SUUMO売却の一括査定は何がスゴい?5大メリットを徹底解説

不動産一括査定について調べていると、「SUUMO売却」を目にすることも多いのではないでしょうか。

「SUUMOって賃貸サイトのイメージがあるなあ……」

「SUUMOでも一括査定をしてくれるの?」

このように不思議に思われた方もいらっしゃるかと思いますが、実はSUUMOは2009年より不動産一括査定サービスを展開しています。

賃貸情報サービスを提供しているイメージの強いSUUMOですが、一括査定サービスに参加している不動産会社も多く検索機能も便利で利用するメリットは大きいといえるでしょう。

不動産売却のプロ
この記事では、SUUMO売却の5大メリットから注意点、そして賢い使い方までを詳しくご説明していきます。

この記事の執筆者
私たちは不動産のプロフェッショナルです。
執筆者の株式会社チェスター(株)チェスター
株式会社チェスターは不動産売買や賃貸の仲介などを行う不動産会社です。特に不動産売却の取扱高は年間100億円を超え、豊富な実績があります。

1.SUUMO売却とは?

SUUMOといえば誰でも聞いたことがある不動産ポータルサイトですよね。

SUUMOというサイト全体でいえば使用したことがある方はかなりの数に上るのではないでしょうか。

実際に「賃貸情報サイト」としては、オリコン顧客満足度ランキングにおいて「サイトの使いやすさ」「付帯サービス」「物件情報の充実度」「検索しやすさ」の4項目で2016年・2017年の2年連続1位を獲得しています。

SUUMO売却においても「サイトの使いやすさ」「検索のしやすさ」などのシステム部分は同じようにいえることで、その使い心地は他サイトと一線を画しているといっても過言ではありません。

また詳しくは後程紹介しますが、SUUMO売却にしかない不動産会社の検索方法や、SUUMO売却しか取り入れていない迅速な査定方法などもあるのです。

不動産売却のプロ
「SUUMOといえば賃貸」と思いがちですが、一括査定にもこんなに力を入れているんですね。

【SUUMO売却のサービス概要】
対応エリア 全国
提携不動産会社数 約2,000社
同時査定依頼可能数 10社
運営会社 株式会社リクルート住まいカンパニー
サービス開始 2009年

今すぐSUUMOにしかない査定・検索の方法を知りたい方は「メリット1 他サイトよりも査定が手軽」、「メリット4 絞り込み検索で自分に合った不動産会社を探せるをつかって自分に合った不動産会社を探せる」からお読みくださいね。

2.SUUMO売却の何がスゴい?5大メリット

SUUMOの売却って一体何がすごいの?
他のサービスにはないメリットがあるのかな?

SUUMO売却の強みや、SUUMO売却でしかできないことは何か気になりますよね。

ここからはSUUMO売却の5つのメリットをお伝えしましょう。

メリット1 他サイトよりも査定が手軽

お手軽査定や「1分で査定ができる」などと謳っている一括査定サイトもありますが、実際は細かく所有面積や間取りなどを書かなければならず、案外手間取ってしまうものです。

しかしSUUMO売却であれば「郵便番号」もしくは「住所」を入力するだけで簡単に不動産会社を探すことができるのです。

SUUMO売却の査定

数ある項目を頑張って入力したのに不動産会社の候補が0件だということもあり得ます。

そのため、SUUMO売却のように検索結果が早めに分かるのがうれしいですよね。

不動産売却のプロ
代表的な不動産一括査定サイトのなかでこのような簡略な検索システムを導入しているのはSUUMO売却だけです。

メリット2 しつこい営業電話がない

不動産一括査定サイトを使うと、営業の電話がすごいんじゃないの……?

と心配される方も多いでしょう。

しかしSUUMO売却ならしつこい営業電話に苦しめられることは絶対にありません

SUUMO売却で査定依頼をする際、電話番号の入力は必須ではないからです。

SUUMO_入力

メールアドレスさえ登録してしまえば電話番号は不要となります。

またそれ以外に、「SUUMOが大手物件情報サイトであること」もしつこい営業電話がない理由として考えられます

それってどういうこと?

SUUMO売却を通じて知った不動産会社が電話で執拗に営業を行った場合、ユーザーはSUUMOに苦情を入れますよね。

SUUMO売却は独自の審査を通った不動産会社とだけ提携を結んでいるとしており、苦情の多い不動産会社は掲載を取りやめていると考えられます

不動産会社としても、SUUMOに自社の苦情が寄せられると最大手の物件情報サイトに自社の取り扱う物件を載せられなくなる可能性が出てきてしまうため、苦情は絶対に避けたい事態です。

そのためSUUMO売却ならしつこい営業電話に悩まされる心配はないといえるのです。

メリット3 査定依頼の前に不動産会社の実績を確認できる

査定を依頼する不動産会社を選ぶときに気になることのひとつが、その会社の実績ではないでしょうか。

SUUMO売却であれば、査定依頼をする前に不動産会社の実際の売却実績を見ることができます

今回は千代田区にあるマンションを査定にかけてみようとしたところ、25社の不動産会社を紹介されました。

SUUMO_chiyoda

ここで注目したいのが、画像内の緑の枠線で囲った「このエリアの売却実績」と、赤い枠線で囲った「このエリアの購入希望者」です。

こちらが売却したい「千代田区の物件」の売却実績と、買い主(候補)を持っているかどうかが一目で分かります

自分が売りたい物件の所在地で販売実績があるかどうか、実際にその場所で買い主(候補)がいるかどうかは、売却の成功と直結していると考えられますよね。

買い主候補を多く持っているところなら、売却が早く決まることが期待できます。

不動産売却のプロ
「販売実績が多い順」、「購入希望者が多い順」に並び替え検索ができるようになっているので、自分の好みに合わせて検索ができますよ。

SUUMO_sort

また不動産会社をクリックすると更に詳細を見ることができます。

店舗概要や写真のほか、以下のような情報が記載されています。

【SUUMO売却に掲載されている情報】
  • 売却実績……物件種別、沿線・駅、所在地、売却価格、土地面積・建物/専有面積、間取り、築年月、売却時期、担当者
  • 購入希望者(匿名)……物件種別、希望沿線・駅、予算、希望地域、土地面積・建物/専有面積、間取り、情報登録日、担当者
  • スタッフ紹介(顔写真付き)……氏名、年齢、業界経験、得意エリア、売却実績 など
こんなに細かく書いてあるんだ!自分のものと近い物件を売った実績があれば安心だなあ。
売りたい物件に近いものを探してるお客さんを抱えている不動産会社を探すのも良いよね。

またSUUMO売却には「不動産会社ガイド」というものがあります。

各不動産会社ごとに写真つきで詳細な情報が掲載されているので、さっと目を通すだけでも大まかな特徴を捉えることができます。

紹介された不動産会社で気になったところがあれば、この「不動産会社ガイド」で会社そのものの詳細を知ってみるのが良いでしょう。

メリット4 絞り込み検索で自分に合った不動産会社を探せる

SUUMO売却の一番の特色ともいえるのが、この「絞り込み機能」でしょう。

他サイトでこのような機能を扱っているところはまずありません。

3つの項目に分けられた全14の特徴から自分に必要なものを選び、不動産会社を絞り込むことができます

SUUMO_shiborikomi

どれも便利そうだけど……どれにチェックを入れればいいんだろう?

どのような条件を重視すべきかは人によって異なりますが、絞り込み機能をどのように活用したら良いのか、実際のSUUMO売却上の項目に即してご説明していきましょう

項目1 経験年数よりも実績

ベテランへの相談は安心できるかもしれませんが、そこまで重視しなくても良いでしょう。

「経験年数」に気を取られて「実績」を忘れてはいけません

同じ「安心して任せられる」の項目であれば「地元の実績多数」の方が自分の持っている物件を売れる不動産会社を見つけやすい条件だと考えられます。

項目2 専門的なサービスへの対応

「相続によって得た物件を売りに出したい」

といったケースもありますよね。

そういった際には相続や法務相談に対応している不動産会社に絞って探しましょう

不動産会社ならどこに任せても安心というわけではないのかな?

不動産会社によってどのような不動産の取扱いを得意としているかは異なります。

不動産会社はあくまで不動産のプロであり、残念ながら必ずしも税金対策や法律に関してもプロであるとはかぎりません。

相続不動産など特殊な事情がある不動産の売却はその分野に長けた不動産会社に依頼するのがおすすめです。

そうでなくても不動産の売買には大きなお金が動くことになります。

一生に一度あるかないかのことで不安な部分もありますよね。

不動産売却には様々な費用もかかりますし、売却して利益が出た場合には税金も加算され、確定申告なども行わなければなりません

不動産売却のプロ
税や法務に関してのサービスがあると安心ですよね。

項目3 瑕疵保証あり

安心して物件を売却したいのであれば、ぜひ「瑕疵保証あり」にもチェックを入れて絞り込みましょう。

不動産を売却した際には、「瑕疵担保責任」というものが発生します。

瑕疵担保責任とは
売買時に明かされていなかった欠陥が契約後に判明した場合、売り主が買い主に対して担う損害賠償や契約解除などの責任のことです。
「瑕疵」には設備の内部不良や腐食・雨漏りなどの欠陥のほか、日当たりや近隣施設などの周辺環境の問題も含まれます。

なお、瑕疵担保責任が生じるのは一般的には物件の引き渡しから2~3カ月とされています。

瑕疵保証とは売却後一定期間、瑕疵担保責任によって修繕費などが発生した場合に不動産会社がそれを補償してくれる仕組みのことです。

瑕疵担保責任による修理費用は場合によってはかなりの高額になる場合もあります。

不動産売却のプロ
万一自分の物件に瑕疵があったとしても保証があれば安心ですよね。

項目4 インスペクション

インスペクションとは、住宅診断士による建物の検査・点検です。

欠陥の有無や劣化の状況、修繕にかかる費用と期間の目安などを知ることができます。

物件に瑕疵がないかを事前に知れるため、インスペクションを行っておくことで瑕疵担保責任によって賠償が生じるリスクを減らすことができるといえます。

2018年4月からは一般の方でもインスペクションの実施の有無やその結果について詳しい説明が受けられるようになり、中古物件売買市場で広まりつつあります。

第三者の診断が入った物件は、買い手側にとっても安心感が違いますよね。

また、SUUMOはインスペクションを実施している物件を優先して表示させる傾向があります。

不動産売却のプロ
ぜひインスペクションを実施している不動産会社を選んでおきたいところですね。

メリット5 不動産ポータルサイトSUUMOに物件が掲載される

SUUMOは不動産ポータルサイトとしての規模は最大と言っても過言ではありません

物件を探したことがある方であれば、一度はSUUMOを見てみたことがあるのではないでしょうか。

SUUMO売却を利用して不動産売却を行う場合、SUUMOに売却物件が掲載されます。

最大級の不動産ポータルサイトに物件が掲載されれば、その分人目につきやすくなり買い主が見つかりやすくなることが期待できますよね。

3.SUUMO売却にデメリットはない?知っておきたい注意点

便利なサービスなのは分かったけど、デメリットはないのかな?

どんなサービスもメリットしかないということはありません。

SUUMO売却にもデメリットとなる部分は存在します。

ここからはSUUMO売却のデメリットを紹介していきますが、その後の章で解決策をご紹介するので、上手く使いこなせばデメリットも解消されますよ。

3-1.自分の物件情報が埋もれてしまう可能性がある

「SUUMOは最大手の不動産ポータルサイト」というメリットを裏返せば、デメリットにもなり得ます。

掲載物件数が多いだけあり、自分の物件が埋もれがちになってしまう可能性も高くなってしまいます。

3-2.大手3社には依頼ができない

SUUMO売却では、不動産会社の大手といわれる「三井のリハウス」「東急リバブル」「住友不動産販売」の3社には査定依頼ができません

とはいえこれは多くの不動産一括査定サービスに共通しているデメリットです。

三井のリハウスや住友不動産販売などは不動産一括査定サービスのなかでも自社が運営に関わっているすまいValueにしか参加していないためです。

不動産売却のプロ
大手にも査定依頼したいという方は適宜すまいValueも合わせて利用すると良いでしょう。

3-3.同じ不動産会社の別支店が表示されてしまう

絞り込み機能を使って検索した際に、同じ不動産会社の別支店が店舗ごとに数としてカウントされ、表示されてしまうため、やや見づらいと感じられるかもしれません。

残念ながら、今のところ支店をまとめて表示させる機能はありません。

但し店舗ごとに大きな違いがあればしっかりと見比べてみるのも良いでしょう。

4.SUUMO売却を賢く使うコツ

SUUMO売却は以下のコツを抑えることでデメリットを回避し、より賢く利用できます

【SUUMO売却を賢く使うコツ】
  • ・他の一括査定と合わせて使う
  • ・絞り込み機能を意識する

コツ1 他の一括査定と合わせて使う

SUUMO売却では不動産会社の大手3社「三井のリハウス」「東急リバブル」「住友不動産販売」には査定依頼ができないことがデメリットの一つでした。

この弱点を補うためには「すまいValue」など大手の不動産会社が参加している一括査定サイトと組み合わせて利用するのがおすすめです。

不動産売却のプロ
SUUMOには掲載されていない大手不動産会社に依頼ができるため、併せて使うとより効果的に不動産会社選びができるでしょう。

コツ2 絞り込み機能を意識する

絞り込み機能は不動産会社を探すときももちろんですが、実際に売りに出すときにも意識すると良いでしょう

SUUMOを使ったことがある方ならご存じかと思いますが、物件を探すユーザー側にも様々な絞り込み検索項目がありますよね。

そんなユーザーの目にとまるために、できる限りのアピールポイントは絞り込みで引っかかるようにしておくべきです。

また、大きなポイントとなるのが価格設定です。

SUUMOの価格の絞り込みは下限と上限の設定ができるようになっています。

区切りは500万円単位で、「以下」ではなく「未満」を使用します。

例えば売却価格を「4999万円」と設定した場合と、「5000万円」と設定した場合です。

前者は売却価格5000万円未満となり、ご自身が想定していたユーザーに閲覧してもらうことができます。

しかし後者は前者と1万円しか変わらないのにも関わらず、売却価格5500万円未満として表示されます。

すなわち「5000万円程度で買いたい」と思ってくれていたユーザーの目に留まらず、せっかくの買い手を逃してしまうことにもなりかねません

絞り込み機能に合わせて自分の物件の値段やアピールポイントを決めていくと、想定したユーザーに見てもらいやすくて、買い手が付きやすいということなんですね。
不動産のプロ
正解です!SUUMOの便利な絞り込み機能はユーザーのためでもあります。そこを意識してみましょう。

5.まとめ

SUUMO売却は不動産ポータルサイト最大手といえるSUUMOが提供する不動産一括査定サービスです。

知名度は抜群で、SUUMOにご自身の物件が掲載されることになれば多くのユーザーの目に入るというのは大きな魅力ですよね。

またSUUMOにしかない迅速な査定方法や「絞り込み機能」を使った不動産会社の検索方法などはどれもユーザーにとって非常に機能性に優れているといえます。

各不動産会社の実績も非常に細かい部分まで見ることができるため、ご自身に合う不動産会社が見つけやすい上、安心して利用ができますね。

不動産売却のプロ
不動産売却を検討しているなら、SUUMO売却は利用して損がないサービスですよ。

>>SUUMO売却と相性抜群!業界トップクラスの不動産会社が参加するすまいValueはこちら

株式会社チェスター
株式会社チェスター税理士法人チェスターグループの不動産会社です。年間100億円以上の売却案件を取り扱っています。グループには税理士法人の他、司法書士事務所もあり、各分野の専門家と連携してスムーズに不動産売却・購入を進められます。特に相続不動産の売却や、相続対策の不動産購入に多くの実績があります。
取締役阿部 雅行
取締役阿部 雅行
宅地建物取引士二級建築士。戸建て分譲住宅の企画、不動産仲介業務、相続不動産の売買に関する業務などを経験した後、2015年に株式会社チェスターの取締役に就任。
株式会社チェスター取締役の阿部雅行
このページについて
チェスターのロゴ
株式会社チェスター
Chester Certified Tax Accountants Co

事例紹介では、株式会社チェスターが不動産に関連する知識をわかりやすく解説しています。

株式会社チェスターは、相続税を専門に取り扱う「税理士法人チェスター」のグループ会社です。

強み

01 【実績】
年間100億円以上の売却案件を豊富に取り扱っている

02 【信頼】
相続専門 No.1 税理士事務所のグループ会社

03 【専門性】
複雑な税務・法務のお悩みにも対応可能