方には特にイエウールがおすすめだといえますよ。

メッセージアプリの画面を模した気軽に査定依頼ができる独自のサイトデザインも魅力的ですよね。

おすすめ6 おうちダイレクト:都会のマンション査定におすすめ!

おうちダイレクト
メリット
Yahoo!不動産に物件が掲載できる
SRE不動産への一括査定依頼も可能
デメリット
地方の物件や一軒家などは対応外の場合もある
参加不動産会社数が少ない
こんな人におすすめ!
都市部のマンションを売却したい方
運営会社 ヤフー、ソニーグループ
参加不動産
会社数
10社
同時査定依頼可能数 最大10社

都市部のマンション売却をお考えの方にはおうちダイレクトがおすすめです。

おうちダイレクトはヤフーとソニーグループが共同で運営する不動産一括査定サイトで、以下の不動産会社が参加しています。

【おうちダイレクトに登録されている不動産会社】
  • ・大京穴吹不動産
  • ・大成有楽不動産販売
  • ・CENTURY21
  • ・ロイヤルハウジング
  • ・POLUS
  • ・大阪宅建協会
  • ・TOHO HOUSE
  • ・オークラヤ住宅
  • ・京急不動産
  • SRE不動産(旧:ソニー不動産)

おうちダイレクトは参加不動産会社の数は少ないものの、都市部のマンション売買を得意とする企業が多く参加しているため都会のマンションを売りたいと考えている方にはぴったりの不動産一括査定サイトです。

また売り主のみの仲介を行う「片手仲介」専門で他社よりも高い査定額を出してくれるといわれているSRE不動産に一括査定が依頼できる唯一の不動産一括査定サイトである点も大きなポイントです。

片手仲介とは
売り主と買い主、いずれか一方のみの仲介を行うことです。

日本においては不動産会社が売り主と買い主双方の仲介を行って双方から仲介手数料を受け取る「両手仲介」が一般的ですが、できるだけ高く売りたい売り主とできるだけ安く買いたい買い主は利益相反の関係にあると考えられるため、諸外国では禁止されているケースもあります。

片手仲介の売却では不動産会社が売り主の利益を優先して売却活動を行うため、両手仲介の場合より高値で売れるといわれています。

SRE不動産は自社の査定サービスも提供していますが、おうちダイレクトを通じて売りに出した不動産はヤフーの運営する不動産ポータルサイトYahoo!不動産に無料で掲載できるというメリットがあります。

不動産売却のプロ
片手仲介のSRE不動産と他の不動産会社の売却価格を比較してみたい方は、おうちダイレクトがおすすめですよ。

メモ
他の不動産会社にすでに査定を依頼している方などで、「片手仲介の不動産会社がいい!」と思う場合は、SRE不動産に直接査定を依頼してみましょう。

4.まとめ

不動産の売却を検討していらっしゃるなら、まず避けては通れないのが不動産査定です。

不動産査定は不動産売却の成功を左右する不動産会社選びに直結しています。

必ず複数社に査定を依頼し、結果を比較して信頼のおける不動産会社を選ぶのが重要です。

不動産査定には不動産の立地や築年数などから査定額を算出する机上査定と、実際に不動産会社の担当者が売却予定の不動産を訪れ詳細な訪問査定があります。

まずは6〜10社に机上査定を依頼し、さらに結果が気になった2〜3社に訪問査定を依頼して実際に契約を結ぶ不動産会社を見極めましょう。

とはいえ、ご自身で複数の不動産会社に査定を依頼するのは手間や時間がかかり非常に大変です。

複数の不動産会社に一括で査定を依頼できる不動産一括査定サイトを活用するのがおすすめですよ。

不動産売却のプロ
以下のような不動産一括査定サイトを活用して自分に合った不動産会社を選んでくださいね。

【おすすめ不動産一括査定サイト6選】
サイト名 特徴
HOME4U 日本で初めて一括査定サービスを発足した老舗サイト。登録されている会社は全て厳しい審査を通った不動産会社のみなので、悪徳業者につかまる心配もなく安心して利用できる。NTTデータグループが運営しておりセキュリティも充実している。
すまいValue 住友不動産販売、小田急不動産、野村の仲介、三井のリハウス、東急リバブル、三菱地所ハウスネットの業界をリードする6社が運営する信頼の置ける一括査定サイト。
SUUMO売却 約2,000店舗の不動産会社が参加する日本最大級の無料一括査定サイト。SUUMOを利用すればほとんどの地域で優良な不動産会社から見積もりを貰うことができる。また、不動産会社を実際の売却実績などから絞り込む機能が備わっていて大変便利。
LIFULL HOME’S 不動産情報サイトLIFULL HOME’Sが提供する売却査定サービス。2,839社の不動産会社が参画し、多くの情報が提供されていて不動産会社の特色や雰囲気がわかるようになっている。
イエウール 1,600社以上と提携し、地域密着の優良不動産会社が多数登録している。悪徳業者を排除する仕組みも整っていて安心して使える。
おうちダイレクト エリアは限られているが、Yahoo!やSRE不動産など他にない独自の販売チャネルが特徴。マンション売却に特化した不動産会社が多い。
このページについて
チェスターのロゴ
株式会社チェスター
Chester Certified Tax Accountants Co

事例紹介では、株式会社チェスターが不動産に関連する知識をわかりやすく解説しています。

株式会社チェスターは、相続税を専門に取り扱う「税理士法人チェスター」のグループ会社です。

強み

01 【実績】
年間100億円以上の売却案件を豊富に取り扱っている

02 【信頼】
相続専門 No.1 税理士事務所のグループ会社

03 【専門性】
複雑な税務・法務のお悩みにも対応可能